2018年6月11日 更新

グローブシアターが三田特別を逃げ切りV、2連勝で覚醒寸前

グローブシアターが前走に続き三田特別を楽々と逃げ切って2連勝を達成。長距離路線に転向後、無類のスタミナが活かされて本格化まであと一歩か。これまでの兄弟とは違う形で台頭するも、母シーザリオの血の濃さを見せ付けて欲しい。

3,579

楽々の逃亡劇で2連勝

2018年06月09日 三田特別 芝2400m 阪神競馬場

1着:グローブシアター 牡4 (浜中俊)
2着:ブラックプラチナム 牡5 (M.デムーロ)
3着:フォーラウェイ 牡5 (酒井学)

レースタイム:2:25.6(良)
レース上がり3ハロン:33.8
勝ち馬上がり3ハロン:33.8
スタートから追っ付けてハナへ立つグローブシアター。前半1000mを62秒台とスローペースに落とし込んでレースの主導権を握って4コーナーへ。各馬も徐々に押し上げて併走して来るが、直線に入ると逆に突き放す様にして単独先頭の競馬を見せた。最後まで脚色は余裕の走りで快勝、前走に続いて逃げ切りでの連勝達成と本格化の兆しと言えるだろう。エピファネイア、リオンディーズとはまた違ったタイプの1頭だが重賞まで一気に駆け上がってもらいたい。

前走は3馬身差の完勝

2018年05月13日 白川特別 芝2400m 京都競馬場

1着:グローブシアター 牡4 (浜中俊)
2着:ヴィッセン 牡7 (古川吉洋)
3着:ローデルバーン 牡5 (水口優也)

レースタイム:2:36.9(不良)
レース上がり3ハロン:37.0
勝ち馬上がり3ハロン:37.0
スタートから気合を付けてハナに立ったグローブシアター。不良馬場という事もあり各馬、下を気にしながらの追走からの超スローペースでレースは進む。直線入り口では後続を引き離しにかかり一気にラストスパート。水しぶきが上がる泥んこ馬場の中、気持ちよさそうに駆け抜け最後は流す余裕で3馬身差の圧勝を飾った。無類のスタミナと馬場適性が活きた1戦だ。長距離に転向してから同馬の走りが変わって来た。

グローブシアター

グローブシアター(シーザリオ2014)

グローブシアター(シーザリオ2014)

牡馬

父馬:キングカメハメハ
母馬:シーザリオ
母父:スペシャルウィーク
所属:角居勝彦厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:キャロットファーム

通算成績:12戦4勝(4-0-2-4)
主な戦績:三田特別など
via google imghp
言わずもがな、エピファネイア&リオンディーズの弟。キャロットクラブのマストブラッドであり、牡馬に生まれた時点で走らない可能性の方が低いと思われる。管理している場長の話では、「リオンディーズはパワータイプだったが、この仔はむしろ瞬発力がありそう」とのコメントを残している。確かに馬体を見る限り、筋肉質だった兄2頭に比べて、全体的に柔らかみが感じられ上とは違ったタイプの馬になりそうな雰囲気も感じられる。現時点での情報では馬体重は450kg前後と見られ、これからの成長次第でまた変わって来るだろう。唯一の不安点を挙げるとすれば、産駒全体の体質的な弱さと暴走性を秘めた気の荒さか。

血統背景

キングカメハメハ Kingmambo Mr.Prospector Raise a Native
Raise You
Miesque Nureyev
Pasadoble
マンフィス ラストタイクーン トライマイベスト
Mill Princess
Pilot Bird Blakeney
The Dancer
シーザリオ スペシャルウィーク サンデーサイレンス Halo
Wishing Well
キャンペーンガール マルゼンスキー
レディーシラオキ
キロフプリミエール Sadler's Wells Northern Dancer
Fairy Bridge
Querida Habitat
Principia


兄弟馬

エピファネイア

エピファネイア

牡馬

父馬:シンボリクリスエス
母馬:シーザリオ
母父:スペシャルウィーク
所属:角居勝彦厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:キャロットファーム

通算成績:14戦6勝(6-2-1-5)
主な戦績:菊花賞、ジャパンカップなど
via google imghp
リオンディーズ

リオンディーズ

牡馬

父馬:キングカメハメハ
母馬:シーザリオ
母父:スペシャルウィーク
所属:角居勝彦厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:キャロットファーム

