2017年6月22日 更新

キタサンブラックは果たして鉄板か!?その死角を徹底検証!!

今年の宝塚記念で絶対視されている現役最強馬のキタサンブラックが本当に鉄板級なのかを徹底検証。血統、ローテーション、距離や馬場適正、オカルト的な要素までその不安点を探ります。もしかしたら思わぬ消し材料が見つかるかも??

737

血統

キタサンブラック

キタサンブラック

牡5歳

父馬:ブラックタイド
母馬:シュガーハート
母父:サクラバクシンオー
所属:清水久詞厩舎(栗東)
生産:ヤナガワ牧場
馬主:大野商事

通算成績:16戦10勝(10-2-3-1)
主な戦績:菊花賞、天皇賞春、ジャパンカップ、大阪杯など
via google imghp
父ブラックタイドはディープインパクトの全兄にあたるが、実は現役時代2000m以上での勝鞍は無し。典型的な1800~2000mが適正の中距離馬だった。そして母父はサクラバクシンオーと本来なら天皇賞春を連覇出来る様な血統構成では無い。が、細かく紐解いてみるとサクラバクシンオーの母サクラハゴロモはあの名ステイヤーだったアンバーシャダイなのだ。そういう意味で潜在的なスタミナが豊富な血統構成と言っても良い。故に天皇賞春を世界レコードで走破する様な類まれな持続力が生まれるのだろう。どんな競馬になっても対応出来る下地が揃っている。

ローテーション

天皇賞春では驚異的な世界レコードで優勝

天皇賞春では驚異的な世界レコードで優勝

via google imghp
個人的に気になるのはここである。項目のローテーションとしては大阪杯→天皇賞春→宝塚記念の臨戦過程は昨年と同じ。その時の同レースでは前半59秒1というハイラップで逃げてマリアライトから僅差の3着。実は筆者がキタサンブラックの2016年におけるベストレースだと密かに思っている程。あのパフォーマンスが出来るのだからこの3戦目というのは全く問題ないだろう。

それより心配なのは、天皇賞春で叩き出した快時計の反動である。あのディープインパクトが出した当時のレコードを更に1秒近く上回る走りを見せた後に疲れが出ない訳が無い。ただでさえ週に坂路調教を3本も消化するハードトレーニングで有名な清水久詞厩舎。見えない疲れが少しづつ蓄積していてもおかしくはない。何かがキッカケで急に姿を現すとすれば休養前の大事な1戦となるここではないだろうか。

距離と展開

2016年はマリアライト、ドゥラメンテに差されて3着に敗退

2016年はマリアライト、ドゥラメンテに差されて3着に敗退

via google imghp
中距離というカテゴリは筆者の感覚だと1800~2200m。その中での成績は8戦5勝で全て3着以内にまとめる抜群の安定感を誇っている。距離適性で言えば全く問題ない。

展開面でも今年は11頭立てで同型不在。前述にもあるが、昨年の宝塚記念は稍重馬場を前半1000m58秒台になろうかというハイペースで逃げてギリギリまで粘っていた。今年はそれより厳しい流れになるとは考えにくくここも死角にはならないだろう。但し、1人だけとんでもない奇策を打って出る騎手がいるのでそこの出方次第では面白いシーンが見られるかもしれない。

コース適性

昨年の大阪杯ではアンビシャスの後塵を拝する

昨年の大阪杯ではアンビシャスの後塵を拝する

via google imghp
最も着目するべきはこのコース適性について。キタサンブラックはこれまで阪神競馬場で3戦1勝2着1回3着1回と全て馬券圏内に入線。一見、完璧な内容に見えるが振り返れば昨年はアンビシャスやマリアライトに差し切られる詰めの甘い競馬。今年も大阪杯を勝ったとは言え、2着ステファノスに0.1秒差と他のコースの圧倒的な強さに比べるとややパフォーマンスが低下している様に思える。昨年より更に強くなっていると判断するのも構わないがそれは他の馬とて同じ事だ。何か他のマイナス要素が加われば2~3着というケースは十分に有り得ると考える。

データ

・天皇賞春馬は過去10年で勝ち馬無し

昨年のキタサンブラックも3着だったが、10年内を遡っても2007年メイショウサムソンの2着が最高着順となっている。勿論ディープインパクトやテイエムオペラオーなどの歴史的名馬クラスになると連勝も可能だが、一気に1000mも短くなる上に馬場や競馬場のコース形態も大きく変わる為、その条件下をクリアするのは並大抵の事では無い。前項のローテーションと矛盾する検証となるが一応の列記まで。

