2018年1月5日 更新

カザンが新年最初の新馬戦に登場、大物が期待のデビュー

現3歳世代でも一際注目を浴びていたカザンが遂に初戦を迎える。新鋭の馬主キーファーズから2億越えの高額で取り引きをされた逸材の姿がベールを脱ぐが、果たして一体どんな走りを見せてくれるのだろうか。鞍上はもちろん武豊騎手。

4,725

高額馬が鳴り物入りのデビュー

坂路を力強く駆け上がるカザン

坂路を力強く駆け上がるカザン

via google imghp
池江泰厩舎で2億5000万円の高額馬と来れば期待せずにはいられない。色眼鏡で見ている訳ではないが、トレセン内の姿や稽古中の動きそのものはやはり素質馬のそれ。実際、兄のフォギーナイトはデビュー戦を白星で飾っている様に母の産駒自体はレベルが高い。そこにディープインパクトを付けたとあれば走らない方が不自然と言えるだろう。馬主の要望で、基本的に所有馬の鞍上は天才武豊騎手を擁するお膳立て。金額分の実績を積み上げる為にも、初戦でおいそれとは負けていられない。

カザン

カザン(シャンパンドーロ2015)

カザン(シャンパンドーロ2015)

牡馬

父馬:ディープインパクト
母馬:シャンパンドーロ
母父:Medaglia d'Oro
所属:池江泰寿厩舎(栗東)
生産:社台ファーム
馬主:キーファーズ
via google imghp
非常に均整の取れたシルエットで、まさにディープインパクト産駒といった印象。母父は基本的にダート血統が色濃いが、この手のパターンで活躍馬を多く出しているだけにそこまで心配は要らないだろう。兄フォギーナイトとは全く別タイプの馬に仕上がっているのは明らかで、本馬は池江泰寿厩舎期待の1頭となる。馬体重は不明。

血統背景

ディープインパクト サンデーサイレンス Halo Hail to Reason
Cosmah
Wishing Well Understanding
Mountain Flower
ウインドインハーヘア Alzao Lyphard
Lady Rebecca
Burghclere Busted
Highclere
シャンパンドーロ Medaglia d'Oro El Prado Sadler's Wells
Lady Capulet
Cappucino Bay Bailjumper
Dubbed In
Champagne Glow Saratoga Six Alydar
Priceless Fame
Champagne Ginny L'Enjoleur
Seminole Girl


兄弟馬

特になし

近親馬

ルーラーオンアイス

ルーラーオンアイス

父馬:Roman Ruler
母馬:Champagne Glow
母父:Saratoga Six
所属:Kelly J.Breen厩舎(米)
生産:Liberation Farm&Brandywine Farm(米)
馬主:George and Lori Hall

通算成績:23戦4勝(4-5-3-15)
主な戦績:ベルモントステークスなど
via google imghp

血統評価:1.0pt

母の弟が米クラシックホースではあるが血統背景としては、ファミリーに日本活躍馬がいないので強調材料はない。

前評判

『馬体が大きく骨太でしっかりしていて、雰囲気はサトノダイヤモンドみたい。伸びが見られて、如何にも芝の中距離が合いそうな感じですね』とは池江泰寿調教師の談。2016年セレクトセールでは1歳セリで2億3500万円もの高額取り引きされた同馬。新進気鋭の馬主キーファーズ期待の1頭だ。

馬名の意味

火山

まさにそのままのネーミング。火山の如く、能力が爆発して欲しいという想いを込めて。

編集部の評価

イメージとしては、ディープインパクト産駒というだけって印象で、であれば別のディープインパクト産駒を選ぶなという印象。なので迷わず見送る。(大川)
キーファーズの所有馬で2億円超え…『夢は武豊騎手を乗せて凱旋門賞を獲る事』と豪語している謎多き大物馬主だ。それ故、動向が気になる存在ではあるが=POG指名する程でも無い。個人的にはその夢に賛同でしか無いししっかりと本馬には金額に見合う活躍をして欲しいとは思う。ただ、スルーは間違いない。(田中)
22 件

関連する記事

サラキアがフローラSに出走、距離延長でゲート難をリカバリー

サラキアがフローラSに出走、距離延長でゲート難をリカバリー

チューリップ賞では出遅れながらも4着と好走したサラキア。スタートの立ち遅れはほぼ常習と見て、今回は道中巻き返しが可能となる2000mのフローラSでオークスの権利を取りに行く構えだ。能力は一級品、後は鞍上の運び方次第。
 2,526
オハナがフローラSでオークスの権利取りへ、末脚炸裂なるか

オハナがフローラSでオークスの権利取りへ、末脚炸裂なるか

クイーンカップではジリジリ伸びるも4着に敗れたオハナ。馬体面も考え桜花賞は無理する事なくパス、しっかりと休養を経てオークスに照準を合わせてフローラステークスに駒を進めて来た。身も内容も大きく成長した走りを期待したい。
 1,280
グレートウォリアーが新緑賞出走、ダービーへ望み繋げるか

グレートウォリアーが新緑賞出走、ダービーへ望み繋げるか

前走の大寒桜賞で惜しくも2着に敗れたグレートウォリアーが今回も同じく長距離の500万新緑賞で2勝目を狙う。厳しいローテにはなるが、ここを勝利出来れば日本ダービー出走への望みがギリギリ繋がる事になる。鞍上は福永騎手。
 3,744
ワグネリアンが皐月賞で1番人気を裏切る7着、次走に暗雲

ワグネリアンが皐月賞で1番人気を裏切る7着、次走に暗雲

皐月賞で期待されたワグネリアンが後方待機策から末脚不発の敗退、稍重馬場で自慢のキレ味が削がれてしまい全く見せ場なく終わってしまった。これまでのレースぶりが嘘かの様な競馬で、日本ダービーに向けて不安要素が高まる一方だ。
 10,195
キタノコマンドールが皐月賞で健闘の5着、ダービーへ望み繋ぐ

キタノコマンドールが皐月賞で健闘の5着、ダービーへ望み繋ぐ

注目が集まったキタノコマンドール。3番人気に支持されての5着となったが、キャリア3戦目でこの競馬なら立派のひと言だろう。馬体も+12kgとやや余裕残し、次走のダービーでは更に調子も上向く事から引き続き気になる1頭だ。
 6,048

関連するタグ

著者

競馬ニュース.tv 編集部 競馬ニュース.tv 編集部