2017年12月13日 更新

カペラステークスの過去結果動画と歴代勝ち馬

ダート短距離のスペシャリストが集まる新設カペラステークス。過去10年分の同レース結果内容と合わせて、馬券購入の参考にどうぞ。タイムや上がりの時計、その他データ傾向などを掴んで万馬券を的中させよう!!

239

2017年 ディオスコリダー

2017年12月10日 カペラステークス ダート1200m 中山競馬場

1着:⑯ディオスコリダー 牡3 55 (津村明秀) 4番人気
2着:⑮スノードラゴン 牡9 58 (大野拓弥) 8番人気
3着:⑧ブルドッグボス 牡5 57 (内田博幸) 2番人気

タイム=1.11.0(良)
レース上がり3ハロン=37.0
勝ち馬上がり3ハロン=36.6

3連複=17,110円
3連単=105,610円

レース回顧

大外枠から好スタートを切ったディオスコリダーが中団追走から直線弾けに弾け、後方から追い込んだスノードラゴン以下を楽々と振り切って嬉しい重賞初勝利を飾った。春にはドバイ遠征を試みた素質馬で帰国後に力を付けてようやく本格化。3着には地方に移籍後著しい活躍を見せるブルドッグボスが入線した。1番人気ブルミラコロは見せ場なく10着に敗退。

2016年 ノボバカラ

2016年12月11日 カペラステークス ダート1200m 中山競馬場

1着=①ノボバカラ 牡4 57 (内田博幸) 3番人気
2着=⑪ニシケンモノノフ 牡5 56 (横山典弘) 2番人気
3着=⑭コーリンベリー 牝5 56 (松山弘平) 1番人気

タイム=1:10.2(良)
レース上がり3ハロン=36.9
勝ち馬上がり3ハロン=36.9

3連複=1,470円
3連単=7,320円

レース回顧

内枠から好スタートを切ったノボバカラが先手を取る展開。上位人気勢が先行集団に固まったまま直線コースへ。手応えに余裕のあるノボバカラが後続を引き離し、最後まで影をも踏ませぬ内容で完勝。2着に差し込んだニシケンモノノフ、3着に1番人気コーリンベリーが入線した。3連単で1万円を切る低額配当となった。

2015年 キクノストーム

2015年12月13日 ダート1200m 中山競馬場

1着=⑭キクノストーム 牡6 56 (内田博幸) 3番人気
2着=⑬カジキ 牡6 56 (柴田善臣) 4番人気
3着=⑫マルカフリート 牡9 56 (石橋脩) 6番人気

タイム=1:09.7(重)
レース上がり3ハロン=37.2
勝ち馬上がり3ハロン=35.5

3連複=11,870円
3連単=48,910円

レース回顧

逃げたシゲルカガが直線半ばで力尽き変わって抜け出したカジキが万全の態勢でゴール板へ。しかし、そこに最後方から大外を強烈な末脚で突っ込んで来たキクノストームが一瞬の内にかわして1着入線を果たした。3着にも9歳馬のマルカフリートが豪快に追い込み、重馬場でのスピード感溢れる派手なレース内容だった。

2014年 ダノンレジェンド

2014年12月14日 カペラステークス ダート1200m 中山競馬場

1着=①ダノンレジェンド 牡4 56 (丸田恭介) 12番人気
2着=⑫サトノタイガー 牡6 56 (御神本訓史) 7番人気
3着=⑯メイショウノーベル 牡5 56 (津村明秀) 8番人気

タイム=1:09.5(良)
レース上がり3ハロン=36.2
勝ち馬上がり3ハロン=35.2

3連複=247,890円
3連単=1,654,200円
【レース回顧】
12番人気のダノンレジェンドが軽快に飛ばし、直線では更にリードを広げる圧勝劇。気付けば2着のサトノタイガーに5馬身差を付ける完璧な逃げ切りだった。3着にも人気薄のメイショウノーベルが入り、3連単は何と160万円を超える大波乱決着。上位人気勢が予想外の展開に総崩れとなった。

