2017年12月4日 更新

エリスライトがデビュー戦を5馬身差圧勝、姉よりも大物か

マリアライトを全姉に持つエリスライトが注目の新馬戦を驚愕の内容で勝利。直線外から一気に後続を突き放すと最後は後ろを振り返る余裕でゴールイン。戦前の予想では叩いてからというイメージだったが、いきなりエンジン全開の1戦。

1,633

蛯名騎手『さすがの血統だね』

2017年12月03日 2歳新馬 芝2000m 中山競馬場

1着:エリスライト 牝2 (蛯名正義)
2着:モンヴァントゥ 牡2 (V.シュミノー)
3着:ピンクダイキリ 牝2 (三浦皇成)

レースタイム:2:03.7(良)
レース上がり3ハロン:34.7
勝ち馬上がり3ハロン:34.1
スタートは一息も、慌てず後方から追走したエリスライト。道中はスローペースで予想通り最後のキレ味勝負となったが、4コーナーで馬なりのまま一気に前へ取り付いたエリスライトがそのまま楽に後続を突き放す圧巻の走り。ゴール前では蛯名騎手が左右を確認するなど、終始余裕のレースぶりで大物感を覗かせた。レース後、『まだフワッとした部分はあるけど、それでも結果を出すのはさすがだね』と手放しで褒めていた。

本格化は姉同様に古馬になってから?

小柄な馬体も品の良さは確かなエリスライト

小柄な馬体も品の良さは確かなエリスライト

via google imghp
姉マリアライトもデビュー戦は420kgとかなり小さい馬格で、そこからゆっくりと使いながら育てて行く形を取った陣営。それが実って古馬になってからエリザベス女王杯と宝塚記念を勝利する訳だが、エリスライトに関しても例には漏れない。キャロットファームの公式でも、主戦予定の蛯名正義騎手から『ゆっくりと競馬を教えて行くので、出資者の皆さんも温かい目で見守って欲しい』とのコメントが発表されていた。正直、クラシック戦線に乗るのは難しい産駒かもしれない。

エリスライト

エリスライト(クリソプレーズ2015)

エリスライト(クリソプレーズ2015)

牝馬

父馬:ディープインパクト
母馬:クリソプレーズ
母父:エルコンドルパサー
所属:久保田貴士厩舎(美浦)
生産:ノーザンファーム
馬主:キャロットファーム

通算成績:1戦1勝(1-0-0-0)
主な戦績:2歳新馬
via google imghp
綺麗なシルエットでいてコンパクトにまとまったボディライン。それとは相対する脚のスラッとした長さから察するに中距離以上で能力を発揮するタイプの1頭か。いわゆる馬体としては完成形ではないものの、立ち姿含めて全体的な雰囲気は走る馬のそれ。名繁殖牝馬クリソプレーズからまた新たに名馬誕生の予感だ。馬体重は不明。

血統背景

ディープインパクト サンデーサイレンス Halo Hail to Reason
Cosmah
Wishing Well Understanding
Mountain Flower
ウインドインハーヘアー Alzao Lyphard
Lady Rebecca
Burghclere Busted
Highclere
クリソプレーズ エルコンドルパサー Kingmambo Mr. Prospector
Miesque
サドラーズギャル Sadler's Wells
Glenveagh
キャサリーンパー Riverman Never Bend
River Lady
Regal Exception Ribot
Rajput Princess


兄弟馬

クリソライト

クリソライト

牡馬

父馬:ゴールドアリュール
母馬:クリソプレーズ
母父:エルコンドルパサー
所属:音無秀孝(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:キャロットファーム

通算成績:34戦9勝 (9-11-1-13)
主な勝鞍:コリアカップ、ジャパンダートダービー、日本テレビ盃、ダイオライト記念など
via google imghp
マリアライト

マリアライト

牝馬

父馬:ディープインパクト
母馬:クリソプレーズ
母父:エルコンドルパサー
所属:久保田貴士厩舎(美浦)
生産:ノーザンファーム
馬主:キャロットファーム

通算成績:17戦6勝(6-2-5-4)
主な勝鞍:宝塚記念、エリザベス女王杯など
via google imghp
リアファル

リアファル

牡馬

父馬:ゼンノロブロイ
母馬:クリソプレーズ
母父:エルコンドルパサー
所属:音無秀孝厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:キャロットファーム

