2018年6月12日 更新

グランアレグリアが新馬を快勝、マイルを33秒台の好時計

藤沢厩舎期待のグランアレグリアが評判通りの走りで新馬戦を楽勝。直線入り口で早々に先頭へ立つと、少し気合を入れられた程度で後続を突き放しそのまま1着でゴール。何とタイムは1600m=1分33秒6という驚異的なタイム。

724

次元の違う競馬で初戦をV

2018年06月03日 2歳新馬 芝1600m 東京競馬場

1着:グランアレグリア 牝2 (C.ルメール)
2着:ダノンファンタジー 牝2 (川田将雅)
3着:フィッシュダイブ 牡2 (勝浦正樹)

レースタイム:1:33.6(良)
レース上がり3ハロン:33.6
勝ち馬上がり3ハロン:33.5
大外枠から好スタートを切ったグランアレグリア。道中も外目を楽に追走すると4コーナーで徐々に進出、持ったままの手応えで先頭に並びかけて直線コースへ。そこから後続のダノンファンタジーが迫ると軽く追われた程度でビュッと加速、最後まで脚色は衰える事なく5分程度の走りで完勝の内容だった。何とタイムはマイルを33秒台という初戦にしては考えられない時計を記録。前日の同1600mで35秒9なのだから勝ちの高さが窺い知れよう。またも藤沢厩舎から怪物候補が登場だ。

藤沢和雄師も太鼓判

気が良く適応能力が高いグランアレグリア

気が良く適応能力が高いグランアレグリア

via google imghp
北海道競馬で有力馬をデビューさせる事が多い藤沢厩舎では珍しいケースの新馬戦登場。というのも、師の思惑では滞在競馬で環境に慣れされる事が最大の目的で札幌や函館での初戦を選んでいるとの事。いきなり競馬場に持って行くのは何も知らない若駒にとってはストレスの他ならない。その点、グランアレグリアは気性が大人しく非常に従順な性格で牝馬らしからぬゆったりとした雰囲気だそう。そういう面でどこへ行っても問題無いとの判断で、中央場所でのデビューを『大丈夫、楽しみだね』と自信を持って送り出す。

グランアレグリア

グランアレグリア(タピッツフライ2016)

グランアレグリア(タピッツフライ2016)

牝馬

父馬:ディープインパクト
母馬:タピッツフライ
母父:Tapit
所属:藤沢和雄厩舎(美浦)
生産:ノーザンファーム
馬主:サンデーレーシング

通算成績:1戦1勝(1-0-0-0)
主な戦績:2歳新馬
via google imghp
ディープインパクトで牝馬、まさに見ただけでピンと来る様な柔らかい馬体は如何にも柔軟な走りをイメージさせる。母父がTapitとは言え、母自体の実績は芝に集中。筋肉の質から見ても芝でこその1頭で、後はどこまで能力が受け継がれているかだろう。藤沢和雄師が早期デビューさせる以上、走れる能力と条件が整っているという証拠だ。初戦から期待出来そう。

血統背景

ディープインパクト サンデーサイレンス Halo Hail to Reason
Cosmah
Wishing Well Understanding
Mountain Flower
ウインドインハーヘアー Alzao Lyphard
Lady Rebecca
Burghclere Busted
Highclere
タピッツフライ Tapit Pulpit A.P.Indy
Preach
Tap Your Heels Unbridled
Rupy Slippers
Flying Marlin Marlin Sword Dance
Syrian Summer
Morning Dove ortunate Prospect
Pink Dove


兄弟馬

初仔

近親馬

ベッラレイア(マリスターⅡ2004)

ベッラレイア(マリスターⅡ2004)

牝馬

父馬:ナリタトップロード
母馬:マリスターⅡ
母父:Baldski
所属:平田修厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:吉田勝己

通算成績:17戦3勝(3-3-3-8)
主な戦績:フローラステークスなど
via google imghp

血統評価:1.0pt

遡ればマリスターⅡにわかれるファミリーで日本適性は大丈夫そうだろう。その一族で母父は良血TapitのGⅠ馬なので十分期待出来るが現時点での血統背景からの強調材料としては特にない。

前評判

4月頭には既にゲート試験を合格、その後も2ヵ月以上に渡って順調な稽古を続けられている事が何より重要だろう。それだけ調整しやすい気性が若い内は特に武器となる。入って来た当初、藤沢和雄師も『性格が良さそうだね、東京のマイルを使うつもりで進めます』と語っていたが、本当にそこへ出走して来たのが素晴らしい。その分、オークスまでの距離も持つだろう。

馬名の意味

大歓声(スペイン語)

サンデーレーシングらしい響きの良い馬名。
22 件

関連する記事

ディープインパクト産駒の有力馬や注目産駒【POG2018-2019】

ディープインパクト産駒の有力馬や注目産駒【POG2018-2019】

2016年に生まれたディープインパクト産駒の中で、特に注目すべき良血馬や評判馬などをピックアップ。日本ダービーの翌週から新馬戦が開始しているので、ドラフト他お目当ての馬は早めに目星を付けておかれる事をオススメします。
 15,083
ホウオウライジンが阪神の新馬戦で初陣、2億円馬の走りは?

ホウオウライジンが阪神の新馬戦で初陣、2億円馬の走りは?

2017年のセレクトセールで約2億もの高額で落札されたホウオウライジン。近親にディープインパクトやレイデオロなどがいる超良血馬だ。阪神最終週の芝1800mでロードゼウスやアドマイヤジャスタの有力馬といきなり激突する。
 75
ミディオーサが早くも東京マイルの新馬戦に登場、鞍上は石橋脩

ミディオーサが早くも東京マイルの新馬戦に登場、鞍上は石橋脩

今年のPOGでも人気上位のミディオーサが東京最終週の新馬戦で初戦を迎える。半姉にミスエルテ、父はディープインパクトと走る使命を背負ったかの様な血統馬だ。厩舎は堀宣行、騎手は石橋脩のお馴染みのコンビで同馬を勝利へ導く。
 443
サトノアクシス(ヘアキティー2016)のPOG情報

サトノアクシス(ヘアキティー2016)のPOG情報

サトノアクシスをPOG指名の目線で徹底分析◎馬体診断、血統背景評価、デビュー前評判、馬名の意味まで。気になる要素を完全網羅した必見の記事!?2018-2019のPOG馬指名の参考情報としてお役立て下さい!!
 221
エスポワール(スカーレット2016)のPOG情報

エスポワール(スカーレット2016)のPOG情報

エスポワールをPOG指名の目線で徹底分析◎馬体診断、血統背景評価、デビュー前評判、馬名の意味まで。気になる要素を完全網羅した必見の記事!?2018-2019のPOG馬指名の参考情報としてお役立て下さい!!
 313

関連するタグ

著者

競馬ニュース.tv 編集部 競馬ニュース.tv 編集部