2017年8月24日 更新

オブセッション(パーシステントリー2015)のPOG情報

オブセッションをPOG指名の目線で徹底分析◎馬体診断、血統背景評価、デビュー前評判、馬名の意味、編集部の短評まで。気になる要素を完全網羅した必見の記事!?2017-2018のPOG馬指名の参考情報としてお役立て下さい!!

404

馬体診断

オブセッション(パーシステントリー)

オブセッション(パーシステントリー)

牡馬

父馬:ディープインパクト
母馬:パーシステントリー
母父:Smoke Glacken
所属:藤沢和雄厩舎(美浦)
生産:ノーザンファーム
馬主:シルクレーシング
via google imghp
全体的なバランスは良し。馬体自体も柔らかな筋肉の質感とコンパクトにまとまったシルエットから確実にキレタイプ。全姉のパーシーズベストもそうだったが、重心の低いフォームで沈み込む様な走りが想像出来よう。完成度も高そうで初戦からフルに動ける体付きをしている。馬体重は不明。

血統背景

ディープインパクト サンデーサイレンス Halo Hail to Reason
Cosmah
Wishing Well Understanding
Mountain Flower
ウインドインハーヘアー Alzao Lyphard
Lady Rebecca
Burghclere Busted
Highclere
パーシステントリー Smoke Glacken Two Punch Mr.Prospector
Heavenly Cause
Majesty's Crown Magesterial
Queen's Crown
Just Reward Deputy Minister Vice Regent
Mint Copy
Heavenly Prize Seeking the Gold
Oh What a Dance


兄弟馬

パーシーズベスト

パーシーズベスト

牝馬

父馬:ディープインパクト
母馬:パーシステントリー
母父:Smoke Glacken
所属:石坂正厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム(安平町)
馬主:シルクレーシング

通算成績:13戦2勝(2-2-1-8)
主な戦績:3歳500万下など
via google imghp

近親馬

特になし

血統評価:1.0pt

母や近親には米G1馬がそれなりにそろっているが兄弟がほとんど走っていない事を考えると強調材料としては弱く、ファミリーにも日本実績がないので評価は低い。

前評判

管理する藤沢和雄調教師は、『血統馬だしね、クラシックを意識しています』といつもの控えめなコメントながらも確かな手応えを感じる口ぶりでコメントしていた。とにかく藤沢厩舎の勢いが凄い今、その流れに乗じて活躍馬がどんどん出て来る可能性は高い。勝負の世界は得てしてそういうものだろう。

馬名の意味

執念

勝利への執念を見せて欲しいという想いで命名、母名より連想。

編集部の評価

3頭中1頭しか走っていないので正直魅力がない。良血であることは間違いないが結果がでていないのが確定している以上、結果がでるまでは見送りでいいだろう。(大川)
姉パーシーズベストが見せた3歳時の走りは、『これは古馬になって重賞の1つや2つなら楽勝だな』と思った程に際立っていた。しかし、思った程の成長が見られずに未だ500万下クラス。どちらかと言えば早熟傾向にあるのかもしれない。上は3頭全てディープインパクト産駒で勝ち星の合計はたった2勝止まり。やや過大評価気味の血統馬という評価で良いだろう。(田中)
19 件

関連する記事

パーシステントリー2014(馬名:ステッドファスト)を指名する!?

パーシステントリー2014(馬名:ステッドファスト)を指名する!?

「パーシステントリー2014」をPOG指名の目線で徹底分析◎馬体診断、血統背景評価、デビュー前評判、馬名の由来、編集部の短評まで。気になる要素を完全網羅した必見の記事!?2016-2017のPOG馬指名の参考情報としてお役立て下さい!!
 753
ワグネリアンが野路菊Sを快勝、重馬場で33秒台の鬼脚炸裂

ワグネリアンが野路菊Sを快勝、重馬場で33秒台の鬼脚炸裂

注目のワグネリアンが2戦目の野路菊ステークスでも想像を超える圧巻の走りで突き抜け2連勝。心配された重馬場も全く苦にせず、道中後方追走から直線の競馬だけであっさりと差し切って見せた。上がり3ハロンは33秒フラット。
 3,970
スターリーステージが新馬戦で3着入線、次走は確勝必至

スターリーステージが新馬戦で3着入線、次走は確勝必至

ミッキーアイルの下、スターリーステージがデビュー戦でジャンダルムの3着に敗退。レース内容はほぼ文句なく、前の牡馬2頭(ジャンダルム&ロードラナキラ)が強かっただけだろう。牝馬限定戦に戻れば間違いなく勝ち上がりは堅い。
 3,443
シルヴァンシャー、出遅れも何のその!!デビュー戦を鮮烈V

シルヴァンシャー、出遅れも何のその!!デビュー戦を鮮烈V

池江泰寿厩舎期待の新馬シルヴァンシャーが初戦を快勝。スタートで大きく出遅れたものの、道中で徐々に差を詰め直線でも脚色が衰える事なく前の集団をまとめて差し切って見せた。名牝アゼリからようやく大物候補が誕生の予感だ。
 3,218
新馬でエントシャイデンが出遅れるも大外から突き抜け快勝

新馬でエントシャイデンが出遅れるも大外から突き抜け快勝

ブランボヌールの全弟エントシャイデンが期待通りの競馬で新馬戦を見事差し切り勝ち。外枠で発馬を決めれず痛恨の出遅れ。しかし、そこから焦る事無く追走し直線で鮮やかに前をまとめて面倒を見る圧巻の内容で勝ち上がって見せた。
 1,317

関連するタグ

著者

競馬ニュース.tv 編集部 競馬ニュース.tv 編集部