通算成績:12戦4勝 (4-2-2-4)
主な戦績:神戸新聞杯など
via google imghp

近親馬

アロンダイト

アロンダイト

牡馬

父馬:エルコンドルパサー
母馬:キャサリーンパー
母父:Riverman
所属:石坂正厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:キャロットファーム

通算成績:16戦5勝(5-1-2-8)
主な勝鞍:ジャパンカップダートなど
via google imghp
ダンビュライト

ダンビュライト

牡馬

父馬:ルーラーシップ
母馬:タンザナイト
母父:サンデーサイレンス
所属:音無秀孝厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:サンデーレーシング

通算成績:7戦1勝(1-1-3-2)
主な戦績:弥生賞3着、皐月賞3着など
via google imghp

血統評価:3.7pt

母の全弟はエルコンドルパサーの数少ない成功馬で、同じくその姉である母は、母父エルコンドルパサーを成功させた優秀な母である。3/5結果をだしている現状、絶対の信頼はおけないが全姉マリアライト同様の活躍は期待出来る母である。

前評判

某POG特集本では、『容姿だけで言えば姉以上で、見栄えの良さを維持しながら成長している姿はまさに理想的。今はじっくりと基礎体力を強化している段階だが、ディープインパクト産駒らしいバネのある走りで切れ味鋭そうなタイプ。姉に続く活躍を期待したい』との事。クリソプレーズ産駒もほぼハズレ無し。これはクラシック戦線に乗って来るだろう。

馬名の意味

コバルト華(宝石名)

母名より連想。キャサリーンパー一族は基本的に宝石名からのネーミングが多い。エリスライトはマリアライトよりも響き良し。
25 件

関連する記事

ダノンプレミアムが朝日杯FSで1番人気想定、怪物の可能性も

ダノンプレミアムが朝日杯FSで1番人気想定、怪物の可能性も

前走のサウジアラビアロイヤルカップがとにかく圧巻のひと言だった。番手から競馬を進めて直線鋭く伸び、2着以下を子供扱いする走りで楽々と連勝を飾った。この1戦で覚醒すればとんでもない大物が見事に誕生するかもしれない。
 1,459
イシュトヴァーンが阪神の新馬戦に登場、母は重賞2勝馬

イシュトヴァーンが阪神の新馬戦に登場、母は重賞2勝馬

ジェンティルドンナの全姉で重賞2勝のドナウブルー初仔イシュトヴァーンが遂に阪神の芝1800m戦でデビュー。父ルーラーシップに母父ディープインパクトの配合は菊花賞を勝ったキセキと同配合。初戦からその走りに注目が集まる。
 755
マウレアが阪神JFで3着入線、桜花賞で姉超えを目指す

マウレアが阪神JFで3着入線、桜花賞で姉超えを目指す

2連勝中だったマウレアが暮れの大一番で鋭い追い込みで3着に入った。ディープインパクト産駒で如何にも綺麗なフォームから繰り出される脚は本物だろう。上手く行けば来年の牝馬戦線で中心的な存在となっているかもしれない素材だ。
 624
オブセッションがシクラメン賞を快勝、一気にダービー候補へ

オブセッションがシクラメン賞を快勝、一気にダービー候補へ

藤沢和雄厩舎が2年連続の栄光を手にするかもしれない。シクラメン賞でオブセッションが衝撃的な内容の勝利を飾り、一気に日本ダービーの有力候補へ浮上した。走破時計も古馬並だが、今後は一線級との戦いの中でより真価が問われる。
 4,316
ダークナイトムーンが未勝利を快勝、姉に続いて出世コースへ

ダークナイトムーンが未勝利を快勝、姉に続いて出世コースへ

新馬戦2着から臨んだダークナイトムーンが人気に応えて未勝利戦を白星で飾った。出遅れた前走から一転、スタートを決めて先行策を取り抜け出しての楽勝からまだまだ上のクラスで戦えそうな雰囲気。GⅠで好走した兄妹に続けるか。
 1,392

関連するタグ

著者

競馬ニュース.tv 編集部 競馬ニュース.tv 編集部