通算成績:5戦2勝(2-1-0-2)
主な戦績:朝日杯フューチュリティステークスなど
via google imghp

近親馬

特になし

血統評価:3.0pt

母父スペシャルウィークは、フジキセキ等他の同程度SS系と比べるとクラリティスカイとエピファネイア、リオンディーズ兄弟を出しているのでマシだが、母父SSと比較するとパワー不足。そこは単純に底を見せずに引退したシーザリオがものすごい強かった結果、産駒安定して強いのだろう。若くして引退した為、初子と2番子は母体が未熟だった為、体質に影響がもろにでたのだろうがその後は、健康な産駒が続いているので不発種牡馬シンボリクリスエスでもエピファネイアを出せているのでキングカメハメハ産駒なら間違いないだろう。

前評判

正直な所、前評判という点ではこの血統は評価がかなり難しい。関係者曰く、『シーザリオの産駒は一頭一頭の個体が全然違う。同じ種牡馬でも全く異質の馬が出て来るので比較がし辛い部分があります』との事。そうなると、牡馬か牝馬という大きな括りで考えてみてはどうだろうか。牝馬に関しては未だ活躍馬が出ていないが、牡馬限定だと2分の1の確率でGI馬を輩出。この時点で他の繁殖牝馬より圧倒的に質の高い産駒が期待出来るので十分な判断材料と言えよう。

馬名の由来

シェイクスピアの作品の多くを初演した劇場

シーザリオ産駒はシェイクスピアの作品に登場する人物名からの由来がほとんど。その流れから今回の名前も決まったのだろうが、個人的にはあまり感触はよろしくない。こればかりは耳障りの部分での問題なので、ひとによる所が大きいとは思うが…まぁ、ここに関しては活躍してくれば何の違和感も無くなって来るのだろう。むしろ、それくらいの活躍をして欲しいものである。
23 件

関連する記事

シーリアが折り返しの未勝利戦に登場、鞍上は一族の主戦

シーリアが折り返しの未勝利戦に登場、鞍上は一族の主戦

シーザリオ産駒で兄にエピファネイア、リオンディーズがいるシーリア。新馬戦は2着に敗退したが、見どころのある内容で叩いた上積み含めて今回はパフォーマンスを更に上げて来るだろう。手綱を取るのは一族を知り尽くす福永騎手だ。
 4,376
コロナシオンが初のマイル戦に登場、大きな変わり身に期待

コロナシオンが初のマイル戦に登場、大きな変わり身に期待

ブエナビスタの初仔でキングカメハメハ産駒のコロナシオンが、日曜阪神の3歳500万下で初めてマイルに挑戦する。新馬の楽勝以降、全くそのポテンシャルを発揮出来ていない本馬だが、陣営としてはこの距離で新味を引き出したい。
 3,387
サートゥルナーリアが新馬戦を次元の違う競馬で楽勝、怪物候補

サートゥルナーリアが新馬戦を次元の違う競馬で楽勝、怪物候補

シーザリオ産駒で父がロードカナロアのサートゥルナーリア。単勝1.1倍に支持された新馬戦ではその期待に違わぬ走りで桁違いのパフォーマンスを披露して見せた。兄たちよりも扱いやすそうで距離の融通は効くだろう。これは大物だ。
 866
ダイワキャグニーがエプソムCで14着大敗、重馬場に泣き失速

ダイワキャグニーがエプソムCで14着大敗、重馬場に泣き失速

エプソムカップで1番人気に支持されたダイワキャグニーだったが、馬場の悪化に対応出来ずよもやの敗退。道中から行きっぷりが悪く、脚元を気にした走りで全く力を出し切れずに終わってしまった。次走以降、良馬場で見直したい。
 1,582
レジェンドセラーがAJCCで強豪に挑戦、重賞初制覇なるか

レジェンドセラーがAJCCで強豪に挑戦、重賞初制覇なるか

2連勝中のレジェンドセラーがAJCCでゴールドアクターなどのトップクラス達と相まみえる。勢い的にはかなり魅力的だが、GⅠレベルの古馬勢に対してどこまで自分の競馬が通用するかは未知数、好勝負なら同馬の未来は明るい。
 1,197

関連するタグ

著者

競馬ニュース.tv 編集部 競馬ニュース.tv 編集部