2017年8月31日 更新

カレンシリエージョが札幌2歳ステークスでリベンジを誓う

未勝利戦で8馬身差の圧勝をして札幌2歳ステークスへ臨むカレンシリエージョ。新馬戦で負けたクリノクーニングとの一騎打ちが予想されるも、キャリアと叩いた上積みを武器に逆転を狙う。半姉アドマイヤリードよりも完成度は高い。

1,562

牡馬にも負けない存在感

未勝利戦後、口取りでのカレンシリエージョ

未勝利戦後、口取りでのカレンシリエージョ

via google imghp
牧場でも評判の高かったカレンシリエージョ。新馬でも勝ちを確信していた関係者だったが、まさかのクリノクーニングのレコード決着に敗れる誤算。しかし、折り返しの未勝利戦では単勝1.1倍の圧倒的人気に応えて2着に8馬身差を付ける圧勝を飾る。そこから十分に間隔を取って今回はしっかりと調教を積んでの参戦だ。デビュー前から二人三脚で稽古に励む池添謙一騎手も相当に惚れ込んでいる様子。ここでクリノクーニングを逆転出来る様なら、一気に来年の牝馬クラシック戦線の最有力候補へと躍り出るだろう。

直線で楽々と突き抜ける競馬

2017年07月22日 2歳未勝利 芝1800m 函館競馬場

1着:カレンシリエージョ 牝2 (池添謙一)
2着:ソングオブローラン 牡2 (丹内祐次)
3着:ヒダルマ 牡2 (K.ティータン)

レースタイム:1:51.2(重)
レース上がり3ハロン:37.0
勝ち馬上がり3ハロン:36.7
7頭立ての少頭数でレースは落ち着くに見えたが、向こう正面で最後方からソングオブローランが一気に捲る展開となった。そのまま後続を引き離すかに見えたが、それを見て中団にいたカレンシリエージョも一緒にペースアップ。結果、動かされて無駄に脚を使わされた形となるも地力の違いで4コーナーでは手応えの差が歴然となる。そこからは搭載エンジンが違い、追えば追う程に2着以下を突き放す圧巻の競馬。気付けば8馬身差の大勝できっちりと勝ち上がった。今後のローテーションが楽しみだ。

カレンシリエージョに怯えて僅か7頭立て

新馬戦はカレンシリエージョもレコードで駆け抜ける(画像奥)

新馬戦はカレンシリエージョもレコードで駆け抜ける(画像奥)

via google imghp
現在の所、2歳世代の牝馬の中では間違いなくカレンシリエージョがNo.1の素材だろう。負けたとは言え、前走は1番人気の重圧の中で自らレースを作りに行った分の差。さすがに後続を8馬身チギっているのだからその能力は疑いようが無い。その証拠に土曜1Rの未勝利戦は7頭の少頭数戦。しかも、カレンシリエージョ以外は全て前走4着以下という低レベルな1戦となった。これはどう考えてもお勝っておかないといけないレースだろう。オッズは相当低くなるが、頭から狙って行くべきレースとも言える。

競り負けるも自身もレコードで走破

2017年07月09日 2歳新馬 芝1800m 函館競馬場

1着:クリノクーニング 牡2 (北村友一)
2着:カレンシリエージョ 牝2 (池添謙一)
3着:キョウエイルフィー 牝2 (坂井瑠星)

レースタイム:1:49.7(良)※レコード
レース上がり3ハロン:35.8
勝ち馬上がり3ハロン:35.5
スタートを決めて出して行く積極的な競馬。逃げ馬の直後で折り合いもついたスムーズな追走で操縦もしやすそうな雰囲気だ。勝負どころでは馬なりで上がって行くなど、姉アドマイヤリードと違い優等生的なレースぶりを見せたカレンシリエージョ。しかし、直線で外からクリノクーニングの強襲に遭い惜しくも2着入線。が、自身も1分49秒9の2歳コースレコードで駆けている事から能力は高い。次走はほぼ勝ち上がりが濃厚だろう。

姉同様に新馬戦からアクセル全開

キビキビとした動きを見せ周囲の評価も高い

キビキビとした動きを見せ周囲の評価も高い

via google imghp
姉とは違うタイプで馬体重も460kg前後と体格に恵まれているカレンシリエージョ。2015年のセレクトセールで3900万円もの額で取引きされている様にその見栄えもなかなかだ。稽古でも1600万クラスの馬と併せて互角の動きを見せており、その雰囲気は新馬ながら大物感たっぷりとの声も。アドマイヤリードが先にGⅠ馬となったが、その姉ですら制覇出来なかったクラシックのタイトルを同馬が果たすかもしれない。

カレンシリエージョ

カレンシリエージョ(ベルアリュールⅡ2015)

