2017年7月27日 更新

ザスリーサーティ(ツーデイズノーチス2015)のPOG情報

ザスリーサーティをPOG指名の目線で徹底分析◎馬体診断、血統背景評価、デビュー前評判、馬名の由来、編集部の短評まで。気になる要素を完全網羅した必見の記事!?2017-2018のPOG馬指名の参考情報としてお役立て下さい!!

1,437

馬体診断

ザスリーサーティ(ツーデイズノーチス2015)

ザスリーサーティ(ツーデイズノーチス2015)

牡馬

父馬:ステイゴールド
母馬:ツーデイズノーチス
母父:ヘクタープロテクター
所属:斎藤誠厩舎(美浦)
生産:岡田スタッド
馬主:諸江幸祐
via google imghp
撮影したシーズンが悪く冬毛でモッサリの印象だが、馬体自体のバランスは悪くない。ステイゴールド産駒らしいコロンとしたシルエットの中にも、何か大物の相が見え隠れする雰囲気を醸し出している。グッと重心の低い形で如何にも推進力のある走りをしそう。これは同産駒最後の怪物候補かもしれない。馬体重は春の取材時点で464kg。

血統背景

ステイゴールド サンデーサイレンス Halo Hail to Reason
Cosmah
Wishing Well Understanding
Mountain Flower
ゴールデンサッシュ ディクタス Sanctus
Doronic
ダイナサッシュ ノーザンテースト
ロイヤルサッシュ
ツーデイズノーチス ヘクタープロテクター Woodman Mr. Prospector
プレイメイト
Korveya Riverman
Konafa
ユニバース ダンシングブレーヴ Lyphard
Navajo Princess
ベルシェリー Sovereign Edition
Mia Bella


兄弟馬

ワンスインナムーン

ワンスインナムーン

牝馬

父馬:アドマイヤムーン
母馬:ツーデイズノーチス
母父:ヘクタープロテクター
所属:斎藤誠厩舎(美浦)
生産:岡田スタッド
馬主:いとはんホールディングス

通算成績:14戦5勝 (5-3-0-6)
主な戦績:テレビユー福島賞など
via google imghp
ディバインコード

ディバインコード

牡馬

父馬:マツリダゴッホ
母馬:ツーデイズノーチス
母父:ヘクタープロテクター
所属:栗田博憲厩舎(美浦)
生産:岡田スタッド
馬主:ノルマンディーサラブレッドレーシング

通算成績:8戦3勝 (3-2-2-1)
主な戦績:橘ステークスなど
via google imghp

近親馬

特になし

血統評価:3.0pt

ファミリー的には日本実績はあんまりないが、兄弟2頭とも重賞勝ちはないものの重賞クラスの実績があり安定感は高い。期待出来る結果を出していると言える。

前評判

『幼い頃から雰囲気が違いましたね。これならダービーを狙えると思った馬。グッと伸び切ったフォームで首も低く、背中のパワーが全身に伝わる走りをするんです。でも、馬自体はまだまだ発展途上でここからの伸びシロはかなり大きいと思います。加速するとグッと沈み込むイメージが容易に出来ますね』と、代表の岡田牧雄氏も大絶賛。今回のツーデイズノーチス産駒は特に期待出来そうだ。

馬名の意味

3時30分の男

メインレースに登場する馬になる様に願って命名。響き、意味、オシャレ度含めて個人的には今期一番のネーミングと感じた次第。カッコいい。

編集部の評価

種牡馬も母の血統構成も地味でも結果出したので、種牡馬としては強化されて期待出来るのでオススメだが、馬体は上記写真に関してはかなり良くないので残念。(大川)
初仔ワンスインナムーン(アドマイヤムーン)、2番目がディバインコード(マツリダゴッホ)と、それぞれB級種牡馬で活躍馬を続けて出したツーデイズノーチス。ここに一発屋とは言え、ランク的にはS級のステイゴールドが配合と来ればかなりの確率で質の高い産駒を輩出する事になるのではないだろうか。厩舎さえ違えば間違いなく即指名していた1頭だろう。デビュー時期さえ上手く行けば検討したい。(田中)
20 件

関連する記事

ディバインコードが東京新聞杯へスライド、仕上がりは万全

ディバインコードが東京新聞杯へスライド、仕上がりは万全

先週のシルクロードステークスで無念の抽選漏れを食らったディバインコード。しかし、稽古を1週多くこなせた事はプラスと考えるべきだ。しかも得意とするマイル戦なのだから好走する下地は十分に整っていると言える。穴気配の1頭。
 1,008
デルニエオールがフィリーズRで3着、桜花賞への切符獲得

デルニエオールがフィリーズRで3着、桜花賞への切符獲得

正攻法の競馬で挑んだフィリーズレビューは最後で差し切られ3着に敗退。それでもアンヴァルとの権利争いをハナ差制して3着に入線、桜花賞へのチケットをかろうじて手に入れた。大舞台でこそ輝く血統だけに本番でも走りが楽しみだ。
 4,210
ウインサクヤヒメが京都マイルの新馬戦でデビュー、兄は重賞馬

ウインサクヤヒメが京都マイルの新馬戦でデビュー、兄は重賞馬

半兄に皐月賞3着のウインフルブルームを持つウインサクヤヒメが日曜の京都第6Rで初陣。年明けから2週連続の除外を食らってここまでデビューが伸びたものの、逆にしっかりと乗り込めて仕上がりは万全だ。鞍上は荻野琢真騎手。
 102
ディロスが若竹賞へ、勝てばクラシックの扉が開く重要な1戦

ディロスが若竹賞へ、勝てばクラシックの扉が開く重要な1戦

野路菊ステークス2着、百日草特別3着と惜しい競馬が続いているディロス。クラシック戦線へ乗る為にはこの若竹賞を取りこぼす事は断じて出来ない。再び手綱はルメール騎手の手に戻り、手薄なメンバーのレースで確勝を期して臨む。
 563
ゴルトキルシェが牝馬限定戦で2着、力強い走りで素質示す

ゴルトキルシェが牝馬限定戦で2着、力強い走りで素質示す

世界的良血のゴルトキルシェがその血統に恥じぬ走りでデビュー戦を2着。ほぼ勝利目前のところで大外からこちらも良血馬のソシアルクラブに差し切られ惜敗を喫した。しかし、稽古通りに高い能力を見せ付ける内容で次は期待出来る。
 819

関連するタグ

著者

競馬ニュース.tv 編集部 競馬ニュース.tv 編集部