2018年1月29日 更新

サンライズシェルが新馬戦で2着惜敗、叩き良化の次走に期待

良血馬でキンシャサノキセキ産駒サンライズシェルが芝1800mの新馬戦で見どころのある脚を駆使し2着入線。勝ち上がったフィエールマンは相当な大物候補でそれに肉薄した内容からも次戦は勝ち上がりが濃厚か。マイル前後に適性。

350

キレよりも長く脚を使う持続型

2018年1月28日 3歳新馬 芝1800m 東京競馬場

1着:フィエールマン 牡3 (石橋脩)
2着:サンライズシェル 牡3 (C.ルメール)
3着:パストゥレイユ 牝3 (江田照男)

レースタイム:1:51.3(良)
レース上がり3ハロン:34.4
勝ち馬上がり3ハロン:34.2
勝ったフィエールマンとは対象的にスタートを決めて好位追走のサンライズシェル。道中は無駄な動きを見せず、そこから馬群の中に入ってジッと待機し脚を溜める。直線に入って鞍上が追い出すと大きなフットワークでジワジワと伸び始め、坂を上がってからようやくエンジンが点火。馬群の間を懸命に追い込むも、先に抜け出したフィエールマンにあと一歩届かずクビ差の2着に敗退した。とは言え、最も目立った競馬をしており叩いて上積みを見込める次の未勝利戦は勝利が期待出来るだろう。

血統とは裏腹に中距離タイプ?

ゆったりとマイペースなサンライズシェル

ゆったりとマイペースなサンライズシェル

via google imghp
母はチューリップ賞2着、半兄シャイニングレイも今ではスプリンターと化している事からも明らかに血統は短距離向きのサンライズシェル。しかし、いざ稽古で動かしてみるとダッシュ力が無く、ジワジワと長く良い脚を使うタイプとの事。性格を含めてもキレで勝負するよりは長めの距離を使って行ってどうかという所だろう。『動きは水準でまぁまぁですよ』と、国枝調教師も控えめなコメントながら感触は悪く無い様だ。

サンライズシェル

サンライズシェル(シェルズレイ2015)

サンライズシェル(シェルズレイ2015)

牝馬

父馬:キンシャサノキセキ
母馬:シェルズレイ
母父:クロフネ
所属:国枝栄厩舎(美浦)
生産:ノーザンファーム
馬主:キャロットファーム

通算成績:1戦0勝(0-1-0-0)
主な戦績:特になし
via google imghp
完全に母父クロフネの影響が色濃く出たコロッとした馬体。芦毛という事もあって余計にそう見える部分もあるが、それを割り引いたとしても瞬発力で勝負出来そうな作りでは決して無い。どちらかと言えば向正面から暫く促して行ってギアをゆっくり上げて行く様なレースぶりとなりそうだ。そういう意味でも距離はマイル以上の長いレンジが必要となる。

血統背景

キンシャサノキセキ フジキセキ サンデーサイレンス Halo
Wishing Well
ミルレーサー Le Fabuleux
Marston's Mill
ケルトシャーン Pleasant Colony His Majesty
Sun Colony
Featherhill Lyphard
Lady Berry
シェルズレイ クロフネ フレンチデピュティ Mitterand
Deputy Minister
ブルーアヴェニュー Classic Go Go
Eliza Blue
オイスターチケット ウイニングチケット トニービン
パワフルレディ
ナムラピアリス トウショウボーイ
ヤマニサクラ


兄弟馬

シャイニングレイ

シャイニングレイ

牡馬

父馬:ディープインパクト
母馬:シェルズレイ
母父:クロフネ
所属:高野友和厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:キャロットファーム

通算成績:8戦4勝 (4-0-0-4)
主な戦績:CBC賞、ホープフルステークスなど
via google imghp

近親馬

ブラックシェル

ブラックシェル

牡馬

父馬:クロフネ
母馬:オイスターチケット
母父:ウイニングチケット
所属:松田国英厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:金子真人ホールディングス

通算成績:10戦2勝 (2-5-1-2)
主な戦績:NHKマイルカップ2着、日本ダービー3着など
via google imghp

血統評価:2.3pt

繁殖としては、母シェルズレイとブラックシェルという2頭の活躍馬を出した祖母オイスターチケットの一族で、母もシャイニングレイを出しておりタイトルまであと一歩という結果が続くファミリー、母は気性がかっていたし半兄のシャイニングレイも短距離戦線へうつってきている事からクロフネにキンシャサノキセキで初めから短距離ねらった当馬の血統構成の方が長所がいきそうな印象。

前評判

キャロットファームが国枝栄師に預ける時点で期待の高さは折り紙付き。若干使い出しの遅さは気になるものの、標準レベルの動き、新馬戦の鞍上にはC.ルメール騎手を配す辺りに好走の気配が漂っている。

馬名の意味

ハワイ諸島でのみ採取出来る世界で最も珍しい貝の一つ

母名より連想してのネーミング。最初は“サンライズ”が冠名の松岡隆雄氏所有かと思ったが、れっきとしたキャロットファーム所属馬だ。
22 件

関連する記事

ノームコアがフローラSで本番の権利獲得へ向け2走目で前進

ノームコアがフローラSで本番の権利獲得へ向け2走目で前進

フラワーカップで3着と惜しい競馬だったノームコア。骨折の長期休養明けであの走りなら文句ないだろう。距離は延びれば延びる程良いタイプ。オークスのチケットを手にする為には2着以上が必要だが叩いて上積みがあるなら期待大だ。
 340
リリーノーブルが桜花賞で3着、ライバルに肉薄も更に強豪出現

リリーノーブルが桜花賞で3着、ライバルに肉薄も更に強豪出現

桜花賞で3着に入線したリリーノーブル。宿敵ラッキーライラックにこれまでで1番の接戦となる半馬身差に迫ったものの、その更に上を行くアーモンドアイが勝利を攫った。これで倒すべき相手が2頭となったが、オークスでは果たして。
 419
未出走のヘヴィータンクが弥生賞に?2着以上で皐月賞出走可

未出走のヘヴィータンクが弥生賞に?2着以上で皐月賞出走可

今週の弥生賞で一躍注目を集めているヘヴィータンク。何と未出走の身で弥生賞に登録、出走し成績次第では何と皐月賞へ駒を進める事が可能となる。勝つのは勿論、本賞金の関係で2着でも優先出走権を獲得。未勝利馬がクラシックに??
 1,735
アドマイヤキングが萩ステークスに出走、鬼門の1戦を制すか

アドマイヤキングが萩ステークスに出走、鬼門の1戦を制すか

新馬戦を楽な内容で勝ち上がったアドマイヤキング。間髪を開けずに臨む1戦はオープン戦の萩ステークスだ。同レースは少頭数での施行が多いものの、有力馬が負けるシーンも多く人気馬にとっては鬼門。逆に連勝出来れば未来は明るい。
 2,650
ハウナニが折り返しの未勝利戦を差し切りV、芝で勝ち上がり

ハウナニが折り返しの未勝利戦を差し切りV、芝で勝ち上がり

ユキチャン一族のハウナニがダートの新馬戦3着後、2戦目の未勝利戦で見事勝利。血統からも芝でこその1頭で、実際にその走りに磨きがかかって鮮やかな差し切りを見せた。一族から初めて芝路線に歩む産駒として今後の走りに注目だ。
 737

関連するタグ

著者

競馬ニュース.tv 編集部 競馬ニュース.tv 編集部