2017年12月7日 更新

サトノアーサーがリゲルステークスで短距離路線へ殴り込み

今年のクラシックで有力候補に上げられたサトノアーサー。その本番では全く成績が奮わず意気消沈の3歳戦となったが、能力が一級品なのは間違いない。今回のマイル戦で新味が引き出されればこの路線の主役になれる器だろう。

4,246

サトノアラジンに続きマイルで活路

来年の飛躍に向けて真価が問われるサトノアーサー

来年の飛躍に向けて真価が問われるサトノアーサー

via google imghp
元々、距離的に2000mが限界だろうという評価は多かったサトノアーサー。それでも3歳のクラシックは格別で参戦する事に意義があり日本ダービーと菊花賞に出走した。しかし、距離適性外の舞台で一線級と互角に渡り歩くのは至難の業であり、さすがに上位争いには加われなかった。そこでシーズンが終了するやいなや、仕切り直しとして選んだのがマイル戦のリゲルステークス。このパターンは厩舎の大先輩サトノアラジンと同じ方向転換だ。上手く行けばその偉大な僚馬に功績に続く事が出来るかもしれない。

サトノアーサー

サトノアーサー(キングスローズ2014)

サトノアーサー(キングスローズ2014)

牡馬

父馬:ディープインパクト
母馬:キングスローズ
母父:Redoute's Choice
所属:池江泰寿厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:里見治

通算成績:7戦2勝(2-2-1-2)
主な戦績:シクラメン賞など
via google imghp
祖父のサンデーサイレンスを彷彿とさせる漆黒の馬体。雄大な歩き方と相まって、既に王者の風格すら漂わせている。週刊ギャロップのPOG本でも巻頭カラーにて特集されている程、今年の最も注目されている産駒と言っても過言ではない。実際に、現在470kg前後の馬体は常に成長を続けていて日を追う毎に、雰囲気も動きも良くなって行ってるとの事。一流馬に良く見られる急激な成長過程を、本馬としっかりと辿っている様である。

血統背景

ディープインパクト サンデーサイレンス Halo Hail to Reason
Cosmah
Wishing Well Understanding
Mountain Flower
ウインドインハーヘアー Alzao Lyphard
Lady Rebecca
Burghclere Busted
Highclere
キングスローズ Redoute's Choice デインヒル Danzig
Razyana
Shantha's Choice Canny Lad
Dancing Show
Nureyev's Girl Nureyev Northern Dancer
Special
Lakab Manila
River Lullaby


兄弟馬

初仔

近親馬

Hessonite(米GⅢなど北米で11勝)
Anabandana(NZ2歳牝馬チャンピオン)

血統評価:1.0pt

母はニュージーランドなどでGⅠ含む重賞6勝の3歳牝馬チャンピオンだが近親から日本活躍馬がいない。本馬は母の初仔という事もあって未知数。母父Redoute's Choiceは日本競馬と相性問題ないが本馬が母の知名度をあげる為に活躍するしかないだろう。

前評判

セールで2億もの価格で取り引きされているだけにやはり動きも一級品の様だ。調教の担当者からは「ストライドが大きく、背中とトモの使い方が良い。血統的にも値段的にも、やはりそれだけの馬だという事ですね。調教を横から見ていても重心が低くて他の馬と走りがちょっと違うし、かなりキレそうな雰囲気。学習能力も高いので、このまま上手く行けば間違いなく活躍してくれると思います」との絶賛の声。調教も順調との事で、秋頃には満を持してデビュー出来そう。

馬名の由来

冠名+アーサー(ヨーロッパの伝説の王)

サトノでお馴染みの里見治氏所有。この事からも、容易に来年のクラシック戦線で活躍している姿が目に浮かぶが、オーナーの目線はあくまで海外に向いている。故に、欧州で名のある王様の名前を命名しているのだろう。是非とも、日本競馬を超えて海外のGⅠを総ナメする位の活躍をしてもらいたいものである。
19 件

関連する記事

ムーヴザワールドが遂に覚醒?琵琶湖特別で豪脚炸裂の圧勝

ムーヴザワールドが遂に覚醒?琵琶湖特別で豪脚炸裂の圧勝

期待されていたムーヴザワールドがいよいよエンジン全開。1000万下の琵琶湖特別で最後方追走から最後の直線で目の覚める様な末脚を披露し完璧な内容で連勝を飾った。福永騎手も『これは走るね』とレース後に同馬を賞賛していた。
 2,815
サトノアレスが東京新聞杯でGⅠ馬のプライドを賭け勝利を誓う

サトノアレスが東京新聞杯でGⅠ馬のプライドを賭け勝利を誓う

キャピタルステークスでは最速の上がりを駆使し2着と復調気配を感じさせたサトノアレス。昨年はチグハグなレースが続いたものの、マイル路線はこれまで5戦4連対と得意の舞台。東京新聞杯を勝利し2歳王者の復権を期待したい。
 1,496
アドマイヤジョラスが恋路ヶ浜特別に出走、昇級2戦目で前進

アドマイヤジョラスが恋路ヶ浜特別に出走、昇級2戦目で前進

前走の江坂特別ではガンコ、ラヴィエベールの3着に敗れたアドマイヤジョラス。しかしガンコは続く日経新春杯で3着に入線する活躍を見せただけに相手が悪かった。今回は中京に移動し上位争い必至の恋路ヶ浜特別で3勝目を取りに行く。
 698
ジョンドゥが熱田特別に格上挑戦、待望の初勝利へ注目の1戦

ジョンドゥが熱田特別に格上挑戦、待望の初勝利へ注目の1戦

2億以上の高額取引きされながら未勝利のジョンドゥ。全兄トーセンスターダムなどがおりまばゆい程の良血ぶりが全く見る影も無い成績となっている。遂に未勝利戦も無くなり、後は格上挑戦を続けるしか選択肢は無くなったが果たして。
 1,375
ファンディーナがリゲルステークスで再始動、怪物復活の兆し?

ファンディーナがリゲルステークスで再始動、怪物復活の兆し?

今年の皐月賞で1番人気に支持された女傑候補ファンディーナ。それ以降の成績が芳しくなく、秋華賞後は短距離路線にシフトチェンジして馬の活性化を狙う。道中行きたがる同馬だけにペースの上がるマイル戦で復活の狼煙を期待したい。
 2,309

関連するタグ

著者

競馬ニュース.tv 編集部 競馬ニュース.tv 編集部