2017年12月25日 更新

キタノコマンドールが新馬を快勝、DMMドリームクラブ初勝利

DMMドリームクラブが創設から嬉しい初勝利を挙げた。北野武命名で話題となったデニムアンドルビーの全弟キタノコマンドールが新馬戦を鮮やかに差し切り勝ち。内容も非常に優秀でクラシックを意識出来る素材、今後の動向に注目だ。

3,850

祝!DMMドリームクラブの記念すべき1勝目

2017年12月23日 2歳新馬 芝2000m 阪神競馬場

1着:キタノコマンドール 牡2 (C.ルメール)
2着:サトノグロワール 牡2 (川田将雅)
3着:ジャックローズ 牡2 (岩田康誠)

レースタイム:2:06.1(良)
レース上がり3ハロン:33.7
勝ち馬上がり3ハロン:33.5
新馬特有の超スローペースでレースは進み馬群が一団となって直線コースへ。1、2番人気のサトノグロワールとキタノコマンドールが先交差しから馬体を並べて激しい叩き合いとなるも、最後は外のキタノコマンドールが僅かに前へ出てデビュー戦を勝利で飾った。しかし、ゴール前で内によれる斜行を見せ後味の悪い競馬となった。鞍上のC.ルメール騎手はこの制裁により騎乗停止処分を受ける。

クラブの運命を背負った1戦

DMMドリームクラブの鍵を握るキタノコマンドール

DMMドリームクラブの鍵を握るキタノコマンドール

via google imghp
先にデビューしたアイワナシーユーとディープシャインはいずれも惜しい2~3着と未だ初白星を飾れていないDMMドリームクラブ。ただでさえ売れ行きなどのスタートダッシュがこけた印象の中、年内未勝利という事態だけは絶対に避けたい所。その意味もあり、この実質2017年最終週の新馬戦で初陣を飾るキタノコマンドールは是が非でも勝っておきたい。良血馬をズラリと揃えてはいるが、初年度の成績如何で今後の動向が変わって来るだけに池江陣営も相当な意気込みで仕上げて来ているだろう。

北野武がCM出演をキッカケに命名

命名のボードを持ち取材の応じる北野武氏

命名のボードを持ち取材の応じる北野武氏

via google imghp
北野武氏がベネンシアドール2016の名付け親に。DMMドリームクラブの親会社であるDMM.comのCM出演が決まり、その流れから今回の経緯に至ったそうだ。何でも凱旋門賞に挑戦中の池江泰寿厩舎に預託予定という事で、本人が2010年に受賞したフランスの芸術文化勲章である“コマンドール”をキタノと組み合わせてネーミング。たまたまにしても母のベネンシアドールともイメージが合い、非常に耳馴染みの良い馬名となっている。先駆者である北島三郎氏がキタサンブラックで菊花賞を勝った際に“まつり”を熱唱した事にあやかり、『キタノコマンドールがGⅠでも勝ったらコマネチでもするか』とジョークで笑いを誘っていた。

キタノコマンドール

キタノコマンドール(ベネンシアドール2015)

キタノコマンドール(ベネンシアドール2015)

牡馬

父馬:ディープインパクト
母馬:ベネンシアドール
母父:キングカメハメハ
所属:池江泰寿厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:DMMドリームクラブ

通算成績:1戦1勝(1-0-0-0)
主な戦績:2歳新馬
via google imghp
昨年のセレクトセール1歳セリで1億9000万円もの高額取引きをされた同馬。どうやら、オーナーはDMM.comの会長との噂もあるが詳しい真相は分からない。ただ、画像でも見ても分かる様に、その立ち姿には文句の付け所なし。血統面含めて、ほぼほぼ完璧な1頭と言えるのではないだろうか。全姉デニムアンドルビーが果たせなかったクラシック制覇を本馬に期待したい。馬体重は不明。

血統背景

ディープインパクト サンデーサイレンス Halo Hail to Reason
Cosmah
Wishing Well Understanding
Mountain Flower
ウインドインハーヘアー Alzao Lyphard
Lady Rebecca
Burghclere Busted
Highclere
ベネンシアドール キングカメハメハ Kingmambo Mr.Prospector
Miesque
マンファス ラストタイクーン
Pilot Bird
フェアリードール Nureyev Northern Dancer
Special
Dream Deal Sharpen Up
Likely Exchange


兄弟馬

デニムアンドルビー

デニムアンドルビー

牝馬

父馬:ディープインパクト
母馬:ベネンシアドール
母父:キングカメハメハ
所属:角居勝彦厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:金子真人ホールディングス

