2017年5月25日 更新

キングカメハメハの血統と成績

安定の王者、キングカメハメハ。絶対的な機動性と抜群の末脚で、NHKマイルCと日本ダービーの変則2冠を達成した稀代の名馬。今回は新馬から引退レースの神戸新聞杯までの全8戦をまとめ、改めてその強さと圧倒感を振り返りたい。

830
キングカメハメハ

キングカメハメハ

父馬:Kingmambo
母馬:マンファス
母父:ラストタイクーン
所属:松田国英厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム(早来町)
馬主:金子真人ホールディングス

通算成績:8戦7勝(7-0-1-0)
主な戦績:NHKマイルC、日本ダービーなど
via google imghp
安藤勝己に『日本ダービーでは負ける気がしなかった』とまで言わしめたキングカメハメハ。その成績はほぼパーフェクトに近く、堅実無比且つ最強クラスのパフォーマンスを持ち合わせていた完成形に近い競走馬だった。引退後も種牡馬として数々の実績を叩き出し、現在はディープインパクトと並んで2大巨頭的なポジションに君臨する。まさに名前通りの王者といったところか。

血統構成

Kingmambo Mr. Prospector Raise a Native Native Dancer
Raise You
Gold Digger Nashua
Sequence
Miesque Nureyev Northern Dancer
Special
Pasadoble Prove Out
Santa Quilla
マンファス ラストタイクーン トライマイベスト Northern Dancer
Sex Appeal
Mill Princess Mill Reef
Irish Lass
Pilot Bird Blakeney Hethersett
Windmill Girl
The Dancer Green Dancer
Khazaeen


兄弟馬

The Deputy ※サンタアニタダービー馬

近親馬

特になし

生涯成績

日付 開催 レース(格) 距離 騎手 斤量 タイム(着者) 上り
2003/11/16 京都 2歳新馬 芝1800 12 1 1 安藤勝己 55.0 良1:50.5(-0.1) 35.2
2003/12/13 阪神 エリカ賞(500万下) 芝2000 12 1 1 武豊 55.0 良2:02.6(-0.1) 34.6
2004/01/18 中山 京成杯(G3) 芝2000 10 1 3 D.バルジュー 56.0 良2:00.0(+0.8) 36.7
2004/02/29 阪神 すみれS(OP) 芝2200 7 1 1 安藤勝己 56.0 重2:16.4(-0.4) 34.2
2004/03/27 阪神 毎日杯(G3) 芝2000 8 2 1 福永祐一 57.0 良2:01.2(-0.4) 34.5
2004/05/09 東京 NHKマイルC(G1) 芝1600 18 1 1 安藤勝己 57.0 良1:32.5(-0.8) 34.0
2004/05/30 東京 日本ダービー(G1) 芝2400 18 1 1 安藤勝己 57.0 良2:23.3(-0.2) 35.4
2004/09/26 阪神 神戸新聞杯(G2) 芝2000 8 1 1 安藤勝己 56.0 良1:59.0(-0.2) 33.7


2003年11月16日 2歳新馬戦 芝1800m 京都競馬場

1着:キングカメハメハ (安藤勝己)
2着:ユニバーサル (福永祐一)
1番人気に支持されたデビュー戦。スタートから中団に付けて直線に向かうが、4コーナー入り口で前の馬に不利を受ける。しかし、すぐに鞍上のエスコートに従い進路を変えて直線鋭く抜けだして初勝利を飾る。レースぶりに非凡さは感じるが、まだ全体的な線も細く能力だけでとりあえず凌いだ感じの印象だ。本格化はもう少し先の様だ。

2003年12月13日 エリカ賞 芝2000m 阪神競馬場

1着:キングカメハメハ (武豊)
2着:グレートベースン (四位洋文)
鞍上が武豊騎手に変わり2戦目の特別戦。道中はこの馬のポジションである中団待機での展開となる。しかし、ここでも3コーナー辺りから追走にもたつきずっと追い通しのまま直線へ。何とかきっちり前はかわして1着でゴールインするも、やはりまだ完成域へは少し遠い感じ。馬の本格的な成長は春を待つ事となる。武騎手の騎乗はこの1戦限りである。
2004年1月18日 京成杯 芝2000m 中山競馬場

2004年1月18日 京成杯 芝2000m 中山競馬場

1着:フォーカルポイント (横山典弘)
2着:マイネルクロノス (後藤浩輝)
3着:キングカメハメハ (D.バルジュー)
via google imghp
2戦2勝の実績が買われ1番人気。鞍上はバルジュー騎手。全くいつも通りの競馬で中団からの4コーナー進出の競馬を試みるも、前のマイネルマクロスを捉えるどころか、後ろからフォーカルポイントに差されて3着敗退を喫する。初の輸送が響いたのか、中山のコースが合わなかったのかキングカメハメハ唯一の敗戦がこの京成杯なのである。
2004年2月29日 すみれS 芝2200m 阪神競馬場

2004年2月29日 すみれS 芝2200m 阪神競馬場

1着:キングカメハメハ (安藤勝己)
2着:ストラタジェム (横山典弘)
via google imghp
いわゆる、キングカメハメハが覚醒したレース。これまでの中団待機から少し前に付け、ほぼ番手での先行で競馬を進める。直線に向いても余裕の手応えで楽々と抜け出し、上がりもメンバー最速を記録。これでは他の馬は太刀打ち出来ない。いよいよ手がつけられない状態となって、ここからキンカメ政権が始まる事となる。

