2018年4月27日 更新

サトノクロニクルが天皇賞春でGⅠ獲りへ、京都コースは好相性

阪神大賞典で2着に入ったサトノクロニクル。ハーツクライ産駒で距離が延びれば伸びる程良く、加えて得意の京都競馬場なら自慢の末脚を思う存分に発揮してくれるだろう。手薄なメンバー構成の今回なら一気に戴冠の可能性も有り得る。

1,383

阪神大賞典では2着を死守

2018年03月18日 阪神大賞典 芝3000m 阪神競馬場

1着:レインボーライン 牡5 (岩田康誠)
2着:サトノクロニクル 牡4 (川田将雅)
3着:クリンチャー 牡4 (武豊)

レースタイム:3:03.6(良)
レース上がり3ハロン:36.4
勝ち馬上がり3ハロン:35.8
道中はゆっくりと中団に構えてレースの展開を探るサトノクロニクル。前に掛かりながら先行するクリンチャーをマークし、後ろのレインボーライン、アルバートの進出を待つ流れとなる。4コーナーで一気にペースがアップしそこでややモタつくも、直線コースではしぶとく脚を伸ばしクリンチャーやアルバートには競り勝っての2着入線。レインボーラインには及ばなかったが、今回は下り坂で勢いを付けられる為より同馬の走りが活きて来るだろう。エンジンの掛かりが遅いのは明らか、京都の舞台は不良馬場だった菊花賞を除けばパーフェクト連対と好相性だ。

サトノクロニクル

サトノクロニクル(トゥーピー2014)

サトノクロニクル(トゥーピー2014)

牡馬

父馬:ハーツクライ
母馬:トゥーピー
母父:Intikhab
所属:池江泰寿厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:サトミホースカンパニー

通算成績:11戦3勝(3-4-1-3)
主な戦績:チャレンジカップなど
via google imghp
馬体としてはやや細身のバランスで如何にも長距離で力を発揮しそうなタイプ。兄のサトノラーゼンも遅くから頭角を現した様に血統的見地も含めて、開花するのはやや晩成傾向と考えておいた方が良いだろう。それでも、兄はダービー2着と活躍した様に十分に間に合う公算だ。

血統背景

ハーツクライ サンデーサイレンス Halo Hail to Reason
Cosmah
Wishing Well Understanding
Mountain Flower
アイリッシュダンス トニービン カンパラ
Severn Bridge
ビューパーダンス Lyphard
My Bupers
トゥーピー Intikhab Red Ransom Roberto
アラビアⅡ
Crafty Example Crafty Prospector
Zienelle
Turpitude Caerleon Nijinsky
Foreseer
Canaletto Iron Duke
Charming Doll


兄弟馬

サトノラーゼン

サトノラーゼン

牡馬

父馬:ディープインパクト
母馬:トゥーピー
母父:Intikhab
所属:池江泰寿厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:里見治

通算成績:21戦3勝(3-6-4-8)
主な戦績:京都新聞杯など
via google imghp

近親馬

特になし

血統評価:1.8pt

兄サトノラーゼンが少し走った程度で他の血統背景からの強調材料はない。父もディープインパクトからハーツクライにかわるのは安定感を考えるとマイナスである。

前評判

牧場関係者は『血統的にも奥手でしょうが、乗った感触だと兄のラーゼンより上だし能力はあると思います』と話し、管理する池江泰寿調教師は『良いキャンターで雰囲気もお兄ちゃんよりこっちの方がありますね。今年の牡馬では1番良いかもしれません』と大絶賛のコメントを残している。遅れてきた大物となるか!?

馬名の意味

冠名+年代記

その名の通り、年記に名を残す様な活躍をして欲しいという想いを込めてネーミング。兄のラーゼンがクラシック2着の成績を残しているだけに、本馬にかかる期待の大きさが表れている。
19 件

関連する記事

リスグラシューがヴィクトリアMでまたもGⅠ2着…通算4度目

リスグラシューがヴィクトリアMでまたもGⅠ2着…通算4度目

ヴィクトリアMで1番人気に支持されたリスグラシューが、直線後方から猛然と追い込むも先に抜け出したジュールポレールを僅かにかわせず2着に敗退。これでGⅠ2着は4回を数え、不運の馬としてのキャラクターが定着し始めている。
 2,056
スワーヴリチャードが大阪杯で早め抜け出し快勝、初GⅠ勝利

スワーヴリチャードが大阪杯で早め抜け出し快勝、初GⅠ勝利

1番人気に支持されたスワーヴリチャードが、道中後方から一気に動き出し4コーナー先頭の積極的な競馬。そのまま後続を振り切り念願のGⅠタイトルを獲得した。M.デムーロ騎手の手綱捌きに応える快走、右回りも克服してみせた。
 3,276
アドマイヤミヤビが左前浅屈腱炎で引退…ローズS前に無念

アドマイヤミヤビが左前浅屈腱炎で引退…ローズS前に無念

今年のクイーンカップ勝ち馬で、オークスでも3着に入るなどクラシック戦線で活躍したアドマイヤミヤビが屈腱炎により登録を抹消。今週末のローズステークス直前で故障が発生し急遽回避、そこから引退まで一気に駆け下りてしまった。
 1,419
【新馬戦】皐月賞馬の全弟&サトノ軍団の期待馬が登場

【新馬戦】皐月賞馬の全弟&サトノ軍団の期待馬が登場

今週末、いよいよ2歳王者決定戦・朝日杯FSが行われるが、今年の2歳牡馬の顔触れはより豪華な牝馬と比べやや手薄な印象が拭えない。そんな状況の中で、皐月賞馬ディーマジェスティの全弟とサトノ軍団期待の良血馬がデビューを迎える。
 1,887
イグジビットワン2014(馬名:ムスターヴェルク)を指名する!?

イグジビットワン2014(馬名:ムスターヴェルク)を指名する!?

「イグジビットワン2014」をPOG指名の目線で徹底分析◎馬体診断、血統背景評価、デビュー前評判、馬名の由来、編集部の短評まで。気になる要素を完全網羅した必見の記事!?2016-2017のPOG馬指名の参考情報としてお役立て下さい!!
 716

関連するタグ

著者

競馬ニュース.tv 編集部 競馬ニュース.tv 編集部