2018年2月16日 更新

エルディアマンテが未勝利に登場、ここは確実に勝ち上がりたい

新馬戦でレッドベルローズと激闘を演じたエルディアマンテ。3着以下には6馬身もの差をつけている事から能力は既にオープンクラスだろう。ローテ的にもこの1戦を取りこぼすとクラシックには間に合わないだけに是が非でも勝ちたい。

1,457

前走はほぼ勝ちに等しい内容

クビの上げ下げで敗戦したエルディアマンテ

クビの上げ下げで敗戦したエルディアマンテ

via google imghp
前走で勝ち上がったレッドベルローズは、その後フェアリーステークスで3着に入線するなど重賞戦線で一応の実績を重ねている。つまりは、エルディアマンテにも同じレベルの期待をかけて間違いないという事。その同馬が折り返しの未勝利戦でまさか負ける事態に陥っても良いものだろうか。ここをあっさり勝利し、桜花賞はともかく母が3着に敗れたオークスには間に合う算段で調整を進めたいところだ。

大跳びで如何にも走りそうな雰囲気

2017年11月18日 2歳新馬 芝1600m 東京競馬場

1着:レッドベルローズ 牝2 (福永祐一)
2着:エルディアマンテ 牝2 (C.ルメール)
3着:トーホウディアーナ 牝2 (吉田豊)

レースタイム:1:36.3(良)
レース上がり3ハロン:34.1
勝ち馬上がり3ハロン:33.5
内枠から先行集団の直後を追走、直線に向いてやや前が窮屈なシーンもあったがうまく進路を選んで抜け出す。フットワークが大きく脚を若干持て余した感のある競馬だったが、外からレッドベルローズが迫って来ると更にもうひと伸び。そのまま馬体を併せて叩き合いとなり、最後はハナ差競り負け2着に惜敗。とは言え、クビの上げ下げによる勝敗で力負けでは無い。自身も3着以下を大きく引き離しており、次はほぼ間違いなく勝つイメージで良いだろう。

デビュー出来ればほぼ重賞級

品格のある馬体をしているエルディアマンテ

品格のある馬体をしているエルディアマンテ

via google imghp
ディアデラノビアの凄みは何と言ってもその安定感。シンボリクリスエス産駒だった初仔以外、2番仔のディアデラマドレ以降は5頭産んで全馬3勝以上、内4頭は重賞で連対を果たす驚異的なハイアベレージを残している。ここ3年はハービンジャー産駒が続いたものの、今回はキングカメハメハに戻してのエルディアマンテが登場。同産駒に限れば最低でも5勝以上となっており、これはPOGでも指名必至の1頭だろう。デビュー前ならまだ候補を差し替えるチャンス。

エルディアマンテ

エルディアマンテ 

エルディアマンテ 

牝馬

父馬:キングカメハメハ
母馬:ディアデラノビア
母父:サンデーサイレンス
所属:国枝栄厩舎(美浦)
生産:ノーザンファーム
馬主:キャロットファーム

通算成績:0戦1勝(0-1-0-0)
主な戦績:特になし
via google imghp
少し非力そうな面を除けば馬体のバランスは文句なし。牝馬だけにもう少し大きくなってくれば問題ない。ここの所ハービンジャー産駒が続いたディアデラノビアだったが、待望のキングカメハメハ産駒。全姉、兄共に重賞級の馬となっており鉄板級の信頼感がある配合だ。デビュー時期さえ間違わなければクラシック戦線には乗って来る1頭だろう。馬体重は春の取材時点で440kg。

血統背景

キングカメハメハ Kingmambo Mr. Prospector Raise a Native
Gold Digger
Miesque Nureyev
Pasadoble
マンファス ラストタイクーン トライマイベスト
Mill Princess
Pilot Bird Blakeney
The Dancer
ディアデラノビア サンデーサイレンス Halo Hail to Reason
Cosmah
Wishing Well Understanding
Mountain Flower
ポトリザリス Potrillazo Ahmad
Azalee
Chaldee Banner Sport
Gevar