カレンシリエージョ(ベルアリュールⅡ2015)

牝馬

父馬:ハービンジャー
母馬:ベルアリュールⅡ
母父:Numerous
所属:鈴木孝志厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:鈴木隆司

通算成績:2戦1勝(1-1-0-0)
主な戦績:2歳未勝利
via google imghp
前述にもあるが、姉は400kg前半の非常に小柄で薄い馬体という印象だった。それとは打って変わり、ハービンジャー産駒の影響も含めかなりしっかりとした骨格で見た目はパワータイプなのが本馬の特徴か。但し、そこまで重たそうな雰囲気でもなく姉同様に早めから動ける作りで考えておいて良さそう。洋芝適性は間違いなく高いと見て良く、デビューも確実に狙って函館にしている感じが厩舎の期待感の大きさも窺い知れる。

血統背景

ハービンジャー Dansill デインヒル Danzig
Razyana
Hasill Kahyasi
Kerali
Penang Pearl Bering Arctic Tern
Beaune
Guapa Shareef Dancer
Sauceboat
ベルアリュールⅡ Numerous Mr. Prospector Raise a Native
Gold Digger
Number Nijinsky
Special
Mare Aux Fees Kenmare Kalamoun
Belle of Ireland
Feerie Boreale Irish River
Skelda


兄弟馬

アドマイヤリード

アドマイヤリード

牝馬

父馬:ステイゴールド
母馬:ベルアリュールⅡ
母父:Numerous
所属:須貝尚介厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:近藤利一

通算成績:14戦5勝(5-3-0-6)
主な戦績:ヴィクトリアマイルなど
via google imghp

近親馬

特になし

血統評価:2.5pt

姉にGⅠ馬がいるものののそれ以外は取り立てて強調材料はない。

前評判

『稽古はかなり動きましたね。とにかく脚が速い。瞬間的にギアを上げれるからをピッチ走法でビュッとした脚も使えそう。直線の短い函館にも対応出来ると思うし、今のところ欠点が見当たりませんね』とは助手の調教後のコメント。思っている以上に器用さもありそうで初戦からかなりの期待が出来る。

馬名の意味

冠名+桜(イタリア語)

桜の季節に活躍して欲しいという願いを込めて命名。狙うは完全に桜花賞一本。但し、オークスまでこなせそうな馬体はしている。
31 件

関連する記事

トーセンアルタイルが伝説の新馬戦でデビュー、兄は5勝馬

トーセンアルタイルが伝説の新馬戦でデビュー、兄は5勝馬

全兄に先の京都大賞典で2着に入ったトーセンバジルがいるトーセンアルタイル。菊花賞当日の新馬戦は“伝説の新馬戦”と呼ばれており、その中でも人気を集めそうな有力馬だ。初戦の走り次第では一気にクラシックの有力候補となる。
 495
ノームコアがアスター賞で先行押し切り、無傷の連勝を飾る

ノームコアがアスター賞で先行押し切り、無傷の連勝を飾る

土曜中山9Rで行われたアスター賞は、1番人気に支持されたノームコアが番手から抜け出し後続を寄せ付けない走りでV2達成。姉に現役時代5勝を挙げたハピネスダンサーがいる血統で、ノーザンファーム生産馬。今後の動向に注目だ。
 165
フロンティアが新潟2歳ステークスに登場、一族にタイトルを

フロンティアが新潟2歳ステークスに登場、一族にタイトルを

ドリームパスポートの半弟で、ゴールデンサッシュを祖母に持つフロンティアがまたファミリーに勲章をもたらすのか。新潟2歳ステークスで1番人気に想定されている本馬だが、それに見合った血統と追い切りを持ってレースへと臨む。
 571
ムスコローソが新潟2歳ステークスに登場、初戦から更に成長

ムスコローソが新潟2歳ステークスに登場、初戦から更に成長

新馬戦で5馬身差圧勝を飾ったムスコローソが2ヶ月の充電期間を経て再登場。デビューの頃より更に稽古の動きも良化しており明らかな成長が窺える。フロンティアなど相手は揃ったが、ここを勝てば2歳チャンピオンの目が見えて来る。
 825
フランケル産駒イッツパーフェクトがデビュー、母は英GⅢ馬

フランケル産駒イッツパーフェクトがデビュー、母は英GⅢ馬

14戦14勝の最強馬フランケルを父に持つイッツパーフェクトが日曜中京の新馬戦に登場。母パーフェクトトリビュートもイギリスの重賞馬で世界的な良血馬だ。昨年のソウルスターリングに続き、今年も同産駒の旋風が再び巻き起こる。
 1,202

関連するタグ

著者

競馬ニュース.tv 編集部 競馬ニュース.tv 編集部