2018年1月29日 更新

サンライズノヴァが根岸Sで壮絶な叩き合い、ハナ差敗れる

根岸Sで堂々の1番人気に支持されたサンライズノヴァ。レースでは後方待機から直線での差しに徹し、外から伸びたノンコノユメと馬体を並べて激しいデッドヒートを繰り広げる。最後は僅かに競り負けるも、本番に向けて前進可能だ。

129

やはり東京の舞台は好相性

2018年01月28日 根岸ステークス ダート1400m 東京競馬場

1着:ノンコノユメ セ6 (内田博幸)
2着:サンライズノヴァ 牡4 (戸崎圭太)
3着:カフジテイク 牡6 (福永祐一)

レースタイム:1:21.5(重)※レコード
レース上がり3ハロン:35.8
勝ち馬上がり3ハロン:34.2
ゆっくりとレースを進めたサンライズノヴァは中団からやや後方待機。長い直線の末脚に賭ける作戦に出たが、ペースが速くなった事もあり展開はドンピシャ。自ら動きつつストレートコースでは外に持ち出して一気の伸び。更に外から追い込んだノンコノユメとの一騎打ちとなり、最後はクビの上げ下げによる僅かな差で敗戦を喫した。運の無さで負けるも、同馬もレコードタイムで駆け抜けており次走のフェブラリーステークスに向けて非常に楽しみが増える1戦だった。東京競馬場はとにかく走る。

師走Sは不完全燃焼の1戦

2017年12月09日 師走ステークス ダート1800m 中山競馬場

1着:ディアデルレイ 牡6 (勝浦正樹)
2着:サンライズノヴァ 牡3 (戸崎圭太)
3着:シャイニービーム 牡5 (田辺裕信)

レースタイム:1:52.0(良)
レース上がり3ハロン:37.1
勝ち馬上がり3ハロン:37.1
内枠から道中は後方、中団、先行集団へ徐々にポジションを上げて行ったサンライズノヴァ。とは言え、大型馬で大跳びの同馬にとってインコースは窮屈でしか無くノビノビとは走れていない。最後の直線も上手く抜け出せずに右往左往、それでも最後は地力の高さで2着に入線しているが、不完全燃焼の極みといったレースだろう。勝ったディアデルレイも強かったが、まともに走れていたらもっと際どいレースとなっていた筈。今回の根岸ステークスは得意の東京競馬場が舞台、思う存分その末脚を披露して頂こう。

サンライズノヴァ

サンライズノヴァ(ブライトサファイヤ2014)

サンライズノヴァ(ブライトサファイヤ2014)

牡馬

父馬:ゴールドアリュール
母馬:ブライトサファイヤ
母父:サンダーガルチ
所属:音無秀孝厩舎(栗東)
生産:ヤナガワ牧場
馬主:松岡隆雄

通算成績:12戦4勝(4-3-1-4)
主な戦績:ユニコーンステークスなど
via google imghp
画像は2018年根岸ステークス1週前の立ち姿。全体的なフォルムを見る限り、芝でも十分に走れそうな柔らかそうな馬体で非常にスッキリ。530kgもある馬格とは思えない程にコンパクトにまとまっているのも好印象だ。走る馬のバランスをしているが、特にトモの作りは強靭そうでそれがあの最後の驚異的な末脚の要因となっているのだろう。

血統背景

ゴールドアリュール サンデーサイレンス Halo Hail to Reason
Cosmah
Wishing Well Understanding
Mountain Flower
ニキーヤ Nureyev Northern Dancer
Fairy Bridge
Reluctant Guest Hostega
Vaguely Royal
ブライトサファイヤ サンダーガルチ Gulch Mr. Prospector
Jameela
Line of Thunder Storm Bird
Shoot a Line
リアルサファイヤ リアルシャダイ Roberto
Desert Vixen
ワールドサファイヤ サーペンフロ
トビノボリ


兄弟馬

特になし

近親馬

サンライズバッカス

サンライズバッカス

牡馬

父馬:ヘネシー
母馬:リアルサファイヤ
母父:リアルシャダイ
所属:音無秀孝厩舎(栗東)
生産:ヤナガワ牧場
馬主:松岡隆雄

通算成績:38戦6勝(6-4-6-22)
主な戦績:フェブラリーステークスなど
via google imghp

血統評価:1.0pt

祖母リアルサファイヤが重賞馬で母の半弟にサンライズバッカスがいるがそれ以外には目立った活躍馬はいない。サンダーガルチにゴールドアリュールという配合でダート馬は確定だろうが血統背景からの強調材料はない。

前評判

デビュー戦で単勝1.5倍に支持されている様に、追い切りからかなり動けていた様子のサンライズノヴァ。その初戦をわざわざ東京へ遠征している辺りも管理する音無秀孝調教師の期待の高さが手に取る様に分かる。事実、東京競馬場は4戦3勝と好相性を誇る舞台。今後も左回りの直線が長いコースでは安定した活躍を見せてくれるに違いない。

馬名の意味

冠名+新星

ダート界の新星として目覚ましい活躍に期待を込めてネーミングか。事実、着々とその路線の主役候補にまで登りつつある。古馬になって更に一皮剥ければ大きなタイトルも決して夢ではないだろう。
22 件

関連する記事

ペルシアンナイトが大阪杯で2着接戦、後方から差して地力証明

ペルシアンナイトが大阪杯で2着接戦、後方から差して地力証明

中山記念で5着に敗れ評価を落としていたペルシアンナイト。続く大阪杯では中団待機で脚を溜め、直線で最速の上がりを繰り出しスワーヴリチャードに肉薄。差し切れなかったがアルアインをかわして2着入線、潜在能力の高さを示した。
 1,312
ブロードアリュールが東京の1000万クラスに出走、確勝級

ブロードアリュールが東京の1000万クラスに出走、確勝級

鮮やかな末脚で連勝中のブロードアリュール。さすがに1000万クラスで足踏みするとは思えず、昇級戦とは言え東京コースで取りこぼす可能性はかなり低いのではないだろうか。単勝も恐らく1番人気、ここは支持に応える走りに期待。
 680
エピカリスが帰国後初戦のレパードSで仕切り直しの1戦

エピカリスが帰国後初戦のレパードSで仕切り直しの1戦

ベルモントステークス参戦の為に渡米していたエピカリスがハ行の影響で出走回避して無念の帰国。アクシデントで馬自身の体調なども不安視されたが、調教では相変わらず抜群の動き。国内では無敗の同馬が改めてダート戦線統一を図る。
 977
カラクレナイが安土城Sに登場、復調の気配で差し切り勝ちも

カラクレナイが安土城Sに登場、復調の気配で差し切り勝ちも

昨年のNHKマイルカップで1番人気に支持された程の実力馬カラクレナイ。その後は暫く走りに精彩を欠いていたが、前走の鞍馬Sで32秒台の目の覚めるような末脚を披露。京都コースの相性も良く、今回は久々に勝利の予感がする。
 121
モズアスコットが安土城ステークスで仕切り直しも強敵多数

モズアスコットが安土城ステークスで仕切り直しも強敵多数

マイラーズカップで2着、重賞であと一歩の所まで来ているモズアスコット。今回はオープンクラスに戻りしっかりと勝ち切りたい所だが、メンバーを見渡すと重賞勝ち馬も数頭いるGⅢレベルの1戦だ。一筋縄ではいかなさそうな予感。
 3,121

関連するタグ

著者

競馬ニュース.tv 編集部 競馬ニュース.tv 編集部