兄弟馬

ディアデラマドレ

ディアデラマドレ

牝馬

父馬:キングカメハメハ
母馬:ディアデラノビア
母父:サンデーサイレンス
所属:角居勝彦厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:キャロットファーム

通算成績:16戦6勝(6-1-1-8)
主な戦績:マーメイドステークス、府中牝馬ステークス、愛知杯など
via google imghp
ドレッドノータス

ドレッドノータス

牡馬

父馬:ハービンジャー
母馬:ディアデラノビア
母父:サンデーサイレンス
所属:矢作芳人厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:キャロットファーム

通算成績:10戦3勝(3-1-0-6)
主な戦績:京都2歳ステークスなど
via google imghp

近親馬

特になし

血統評価:3.8pt

兄弟全馬1勝以上で、クリスエス産駒以外は、OPクラスで安定しているので期待出来る。祖母は亜のGⅠ馬で母もGⅠでいい勝負出来た馬。全姉もGⅠ3着があるのでPOGで最低ラインの活躍は確約されているのでオススメである。

前評判

『最初は小柄であまりパッとしなかったんですが、少しづつ大きくなって来てかなり馬が変わり始めている途中ですね。こちらの想定した通りに成長していますし、性格も徐々に大人しくなって来ています。動きを見る限り、瞬発力がありそうなフットワークですね』との事。暑い夏は無理をせず、涼しくなった秋頃にデビュー予定だ。

馬名の意味

ダイヤモンド(スペイン語)

本馬の流星の形を母母の生産国の言語で命名。ディアデラノビア産駒っぽい良いネーミングだ。
26 件

関連する記事

バルデスが初富士ステークスでオープン入りか、メンバー弱化

バルデスが初富士ステークスでオープン入りか、メンバー弱化

前走のウェルカムSで5着に敗れたバルデス。が、勝ち馬トーセンマタコイヤやショウナンマルシェ、プロディガルサンなど重賞で活躍するレベルの馬たち相手だっただけに善戦と言える。今回は強敵もいない1戦で確実に勝ちを拾いたい。
 2,259
POGの隠し玉トーセンブレイヴ、阪神芝2000mで初陣

POGの隠し玉トーセンブレイヴ、阪神芝2000mで初陣

キングカメハメハ×サンデーサイレンスの王道ニックスであるトーセンブレイヴ。母ギーニョの産駒実績は乏しいが、トゥザヴィクトリーとは全姉妹にあたる。つまり配合自体はトゥザ一族と全くの同血となり、ここで大物が生まれるか??
 1,417
パンコミードが折り返しの未勝利を楽に逃げ切りV、素質高い

パンコミードが折り返しの未勝利を楽に逃げ切りV、素質高い

ラブリーデイの全弟パンコミードが好素材をアピール。スタートからすんなりハナを奪うと、マークして来たレッドヴェイロンの追走を楽々と振り切って鮮やかな逃げ切り勝ち。3着以下をちぎっている事からも、同馬の将来性は確かだ。
 679
アロハリリーが中1週で未勝利戦に出走、勝ってクラシックへ

アロハリリーが中1週で未勝利戦に出走、勝ってクラシックへ

新馬戦で惜しい2着敗退を喫したアロハリリー。クラシックに間に合わせる為には強行軍だが中1週での未勝利戦でどうしても勝つ必要がある。今後の事を考えても楽な競馬内容での勝ち上がりが理想だろう。鞍上は北村友一に乗り替わり。
 1,033
ダイワキャグニーが東京新聞杯で初重賞を狙う、府中は6戦4勝

ダイワキャグニーが東京新聞杯で初重賞を狙う、府中は6戦4勝

素質馬ダイワキャグニーが初タイトル獲得なるか。期待された前走の中山金杯ではまさかの後方追走を余儀なくされ不完全燃焼の内容で5着敗退と悔しい結果。得意の府中に戻って東京新聞杯でその先行力を活かし再び重賞制覇を目論む。
 1,506

関連するタグ

著者

競馬ニュース.tv 編集部 競馬ニュース.tv 編集部