2017年7月27日 更新

シエラ(ゴールデンドックエー2015)のPOG情報

シエラをPOG指名の目線で徹底分析◎馬体診断、血統背景評価、デビュー前評判、馬名の由来、編集部の短評まで。気になる要素を完全網羅した必見の記事!?2017-2018のPOG馬指名の参考情報としてお役立て下さい!!

708

馬体診断

シエラ(ゴールデンドックエー2015)

シエラ(ゴールデンドックエー2015)

牝馬

父馬:オルフェーヴル
母馬:ゴールデンドックエー
母父:Unusual Heat
所属:須貝尚介厩舎(栗東)
生産:社台コーポレーション白老ファーム
馬主:G1レーシング
via google imghp
筋骨隆々の容姿はダイワメジャー産駒と見間違うもの。スラっとしていた兄アルバートドックとはまた違った種類の産駒になるが、父オルフェーヴルさえまともにDNAを伝えられたら先ず走って来るに違いない。その兄は古馬になって活躍し始めたが、2歳時からクラシック候補に挙げられていた程に完成度は早かった。本馬も馬体が既に成熟済みで、初戦からかなり動けそうだ。馬体重は春の取材時点で469kg。

血統背景

オルフェーヴル ステイゴールド サンデーサイレンス Halo
Wishing Well
ゴールデンサッシュ ディクタス
ダイナサッシュ
オリエンタルアート メジロマックイーン メジロティターン
メジロオーロラ
エレクトロアート ノーザンテースト
グランマスティーヴンス
ゴールデンドックエー Unusual Heat Nureyev Northern Dancer
Special
Rossard Glacial
Peas-Blossom
Penpont Crested Wave Crozier
Fading Wave
Imposing Star Imposing
Black Willow


兄弟馬

アルバートドック

アルバートドック

牡馬

父馬:ディープインパクト
母馬:ゴールデンドックエー
母父:Unusual Heat
所属:須貝尚介厩舎(栗東)
生産:社台コーポレーション白老ファーム
馬主:G1レーシング

通算成績:18戦5勝 (5-3-3-7)
主な戦績:小倉大賞典、七夕賞など
via google imghp

近親馬

特になし

血統評価:2.2pt

母も母の兄もGⅠ馬で、兄弟3頭中2頭の日本種牡馬産駒だと2頭ともある程度結果だしているので当馬にも期待はかかるがファミリーとしては、日本実績はない。

前評判

『雰囲気のある良い馬ですね。とにかくここまで順調に来ており、坂路でも上々の動きを見せています。走る前向きさはありますが、落ち着いた性格で扱いやすい馬です。体質も強いので稽古でへこたれる事もありません』との事。基本的にポジティヴなコメントしか出て来ない期待の1頭だ。

馬名の意味

女性名

G1レーシングのネーミングに一貫性は見られないが、基本的に響きの良い平均以上のカッコいい命名が多い。やはり社台系は総じてハイセンス。

編集部の評価

リライアブルエースも可能性はありそうなので、アルバートドックとあわせて兄弟走っているので十分期待出来るだろう。ただ空き枠がないので迷わず見送る。(大川)
アルバートドック以外の産駒は鳴かず飛ばずだが、それでも1つ上のリライアブルエースも馬体のつくりは良かった。母の仔出し自体は良いと思われ、後は今回のオルフェーヴルがどう出るかなのだが画像を見る限りでは全くのハズレ感は無さそう。大物まではさすがに難しいかもしれないが、普通にオープンくらいの活躍はあっても良いのではないだろうか。(田中)
19 件

関連する記事

ウィキッドアイズが東京の新馬戦でデビュー、兄に重賞馬

ウィキッドアイズが東京の新馬戦でデビュー、兄に重賞馬

半兄にホープフルSを制したハートレーがいるウィキッドアイズが初戦を迎える。先に重賞を制しているロックディスタウンとラッキーライラックに続いてオルフェ3頭目となる牝馬の有力候補へ名乗りを上げたい。鞍上はシュミノー騎手。
 1,004
ラッキーライラックがアルテミスSで衝撃の走りを再び??

ラッキーライラックがアルテミスSで衝撃の走りを再び??

新馬戦を圧勝したラッキーライラックがしっかりと間隔を開けてアルテミスステークスに参戦する。オルフェーヴル産駒として父に重賞2勝目をプレゼントする可能性が高く、デビュー同様に競馬ファンの度肝を抜く様な走りを期待したい。
 1,708
マルケッサが東京マイルの新馬戦に登場、兄はあのGⅠ2勝馬

マルケッサが東京マイルの新馬戦に登場、兄はあのGⅠ2勝馬

サトノダイヤモンドを半兄に持つマルケッサが遂に初戦を迎える。父をオルフェーヴルに変え新たな伝説の幕開けとなるか。有力馬が続々とデビューする池江泰寿厩舎の中でも特に期待度の大きい1頭と言える。鞍上はルメール騎手が騎乗。
 1,667
レーヴドリーブが東京牝馬限定の新馬戦で初陣、一族の期待馬

レーヴドリーブが東京牝馬限定の新馬戦で初陣、一族の期待馬

名繁殖牝馬レーヴドスカーの産駒で父にオルフェーヴルを持つレーヴドリーブがデビュー。兄弟は全頭が勝ち上がるという驚異的なファミリーで重賞馬も多数輩出。いわゆるレーヴ一族の最高傑作と成り得る素材がこのレーヴドリーブだ。
 1,376
サインが土曜の阪神芝1800mに登場、半兄に重賞4勝馬

サインが土曜の阪神芝1800mに登場、半兄に重賞4勝馬

中長距離路線で活躍したヒットザターゲットを兄に持つサインが初陣。父がオルフェーヴルに変わり馬自身のキャラクターは違うものの、大物を食うという点は似ている可能性が高い。新馬戦でいきなり本命候補を撃破して勝ち上がれるか。
 448

関連するタグ

著者

競馬ニュース.tv 編集部 競馬ニュース.tv 編集部