2004年03月27日 毎日杯 芝2000m 阪神競馬場

1着:キングカメハメハ (福永祐一)
2着:シェルゲーム (岡部幸雄)
代打で福永騎手が騎乗して臨んだ一戦。1番人気こそシェルゲームに譲ったものの、レースではそれ以下を全く寄せ付けずに文句なしの完勝で初重賞勝利を飾る。レースぶりも完全に板に付いて来て、余裕で他馬をねじ伏せる様子は名前通りの王道競馬だ。そして、満を持して次走のNHKマイルCへと駒を進める。

2004年05月09日 NHKマイルカップ 芝1600m 東京競馬場

1着:キングカメハメハ (安藤勝己)
2着:コスモサンビーム (四位洋文)
初のマイル戦で多少の不安視もされたが、蓋を開けてみればこれまでで一番の圧勝劇だった。他馬とのレベルの違いを見せつけ、2着馬に5馬身もの差を付けての勝利で初GⅠ勝利を飾った。これにより、堂々と日本ダービーへと挑戦する事を決定。日本競馬初の変則2冠制覇に挑む。

2004年5月30日 日本ダービー 芝2400m 東京競馬場

1着:キングカメハメハ (安藤勝己)
2着:ハーツクライ (横山典弘)
後日談だが、安藤勝騎手が『どう乗っても負けるイメージが湧かなかった』とコメントしている様に最高峰のレースでも他馬とのレベルに段違いの差があった。事実、レースでは安全に外々を回してのロスを覚悟で必勝のロードを進んだ。それでも全く危なげないレース運びで、2着があのハーツクライという事からもこの馬の異次元の強さがお分かり頂けるだろうか。
2004年9月26日 神戸新聞杯 芝2400m 東京競馬場

2004年9月26日 神戸新聞杯 芝2400m 東京競馬場

1着:キングカメハメハ (安藤勝己)
2着:ケイアイガード (松永幹夫)
via google imghp
休養明け初戦。いつもより、少し後ろに下げて中団を追走する。直後にはハーツクライがつけ、一騎打ちの様相だったが直線ではキングカメハメハがケタ違いの脚を使い2着ケイアイガード以下を一蹴。この後、距離適性を考え菊花賞ではなく天皇賞秋への出走を表明するも、右前脚の浅屈腱炎を発症し引退を余儀なくされる。

各平均数値

勝利時の平均距離 2000m

勝利時の平均上がり3ハロン 34.5秒

稍重以下での成績 (1.0.0.0)

まとめ

引退後はご存知、2冠馬ドゥランメンテなどの活躍馬を出しディープインパクトに次ぐトップサイアーとなっている。非サンデー系の血が重宝され、サンデー系の良質な繁殖牝馬と配合出来ているのが1番の強みだろう。

スピード、スタミナ、持久力といずれもが総合的にレベルの高かった競走馬。産駒にもその性質をしかと伝えており、今後の活躍が益々楽しみである。
32 件

関連する記事

ダイワメジャーの血統と成績

ダイワメジャーの血統と成績

短中距離王者、ダイワメジャー。抜群の先行力と類まれなスピードで、皐月賞やマイルCS連覇などを達成した快速の名馬。今回は新馬から引退レースの有馬記念までの主力レースをまとめ、改めてその速さと安定感を振り返りたい。
 647
【傾向】東京競馬場芝2500m、コースデータ徹底検証

【傾向】東京競馬場芝2500m、コースデータ徹底検証

東京の中距離重賞、目黒記念とアルゼンチン共和国杯が行われる当該コース。基本、その他では施行されないのでサンプル数は極めて少ないが、その分データが結果に直結される為しっかりと参考にして馬券購入のヒントにして頂きたい。
 789
ディープインパクトの血統と成績

ディープインパクトの血統と成績

伝説の七冠馬、ディープインパクト。その圧倒的な末脚と鞍上の武豊騎手に『飛んだ』と言わしめた独特の走りでファンを魅了した続けた名馬である。今回は新馬から引退レースの有馬記念まで全14戦をまとめ、改めてその凄さを認識したい。
 1,519
シーリアが新馬戦で2着、牡馬相手に健闘の内容で次走に期待

シーリアが新馬戦で2着、牡馬相手に健闘の内容で次走に期待

GⅠ馬2頭を兄に持つシーリアが新馬戦で意地の2着入線を果たした。最後の直線で前が狭くなる不利を受けつつも、牡馬相手に最後まで諦めない走りで良血馬の意地を見せた。牝馬限定に戻れば確勝級で、今後の活躍が期待される1頭。
 3,672
ハナレイムーンが1000万下を快勝、連勝でOP入り目指す

ハナレイムーンが1000万下を快勝、連勝でOP入り目指す

ノースフライトを祖母に持つハナレイムーンが条件戦の1000万下を余裕のレース運びで連勝。内容からも次走の1600万下で十分通用するものであり、このまま一気にオープン入りを果たしたい。来年の牝馬短距離路線に殴り込みだ。
 1,992

関連するタグ

著者

マッケン王 マッケン王