2017年10月10日 更新

ゴルトキルシェが牝馬限定戦で2着、力強い走りで素質示す

世界的良血のゴルトキルシェがその血統に恥じぬ走りでデビュー戦を2着。ほぼ勝利目前のところで大外からこちらも良血馬のソシアルクラブに差し切られ惜敗を喫した。しかし、稽古通りに高い能力を見せ付ける内容で次は期待出来る。

789

ほぼ勝ちに等しい内容のデビュー戦

2017年10月09日 2歳新馬(牝) 芝1600m 京都競馬場

1着:ソシアルクラブ 牝2 (岩田康誠)
2着:ゴルトキルシェ 牝2 (M.デムーロ)
3着:ターフェルムジーク 牝2 (池添謙一)

レースタイム:1:36.9(良)
レース上がり3ハロン:35.1
勝ち馬上がり3ハロン:34.4
スタートを決めて馬なりで先頭へ。差が無い状態で後続を引き連れ逃げる展開も、ゴルトキルシェ自体は走りに集中している様な雰囲気を見せていた。直線に入っても気を抜く事なく、最後まで真面目に走って残り50mの所で勝利を確信。しかし、大外から1頭とんでもない追い込みであっという間にかわされて無念の2着に終わってしまった。が、最もしんどい競馬をしたのは同馬でレース慣れした次はもう少しリラックスして走れるだろう。

強敵2頭相手に番狂わせを狙う

キビキビとした動きで好調をアピールするゴルトキルシェ

キビキビとした動きで好調をアピールするゴルトキルシェ

via google imghp
ステイゴールド産駒の牝馬で如何にも走りそうな雰囲気を持つゴルトキルシェ。追い切りも動かす度に迫力を増し、坂路で水準以上の走りを見せている。兄にデビューから2連勝を飾りクラシック候補と騒がれたサトノキングダムがいる血統。初戦から動ける下地があり、デビュー戦で対戦予定のソシアルクラブとサトノルーリーという評判馬相手にどこまで立ち回れるかに期待がかかる。鞍上はデムーロ騎手が騎乗予定。

ゴルトキルシェ

ゴルトキルシェ(ダリシア2015)

ゴルトキルシェ(ダリシア2015)

牝馬

父馬:ステイゴールド
母馬:ダリシア
母父:Acatenango
所属:平田修厩舎(栗東)
生産:社台ファーム
馬主:社台レースホース
via google imghp
牝馬らしい柔らかくしなやかな馬体と筋肉のハリ。如何にも可動域が広そうで柔軟に動けるタイプだろう。母の産駒実績からも初戦からエンジン全開で臨める筈、そこにステイゴールドの荒い気性が良い方に出ればかなり潜在能力の高い産駒となっている可能性も高い。いずれにせよ、行く行くは走って来そうな雰囲気の競走馬だ。社台レースホースでも注目の1頭と言える。

血統背景

ステイゴールド サンデーサイレンス Halo Hail to Reason
Cosmah
Wishing Well Understanding
Mountain Flower
ゴールデンサッシュ ディクタス Sanctus
Doronic
ダイナサッシュ ノーザンテースト
ロイヤルサッシュ
ダリシア Acatenango Surumu Literat
Surama
Aggravate Aggressor
Raven Locks
Dynamis ダンシングブレーヴ Lyphard
Navajo Princess
Diasprina Aspros
Dorle


兄弟馬

Animal Kingdom

Animal Kingdom

牡馬

父馬:Leroidesanimaux
母馬:ダリシア
母父:Acatenango
所属:H.Graham Motion厩舎(米)
生産:Team Valor(米)
馬主:Team Valor International