2013年 ノーザンリバー

2013年12月08日 カペラステークス ダート1200m 中山競馬場

1着=①ノーザンリバー 牡5 56 (柴田善臣) 6番人気
2着=⑦スノードラゴン 牡5 56 (大野拓弥) 7番人気
3着=④シルクフォーチュン 牡7 57 (横山典弘) 2番人気

タイム=1:10.7(良)
レース上がり3ハロン=36.4
勝ち馬上がり3ハロン=36.0

3連複=5,650円
3連単=47,980円

レース回顧

下がる馬、伸びる馬がごった返し直線半ばで馬群が凝縮する大混戦となるが、内枠の利を活かしたノーザンリバーが鞍上柴田善騎手の巧みなエスコートで抜け出しアーリントンカップ以来となる重賞勝利を飾った。2着にはその狭いスペースを最後方からインを突いて伸びて来たスノードラゴン。3着には大外から脚を伸ばしたシルクフォーチュンが入線。上位入線の馬はいずれも出遅れたが、それがかえって功を奏した。

2012年 シルクフォーチュン

2012年12月09日 カペラステークス ダート1200m 中山競馬場

1着=⑨シルクフォーチュン 牡6 57 (横山典弘) 4番人気
2着=⑤エーシンウェズン 牡5 56 (蛯名正義) 3番人気
3着=⑬シセイオウジ 牡5 56 (勝浦正樹) 8番人気

タイム=1:10.8(良)
レース上がり3ハロン=36.6
勝ち馬上がり3ハロン=35.3

3連複=10,460円
3連単=51,060円

レース回顧

追い込み番長のシルクフォーチュンがここでも豪快な大外一気で勝利。ダート短距離戦では展開に関係なく繰り出す驚異的な末脚はもはや名物である。2着には内からスルスルと伸びて来たエーシンウェズンが入るも、外に1頭次元の違う脚を使ったシルクフォーチュンと横山典騎手にしてやられた。3着のシセイオウジも最後方から猛追している様に展開も味方したのが幸いだ。

2011年 ケイアイガーベラ

2011年12月11日 カペラステークス ダート1200m 中山競馬場

1着=⑮ケイアイガーベラ 牝5 54 (秋山真一郎) 2番人気
2着=①ティアップワイルド 牡5 56 (石橋脩) 3番人気
3着=⑪タイセイレジェンド 牡4 56 (坂井英光) 8番人気

タイム=1:09.1(稍重)
レース上がり3ハロン=35.4
勝ち馬上がり3ハロン=35.3

3連複=11,540円
3連単=47,990円

レース回顧

ダート重賞常連のケイアイガーベラが番手から引っ張りきりの手応えで直線に入ると、そこから更に後続を突き放して完勝。昨年のプロキオンステークスに続いての重賞2勝目を文句の無い内容で飾った。2着には中団からしぶとく脚を伸ばしたティアップワイルド、3着は3番手から粘り込んだタイセイレジェンドが入線。1番人気のセイクリムズンは絶好のポジションから競馬を進めたがいつもの精彩を欠き5着に敗退した。

2010年 セイクリムズン

2010年12月12日 カペラステークス ダート1200m 中山競馬場

1着=⑬セイクリムズン 牡4 56 (幸英明) 3番人気
2着=⑮ティアップワイルド 牡4 56 (石橋脩) 13番人気
3着=⑦エノク 牡6 56 (浜中俊) 5番人気

タイム=1:09.7(良)
レース上がり3ハロン=36.7
勝ち馬上がり3ハロン=36.2

3連複=37,030円
3連単=217,490円

レース回顧

3番人気のセイクリムズンが安定のレース運びで重賞勝利。2着の13番人気ティアップワイルドが一旦先頭に立つものの、地力の差でもう一度内から盛り返しクビ差かわした所がゴールだった。3着には中団から追い込んだエノク。3連単は20万円を超える中波乱決着となった。1番人気のシルクフォーチュンは最後方から伸びるもあと一歩届かず4着に惜敗した。

2009年 ミリオンディスク

2009年12月13日 カペラステークス ダート1200m 中山競馬場

1着=④ミリオンディスク 牡5 56 (村田一誠) 5番人気
2着=⑦ダイワディライト 牡5 56 (後藤浩輝) 1番人気
3着=⑪グランドラッチ 牡4 56 (柴田善臣) 11番人気

