2017年9月15日 更新

サラーブが土曜中山の新馬戦に登場、兄に続いて大成なるか

シャケトラを兄に持つサラーブが早くも中山の芝1800m戦で初陣を迎える。父がルーラーシップに変わり、イメージがまたガラッと違う1頭となっている様だ。いずれにせよ、素質馬には代わり無し。豪快な走りをその目で確かめたい。

716

品のある馬体で注目度も高い

トレセン内でも話題の好馬体

トレセン内でも話題の好馬体

via google imghp
兄シャケトラも遠くからひと目でそれと分かる馬っぷりの良さだが、妹のサラーブも負けていない。当然ながら、まだ2歳で牝馬という事もあり幼い面は見せるものの、それでもスラッとした脚の長さやトモの張り具合などは見る価値がある作り。その部分が走りにどれだけ反映させられるかがキーポイントとなるが、いずれにせよ搭載エンジンは間違いなく良い筈。成長して馬体がパンとしてくれば必ず走っては来るだろう。後は初戦でどこまで動けるか、土曜のn中山芝1800mをとくとご覧あれ。鞍上は戸崎圭太騎手。

サラーブ

サラーブ(サマーハ2015)

サラーブ(サマーハ2015)

牝馬

父馬:ルーラーシップ
母馬:サマーハ
母父:シングスピール
所属:木村哲也厩舎(美浦)
生産:ノーザンファーム
馬主:シルクレーシング
via google imghp
全く無駄の無い馬体で、いつまでも見ていられる程にバランスの取れた美しいフォルム。トモの発達に優れており、兄シャケトラもそうだが豪快なフットワークで推進力がある走りをする1頭だろう。ルーラーシップのDNAをモロに受けておらず、どちらかと言えば母父シングスピールのゆったりとした雰囲気を継承した見栄えが素晴らしい。これはかなりの大物かもしれない。馬体重は不明。

血統背景

ルーラーシップ キングカメハメハ Kingmambo Mr. Prospector
Miesque
マンファス ラストタイクーン
Pilot Bird
エアグルーヴ トニービン カンパラ
Severn Bridge
ダイナカール ノーザンテースト
シャダイフェザー
サマーハ シングスピール In the Wings Sadler's Wells
ハイホーク
Glorious Song Halo
Ballade
Genovefa Woodman Mr. Prospector
プレイメイト
Reigning Countess Far North
Countess Fager


兄弟馬

シャケトラ

シャケトラ

牡馬

父馬:マンハッタンカフェ
母馬:サマーハ
母父:シングスピール
所属:角居勝彦厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:金子真人ホールディングス

通算成績:8戦4勝(4-1-1-2)
主な戦績:日経賞など
via google imghp

近親馬

Mamool

Mamool

牡馬

父馬:In the Wings
母馬:Genovefa
母父:Woodman
所属:David R.Loder厩舎(英)
生産:Sheikh Mohammed bin Rashid al Maktoum(愛)
馬主:Sheikh Mohammed

通算成績:22戦8勝(8-3-2-9)
主な戦績:ブガッティ大賞、ヨーロッパ賞など
via google imghp

血統評価:3.5pt

母の兄はGⅠ馬で自身の産駒は3頭とも勝ち上がっており2頭がOP格、今後種牡馬の質を上げてきたら更に楽しめそう。十分期待していいだろう。

前評判

管理予定の木村哲也調教師は、『どこの誰が見ても良い馬でしょう。後肢がとても立派だし動きが頼もしいと思わされる1頭ですね』と大絶賛している。シャケトラはデビューが遅れてしまったが、本馬は9~10月にデビューが予定されている。

馬名の意味

蜃気楼(アラビア語)

母名のイントネーションから連想したネーミングか。ただ、馬名の意味とは裏腹にその活躍はしっかりと見えるものになって欲しい。

編集部の評価

牝馬なので個人的には指名はしないが、注目している。馬体は素晴らしくルーラーシップ譲りの好馬体が印象的。牝馬を指名するなら検討してほしい1頭だろう。(大川)
兄シャケトラの馬体は芸術品と言って良い程に完成されており、その筋肉の造形美は圧巻のひと言。母サマーハの仔出しが良いのかどうかは分からないが、母父シングスピールのブルードメアサイアーとしての資質は確かなものがある。ルーラーシップの産駒実績がやや乏しいのは気になるが、2世代目でブレイクする可能性も残されており、その評価に直結するのが本馬の活躍となるだろう。関西に預託していたら間違いなく指名していた。(田中)
22 件

関連する記事

イシュトヴァーンが阪神の新馬戦に登場、母は重賞2勝馬

イシュトヴァーンが阪神の新馬戦に登場、母は重賞2勝馬

ジェンティルドンナの全姉で重賞2勝のドナウブルー初仔イシュトヴァーンが遂に阪神の芝1800m戦でデビュー。父ルーラーシップに母父ディープインパクトの配合は菊花賞を勝ったキセキと同配合。初戦からその走りに注目が集まる。
 888
リリーノーブルが阪神JFで2着惜敗、クラシック戦線に名乗り

リリーノーブルが阪神JFで2着惜敗、クラシック戦線に名乗り

2連勝中で阪神ジュベナイルフィリーズに挑んだリリーノーブル。戦前の下馬評を覆す走りでラッキーライラックに際どく喰らい付く2着に入線。内容的に現時点で2番手評価と言っても良く、牝馬の勢力図をガラリと変える1頭が現れた。
 14
リシュブールが久々の未勝利戦に登場、成長促しパワーアップ

リシュブールが久々の未勝利戦に登場、成長促しパワーアップ

エアグルーヴを祖母に持つ良血馬リシュブール。8月の札幌デビューでは惜しくもルーカスに敗れたが、そこからすぐに実戦で使わずきっちりと馬優先の調整でここまで見送って来た。つまり、陣営としては必勝態勢で臨む未勝利戦となる。
 2,611
2018年の牝馬クラシックへの道|オークス候補を探せ!

2018年の牝馬クラシックへの道|オークス候補を探せ!

2018年牝馬クラシック戦線に向け、オープン以上のレースを中心に有力馬をピックアップ。各レースの動画を参考に上位入線馬の寸評をお届け致します。今後の馬券展望にもお役立て下さい。尚、内容は随時更新予定となっております。
 8,652
タワーオブロンドンが朝日杯FSで勝てばモハメド初の栄冠へ

タワーオブロンドンが朝日杯FSで勝てばモハメド初の栄冠へ

京王杯2歳ステークスを圧勝して来たタワーオブロンドンが朝日杯フューチュリティステークスで2歳チャンピオンの座に挑む。ここを勝利すればオーナーであるH.H.シェイク・モハメドは中央競馬で初めてのGⅠタイトル獲得となる。
 151

関連するタグ

著者

競馬ニュース.tv 編集部 競馬ニュース.tv 編集部