2018年6月12日 更新

サトノジェネシス(マルペンサ2016)のPOG情報

サトノジェネシスをPOG指名の目線で徹底分析◎馬体診断、血統背景評価、デビュー前評判、馬名の意味まで。気になる要素を完全網羅した必見の記事!?2018-2019のPOG馬指名の参考情報としてお役立て下さい!!

356

サトノジェネシス

サトノジェネシス(マルペンサ2016)

サトノジェネシス(マルペンサ2016)

牡馬

父馬:ディープインパクト
母馬:マルペンサ
母父:Orpen
所属:堀宣行厩舎(美浦)
生産:ノーザンファーム
馬主:サトミホースカンパニー

通算成績:0戦0勝(0-0-0-0)
主な戦績:特になし
via google imghp
見るからに好バランスの1頭。全兄サトノダイヤモンドよりはもう少しギュッと全体をまとめた形で出て来ている馬体だろう。母マルペンサは同馬を産んだ直後に亡くなっており、言わば忘れ形見。兄サトノダイヤモンドもひと頃の勢いが無い分、関係者が弟にかける想いは相当強い筈。その期待に応えるだけのポテンシャルは秘めていそうで、気が付けば兄よりもタイトルを重ねている姿を見てみたいものである。馬体重は春の段階で491kg。

血統背景

ディープインパクト サンデーサイレンス Halo Hail to Reason
Cosmah
Wishing Well Understanding
Mountain Flower
ウインドインハーヘア Alzao Lyphard
Lady Rebecca
Burghclere Busted
Highclere
マルペンサ Orpen Lure Danzig
Endear
Bonita Francita Devil's Bag
Raise the Standard
Marsella サザンヘイロー Halo
Northern Sea
Riviere Logical
Talonada


兄弟馬

サトノダイヤモンド(マルペンサ2013)

サトノダイヤモンド(マルペンサ2013)

牡馬

父馬:ディープインパクト
母馬:マルペンサ
母父:Orpen
所属:池江泰寿厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:里見治

通算成績:14戦7勝(7-1-3-3)
主な戦績:菊花賞、有馬記念など
via google imghp

近親馬

特になし

血統評価:3.6pt

ファミリーに日本実績はないものの母はアルゼンチンのG1馬としての実力をサトノダイヤモンドで証明した。姉2頭は平凡だったもののサトノダイヤモンドの唯一の全弟という点でも注目だろう。母の評価は彼にかかっているといっていい。

前評判

牧場スタッフは『動かすと急にスイッチが入りキビキビとした動きで能力を感じますね。サトノダイヤモンドとはまた全然違ったタイプのイメージですけど、負けないくらいのポテンシャルはあると思います』との事。ただ、デビュー時期はまだハッキリと決めておらず、あくまでも馬優先でゆっくりと調整を進めて行くらしい。兄も11月の京都開催が初戦だった様に、使い出しはそれ前後か。

馬名の意味

冠名+創世記

サトノの新時代を築く創世記の代表産駒になって欲しいとの想いでネーミングか。
16 件

関連する記事

サトノダイヤモンドが宝塚記念で復活なるか、池江厩舎の出番

サトノダイヤモンドが宝塚記念で復活なるか、池江厩舎の出番

金鯱賞、大阪杯と敗戦を繰り返している元絶対王者サトノダイヤモンド。今回は主戦のC.ルメール騎手に手綱が戻り、過去に復活の筋書きが多く当てはまる宝塚記念に挑む。ちなみに、データ上は今年は池江厩舎所属の馬が勝つ番なのだ。
 483
リナーテが降級の500万下を豪快に差し切る、本格化の兆し

リナーテが降級の500万下を豪快に差し切る、本格化の兆し

良血馬のリナーテが函館の500万下をあっさりと快勝し3勝目。大幅な馬体増に加えて、レース内容も決して楽ではなかったがそこは力の違いを見せ付けて強引ながらも勝利を手繰り寄せた。走りが安定して来てようやく覚醒して来た。
 2,737
ディープインパクト産駒の有力馬や注目産駒【POG2018-2019】

ディープインパクト産駒の有力馬や注目産駒【POG2018-2019】

2016年に生まれたディープインパクト産駒の中で、特に注目すべき良血馬や評判馬などをピックアップ。日本ダービーの翌週から新馬戦が開始しているので、ドラフト他お目当ての馬は早めに目星を付けておかれる事をオススメします。
 15,081
マルケッサが東京マイルの新馬戦に登場、兄はあのGⅠ2勝馬

マルケッサが東京マイルの新馬戦に登場、兄はあのGⅠ2勝馬

サトノダイヤモンドを半兄に持つマルケッサが遂に初戦を迎える。父をオルフェーヴルに変え新たな伝説の幕開けとなるか。有力馬が続々とデビューする池江泰寿厩舎の中でも特に期待度の大きい1頭と言える。鞍上はルメール騎手が騎乗。
 1,812
ホウオウライジンが阪神の新馬戦で初陣、2億円馬の走りは?

ホウオウライジンが阪神の新馬戦で初陣、2億円馬の走りは?

2017年のセレクトセールで約2億もの高額で落札されたホウオウライジン。近親にディープインパクトやレイデオロなどがいる超良血馬だ。阪神最終週の芝1800mでロードゼウスやアドマイヤジャスタの有力馬といきなり激突する。
 74

関連するタグ

著者

競馬ニュース.tv 編集部 競馬ニュース.tv 編集部