・キタサンブラック自体がグランプリに弱い

キタサンブラックの近々で負けているレースは一昨年の有馬記念、昨年の大阪杯、宝塚記念、有馬記念と実にグランプリ3連敗を喫している。これはひとえにグランプリが非根幹距離(2200&2500m)という根拠もあるのではないだろうか。こういった中途半端な距離に滅法強い馬が存在しており、それが例えば今年で言うゴールドアクター。その該当距離では8戦して5勝2着1回3着1回と無類の強さを誇っている。実際に有馬記念限定だとキタサンブラックとの対戦成績は1勝1敗のイーブンだ。侮っているとこういった馬に寝首をかかれる可能性も有り得る筈。

・武豊騎手の宝塚記念との相性

GⅠを100勝以上する武豊騎手も実はあのディープインパクトを除くと(京都競馬場開催)、1997年のマーベラスサンデー以来、約20年近く阪神競馬場で開催された宝塚記念を勝利していないのである。これは意外な事実だが、人とレースにも当然ながら相性があって当然。それが昨年の無謀ともとれるハイラップでの逃げに繋がっているのかもしれない。オカルト的要素が強いものの、馬券購入の参考には十分過ぎる程のデータだろう。

まとめ

という様に、結論としてはキタサンブラックが決して絶対という訳では無さそう。

レース毎の力差で見れば確かに1枚抜けているとは思うが、競馬に絶対が無いというのは今年も桜花賞のソウルスターリングやヴィクトリアマイルでのミッキークイーンなどで痛い程身に染みている筈。

馬場や天候、不利や故障など不安要素はありとあらゆる場面で人気馬に襲い掛かって来るのが生のレースというもの。そこを武豊&キタサンブラックがどう打ち勝つのか、それとも屈してよもやの敗戦を喫するのか…それは日曜日の夕刻時、仁川の舞台で見物しようではないか。そう、当たり馬券を手にしながら。
21 件

関連する記事

宝塚記念 2017 結果 動画

宝塚記念 2017 結果 動画

日曜日に行われた宝塚記念はサトノクラウンが豪快に突き抜けて国内GⅠを初制覇。道中、キタサンブラックを後ろから突付くなどデムーロ騎手の手腕が光った1戦だった。2着にゴールドアクター、3着にはミッキークイーンが入線した。
 22,137
宝塚記念 2017年 サイン馬券 予想

宝塚記念 2017年 サイン馬券 予想

グランプリと言えばサイン馬券。山本モナが不倫した年は有馬記念でアドマイヤモナークが激走、911テロの時はマンハッタンカフェとアメリカンボスのワンツーフィニッシュなど、オカルト要素満載もあながちナメてはいられません。
 10,257
宝塚記念 2017 出走予定馬の重馬場適性【稍重~不良】

宝塚記念 2017 出走予定馬の重馬場適性【稍重~不良】

関西の週末は日曜が雨マーク。つまり、宝塚記念は重馬場で行われる可能性大。と言う訳で、出走予定の有力各馬にその適性があるかどうかを1頭ずつチェックして行きましょう。但し、あくまでも推測の域を脱しませんw
 24,234
炎の体育会TVに武豊、ルメール、デムーロ、浜中騎手が出演!!

炎の体育会TVに武豊、ルメール、デムーロ、浜中騎手が出演!!

5月13日に放送予定の『炎の体育会TV』に、中央競馬会から武豊、C.ルメール、M.デムーロ、浜中俊の4騎手が出演予定だ。情報で先出しされた収録画像の一部を見たファンたちの間ではネットである事について早くも炎上騒ぎとなっている。
 2,763
天皇賞春1番人気10連敗の不吉なデータはどちらにあてはまるのか

天皇賞春1番人気10連敗の不吉なデータはどちらにあてはまるのか

“キタサンブラックVSサトノダイヤモンド”の2強対決で注目を集めている2017年天皇賞春。この2頭の上位決着で堅いと思われている反面、同レースは何と10年連続で1番人気馬が連対をしていないジンクスも存在しているのだ。
 534

関連するタグ

著者

マッケン王 マッケン王