タイム=1:09.6(重)
レース上がり3ハロン=36.0
勝ち馬上がり3ハロン=35.7

3連複=7,180円
3連単=38,520円
重馬場も含め先行勢が有利なレース展開。番手から堂々と抜け出した1番人気ダイワディライトだったが、そのインからジワジワと差を詰めたミリオンディスクがゴール前でもうひと伸びしてクビ差かわした。村田騎手は嬉しい重賞5勝目となった。3着には外から詰め寄った11番人気のグランドラッチが入線するも、3連単な4万円を切る穏やかな配当となった。

2008年 ビクトリーテツニー

2008年12月14日 カペラステークス ダート1200m 中山競馬場

1着=②ビクトリーテツニー 牡4 56 (横山典弘) 4番人気
2着=⑦スリーアベニュー 牡6 56 (田中勝春) 7番人気
3着=⑥フジノウェーブ 牡6 58 (御神本訓史) 8番人気

タイム=1:08.7(重)
レース上がり3ハロン=36.0
勝ち馬上がり3ハロン=34.8

3連複=54,400円
3連単=371,800円

レース回顧

足抜きの良い馬場でペースが上がった事もあり追い込みが効く展開となった。内枠から外々を気持ちよく回ったビクトリーテツニーが目の覚める様な脚で全頭差し切り重賞制覇。レコードタイムというおまけ付きだった。2着には更に後ろから脚を伸ばしたスリーアベニュー、3着には地方の雄フジノウェーブが入線し3連単は30万円を超える波乱決着となった。

まとめ

以上、カペラステークスの過去10年分のレースまとめでした。

時期的なものなのか、はたまたメンバー構成によるものなかは分からないがとにかく差しが決まりやすい。馬場状態関係なく、後方10番手以下の馬が短い中山の直線で弾けるシーンを良く見かける。しかし、実力のある馬が先行勢にいる時はそのまま前の競馬で決まるケースもある。

つまり、荒れるとしたら後方勢のいずれかが一気の追い込みを決め、手堅いレースなら前に行く馬を中心にした展望で馬券を攻めてみるのも良いだろう。
40 件

関連する記事

プロキオンステークスの過去結果動画と歴代勝ち馬

プロキオンステークスの過去結果動画と歴代勝ち馬

中京競馬場で唯一行われるダートの短距離重賞、プロキオンステークス。過去18年分の同レース結果内容と合わせて、馬券購入の参考にどうぞ。タイムや上がりの時計、その他データ傾向などを掴んで万馬券を的中させよう!!
 374
根岸Sの歴代優勝馬と動画まとめ

根岸Sの歴代優勝馬と動画まとめ

フェブラリーSとの関連性も高い東京ダート重賞、根岸S。その過去11年分の動画を振り返ります。結果内容を元にタイムや上がりの時計、その他データ傾向などを掴んで万馬券を的中させましょう!!
 202
カペラステークス 2017 結果 動画

カペラステークス 2017 結果 動画

日曜日に行われたカペラステークスはディオスコリダーが直線鋭く抜け出し、危なげない走りで重賞初V。条件戦からの連勝で一気にタイトルホルダーとなった。2着に古豪スノードラゴン、3着には2番人気のブルドッグボスが入線。
 323
海外遠征 2017年 まとめ

海外遠征 2017年 まとめ

2017年の日本調教馬による海外遠征でのレース成績まとめです。日本競馬の質が向上し、今では外国のGⅠを普通に勝利するまでのレベルに至りました。1年間のJRA所属馬達の奮闘を追って行きます。どうぞお楽しみ下さい。
 941
【動画、結果】アーリントンCの予想に使える歴代レースまとめ

【動画、結果】アーリントンCの予想に使える歴代レースまとめ

NHKマイルCへ向かう大事なステップレース、アーリントンC。その過去10年分の動画を振り返ります。結果内容を元にタイムや上がりの時計、その他データ傾向などを掴んで万馬券を的中させましょう!!
 238

関連するタグ

著者

マッケン王 マッケン王