2017年8月3日 更新

ガールズバンド(エレクトラレーン2015)のPOG情報

ガールズバンドをPOG指名の目線で徹底分析◎馬体診断、血統背景評価、デビュー前評判、馬名の由来、編集部の短評まで。気になる要素を完全網羅した必見の記事!?2017-2018のPOG馬指名の参考情報としてお役立て下さい!!

510

馬体診断

ガールズバンド(エレクトラレーン2015)

ガールズバンド(エレクトラレーン2015)

牝馬

父馬:ディープインパクト
母馬:エレクトラレーン
母父:Dubawi
所属:須貝尚介厩舎(栗東)
生産:社台ファーム
馬主:社台レースホース
via google imghp
比較的大型馬の部類だが、馬体のバランスの良さから重たさを一切感じさせない世代トップクラスの馬体。体のしなやかさがすぐに見て取れる様な美しい筋肉の隆起は惚れ惚れする程だ。顔もそうだが、馬体を見て上品だと思える事はなかなか少ない。仕上がりも早そうでまさにPOG向きの1頭だろう。馬体重は春の取材時点で490kg。

血統背景

ディープインパクト サンデーサイレンス Halo Hail to Reason
Cosmah
Wishing Well Understanding
Mountain Flower
ウインドインハーヘアー Alzao Lyphard
Lady Rebecca
Burghclere Busted
Highclere
エレクトラレーン Dubawi Dubawi Millennium Seeking the Gold
Colorado Dancer
Zomaradah Deploy
Jawaher
Imperialistic Imperial Ballet Sadler's Wells
Amaranda
Shefoog Kefaah
Masarrah


兄弟馬

特になし

近親馬

特になし

血統評価:1.0pt

ファミリーに日本実績馬もなく姉も現時点で未勝利なので血統的な強調材料は全くない。

前評判

『馬体が500kg近く牝馬らしからぬ風貌でパワーみなぎる1頭ですね。とは言え、動きはもたつく感じが無く、大きく軽やかなフットワークでまさにディープインパクト産駒らしい飛ぶような走りをしえいます』との事。母はドイツの1000ギニー覇者、期待された姉は走らなかったが2番仔にしてそのDNAがより確実に受け継がれているだろう。

馬名の意味

ガールズバンド

母名より連想。音楽関連の馬名に牝馬という単純な発想ではあるが、この手のパターンが大いに走りそうな予感を漂わせる。

編集部の評価

母が実績馬でもなければ兄弟も走っていないので全く検討対象にはならない。迷わず見送る。(大川)
今年のディープインパクト産駒で牝馬限定ならこの馬が1番見栄えは良い。個人的にはかなり好みのタイプだが、それ以上に預託先が須貝尚介厩舎というのに惹かれる。ゴールドシップを管理していたイメージが強いものの、実は牝馬を扱わせばかなり上位のトレーナー。ソウルスターリングからの社台レースホースの流れも良く、大手を振ってオススメしたい1頭と言える。(田中)
19 件

関連する記事

エレクトラレーン2014(馬名:エレクトロニカ)を指名する!?

エレクトラレーン2014(馬名:エレクトロニカ)を指名する!?

「エレクトラレーン2014」をPOG指名の目線で徹底分析◎馬体診断、血統背景評価、デビュー前評判、馬名の由来、編集部の短評まで。気になる要素を完全網羅した必見の記事!?2016-2017のPOG馬指名の参考情報としてお役立て下さい!!
 857
ダノンプレミアムが朝日杯FSで1番人気想定、怪物の可能性も

ダノンプレミアムが朝日杯FSで1番人気想定、怪物の可能性も

前走のサウジアラビアロイヤルカップがとにかく圧巻のひと言だった。番手から競馬を進めて直線鋭く伸び、2着以下を子供扱いする走りで楽々と連勝を飾った。この1戦で覚醒すればとんでもない大物が見事に誕生するかもしれない。
 1,694
イシュトヴァーンが阪神の新馬戦に登場、母は重賞2勝馬

イシュトヴァーンが阪神の新馬戦に登場、母は重賞2勝馬

ジェンティルドンナの全姉で重賞2勝のドナウブルー初仔イシュトヴァーンが遂に阪神の芝1800m戦でデビュー。父ルーラーシップに母父ディープインパクトの配合は菊花賞を勝ったキセキと同配合。初戦からその走りに注目が集まる。
 888
マウレアが阪神JFで3着入線、桜花賞で姉超えを目指す

マウレアが阪神JFで3着入線、桜花賞で姉超えを目指す

2連勝中だったマウレアが暮れの大一番で鋭い追い込みで3着に入った。ディープインパクト産駒で如何にも綺麗なフォームから繰り出される脚は本物だろう。上手く行けば来年の牝馬戦線で中心的な存在となっているかもしれない素材だ。
 639
オブセッションがシクラメン賞を快勝、一気にダービー候補へ

オブセッションがシクラメン賞を快勝、一気にダービー候補へ

藤沢和雄厩舎が2年連続の栄光を手にするかもしれない。シクラメン賞でオブセッションが衝撃的な内容の勝利を飾り、一気に日本ダービーの有力候補へ浮上した。走破時計も古馬並だが、今後は一線級との戦いの中でより真価が問われる。
 4,443

関連するタグ

著者

競馬ニュース.tv 編集部 競馬ニュース.tv 編集部