通算成績:12戦5勝 (5-5-0-2)
主な戦績:ケンタッキーダービー、ドバイワールドカップなど
via google imghp
サトノメサイア

サトノメサイア

牡馬

父馬:ハーツクライ
母馬:ダリシア
母父:Acatenango
所属:堀宣行厩舎(美浦)
生産:社台ファーム
馬主:里見治

通算成績:17戦3勝 (3-3-2-9)
主な戦績:湯川特別など
via google imghp
サトノキングダム

サトノキングダム

牡馬

父馬:ディープインパクト
母馬:ダリシア
母父:Acatenango
所属:国枝栄厩舎(美浦)
生産:社台ファーム
馬主:里見治

通算成績:8戦2勝 (2-5-0-1)
主な戦績:セントポーリア賞など
via google imghp

近親馬

特になし

血統評価:1.5pt

日本産駒は、走りそうで走らない馬が多く、兄たちはディープインパクト産駒で走らなかったので本馬も難しいのかもしれないが兄にアニマルキングダムがいるので可能性は十分にあるだろう。

前評判

血統で言えば半兄に世界的GⅠを2勝しているアニマルキングダムがいる超良血。日本ではそこまで結果が伴っていないものの、素質の高い競走馬が兄弟に何頭かいるだけにいつ爆発してもおかしくない出自と言える。4月頃には既に栗東へ入厩しており、そこからゆっくりと馬を仕上げつつこの10月に満を持してデビューする。そういう意味でも厩舎の期待の大きさが窺い知れるのではないだろうか。

馬名の意味

金の桜(ドイツ語)

4月生まれの本馬と父名からの連想。つまり、桜花賞で金メダルと取って欲しいという想いからの命名だろう。非常にセンスの高いネーミングだ。
24 件

関連する記事

デルニエオールが白菊賞で2勝目目指す、暴君の妹が大暴れだ

デルニエオールが白菊賞で2勝目目指す、暴君の妹が大暴れだ

伝説の3冠馬オルフェーヴルの全妹デルニエオールが早くも2戦目の舞台へ。今度は牝馬限定戦の500万下戦、白菊賞で確実に賞金を加算する目論見だ。鞍上は兄弟の主戦池添謙一騎手から、若手ホープの松山騎手へバトンタッチとなる。
 3,196
シュバルツボンバーがサウジアラビアRCで兄の雪辱を誓う

シュバルツボンバーがサウジアラビアRCで兄の雪辱を誓う

前走の未勝利戦で中京マイルの2歳コースレコードを叩き出したシュバルツボンバー。シルバーステートが持つ記録を0秒5更新した価値は高い。2015年に同レース2着に惜敗している半兄イモータルの分まで弟がその恨みを晴らす。
 948
ディロスが阪神の野路菊ステークスに出走、無傷の連勝狙う

ディロスが阪神の野路菊ステークスに出走、無傷の連勝狙う

札幌の新馬戦を快勝して来たディロスが2戦目に選んだのは野路菊ステークス。美浦の木村厩舎だけにいきなり関西に遠征しての出走とは何か思惑があるのだろうか。強敵ワグネリアン相手に勝算があるとすれば実際にその走りを拝みたい。
 355
フロンティアが新潟2歳ステークスに登場、一族にタイトルを

フロンティアが新潟2歳ステークスに登場、一族にタイトルを

ドリームパスポートの半弟で、ゴールデンサッシュを祖母に持つフロンティアがまたファミリーに勲章をもたらすのか。新潟2歳ステークスで1番人気に想定されている本馬だが、それに見合った血統と追い切りを持ってレースへと臨む。
 577
ウムラオフ(ウミラージ2015)のPOG情報

ウムラオフ(ウミラージ2015)のPOG情報

ウムラオフをPOG指名の目線で徹底分析◎馬体診断、血統背景評価、デビュー前評判、馬名の意味、編集部の短評まで。気になる要素を完全網羅した必見の記事!?2017-2018のPOG馬指名の参考情報としてお役立て下さい!!
 711

関連するタグ

著者

競馬ニュース.tv 編集部 競馬ニュース.tv 編集部