通算成績:27戦3勝(3-6-1-17)
主な戦績:ジャパンカップ2着、宝塚記念2着など
via google imghp
ヤマノフェアリー

ヤマノフェアリー

牝馬

父馬:ディープインパクト
母馬:ベネンシアドール
母父:キングカメハメハ
所属:矢作芳人厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:山住勲

通算成績:4戦2勝(2-1-0-1)
主な戦績:春菜賞など
via google imghp

近親馬

トゥザヴィクトリー

トゥザヴィクトリー

牝馬

父馬:サンデーサイレンス
母馬:フェアリードール
母父:Nureyev
所属:池江泰郎厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:金子真人ホールディングス

通算成績:21戦6勝 (6-4-4-7)
主な戦績:エリザベス女王杯など
via google imghp
サイレントディール

サイレントディール

牡馬

父馬:サンデーサイレンス
母馬:フェアリードール
母父:Nureyev
所属:池江泰郎厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:金子真人ホールディングス

通算成績:50戦7勝 (7-3-3-37)
主な戦績:シンザン記念、武蔵野ステークスなど
via google imghp

血統評価:1.0pt

繁栄ファミリーであるフェアリードール一族の伏線的血統。姉は古馬GⅠでも結果を出しているのでディープインパクト産駒の牝馬では結果を出しているので牡馬でどうでるかだろう。

前評判

今回の産駒はセレクトセールで購入されて以降、なかなか表に顔を出さず情報がかなりシャットアウトされている模様だ。推測の域を脱しないが、理由としてはオーナーサイドが各取材を受け付けていないという所が妥当だろう。いずれにせよ、ディープインパクトが配合された2頭は確実に走っている事からも本馬で肩透かしを食うケースは考えにくい。デビューさえ出来れば確実に2勝級だ。

馬名の意味

北野+コマンドール(フランスの芸術文化勲章)

コマンドールとは北野武氏が2010年に受賞した仏の芸術文化勲章の名称だ。凱旋門賞を目指すという意味でもフランスの言葉に縁を感じ命名したそう。いずれにせよ、今後出走する度に話題には事欠かない存在となる。
27 件

関連する記事

トゥザクラウンが木津川特別で3勝目なるか、試練の1戦

トゥザクラウンが木津川特別で3勝目なるか、試練の1戦

前走のドンカスターカップでは昇級初戦として及第点の走りを見せたトゥザクラウン。展開のアヤで負けたレース内容だけに、今回の木津川特別はきっちり勝ち上がって1600万クラスへ順調に上がりたい所だろう。鞍上はM.デムーロ。
 5,184
トゥザフロンティアが直線伸び切れずに芙蓉Sを4着に敗退

トゥザフロンティアが直線伸び切れずに芙蓉Sを4着に敗退

期待されたトゥザフロンティアが芙蓉ステークスで前を捉え切れずに4着と馬券圏外に消える敗戦を喫した。初戦とは違うレースを経験した事で馬が戸惑ったのかやや精彩を欠く内容だったが、そもそも悲観する必要は全く無いだろう。
 3,151
アロハリリーが中1週で未勝利戦に出走、勝ってクラシックへ

アロハリリーが中1週で未勝利戦に出走、勝ってクラシックへ

新馬戦で惜しい2着敗退を喫したアロハリリー。クラシックに間に合わせる為には強行軍だが中1週での未勝利戦でどうしても勝つ必要がある。今後の事を考えても楽な競馬内容での勝ち上がりが理想だろう。鞍上は北村友一に乗り替わり。
 1,026
オールフォーラヴがゴール前で差し切りデビュー戦を勝利

オールフォーラヴがゴール前で差し切りデビュー戦を勝利

ハイレベルな新馬戦で格好を付けたオールフォーラヴ。アロハリリーが先に抜け出した所をゴール直前で測ったかの様に差し切って初戦を白星で飾った。母レディアルバローザが果たせなかったクラシック制覇へ最後の切符をギリギリ購入。
 172
ワグネリアンが東スポ杯2歳Sを最速の脚で差し切り重賞制覇

ワグネリアンが東スポ杯2歳Sを最速の脚で差し切り重賞制覇

圧倒的人気のワグネリアンが、道中後方から4コーナーで進出。直線外に出すと抜群の反応で先頭に立ち、坂を駆け上がってからはターフビジョンを確認しながら追う余裕の競馬だった。これでクラシック最有力候補が確定、次は弥生賞だ。
 8,498

関連するタグ

著者

競馬ニュース.tv 編集部 競馬ニュース.tv 編集部