2017年11月9日 更新

超豪華メンバーのエリザベス女王杯、有力馬を徹底分析!!

今週末のエリザベス女王杯は豪華絢爛のメンバーが出揃った。ドバイターフを制したヴィブロスを筆頭に、ルージュバックやスマートレイアー、2冠牝馬のミッキークイーンに秋華賞馬ディアドラなど有力馬がズラリ。各馬を解剖して行く。

440

エリザベス女王杯2017の有力馬

ヴィブロス(想定1番人気)

ヴィブロス

ヴィブロス

牝馬

父馬:ディープインパクト
母馬:ハルーワスウィート
母父:Machiavellian
所属:友道康夫厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:佐々木主浩

通算成績:10戦4勝(4-3-0-3)
主な戦績:秋華賞、ドバイターフなど
via google imghp

買いと消しのポイント

前走の府中牝馬ステークスは直線で前が詰まる不利を受けながら最後はしっかりと伸びて2着に入線したヴィブロス。ドバイターフ以来となる長期休み明けにも関わらずかなり動けていた点を考えても、叩いた上積みがある今回は更にパフォーマンスを上げて来そうだ。京都競馬場は3戦2勝で得意とする舞台、唯一の不安点を挙げるとするならばこれまで1600~2000mまでしか経験が無く距離において未知数という所くらいか。が、昨年の秋華賞の走りを見れば200m延長で左右される様な感じも見受けられず、やはり最有力候補には変わりない。

スマートレイアー(想定2番人気)

スマートレイアー

スマートレイアー

牝馬

父馬:ディープインパクト
母馬:スノースタイル
母父:ホワイトマズル
所属:大久保龍志厩舎(栗東)
生産:岡田スタッド
馬主:大川徹

通算成績:27戦9勝(9-5-2-11)
主な戦績:京都大賞典など
via google imghp

買いと消しのポイント

京都大賞典はシュヴァルグランやサウンズオブアースなど牡馬の強豪相手に後方から直線だけでまとめて差し切ったスマートレイアー。キレ味なら現役最強クラスを誇り、且つ逃げてもOKな自在性が魅力の1頭だ。展開不問で馬場不問、騎手も京都を知り尽くした武豊騎手。ヴィブロスを負かす1番手を担うのはこの馬に違いないだろう。悲願のGⅠタイトルへ闘志を燃やす。もし飛ぶとすれば、後方から行って馬群を捌けなかった時か。

ルージュバック(想定3番人気)

ルージュバック

ルージュバック

牝馬

父馬:マンハッタンカフェ
母馬:ジンジャーパンチ
母父:Awesome Again
所属:大竹正博厩舎(美浦)
生産:ノーザンファーム
馬主:キャロットファーム

通算成績:16戦6勝 (6-2-0-8)
主な戦績:きさらぎ賞、エプソムカップ、毎日王冠、オールカマーなど
via google imghp

買いと消しのポイント

クラブの規定により今年で引退となるルージュバック。つまり、GⅠタイトルのラストチャンスと言っても過言ではないこのエリザベス女王杯に懸ける想いはどの陣営よりも強い筈だ。前走のオールカマーを始め、全6勝中5勝が1800&2200mという典型的な非根幹距離馬。直線の長い2200mは同馬にとって最適の舞台であり、今回は天才R.ムーア騎手を確保し勝負気配が濃厚な1戦となる。一方で展開や条件等に関係の無い凡走をするムラ駆けのタイプでもあり、不可解な敗戦を喫するシーンも考えておかなくてはなるまい。

ミッキークイーン(想定4番人気)

ミッキークイーン

ミッキークイーン

牝馬

父馬:ディープインパクト
母馬:ミュージカルウェイ
母父:Gold Away
所属:池江泰寿厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:野田みづき

通算成績:15戦5勝(5-5-2-3)
主な戦績:オークス、秋華賞など
via google imghp

買いと消しのポイント

実績だけならメンバーでもダントツのミッキークイーン。前走の宝塚記念も現役最強クラスの馬たちを相手に堂々の3着と地力の高さを示している。が、昨年のエリザベス女王杯でも見せた様に休み明けの走りがいまひとつの同馬。今回も2年連続でぶっつけ本番というローテーションがどうかだろう。特に一瞬のキレ勝負となりやすい同レースでは勝負どころのもたつきが明暗を分ける。どちらかと言えば良い脚を長く使うタイプなだけに、諸々の条件含めてやや割引材料の方が多く感じてしまう。

ディアドラ(想定5番人気)

ディアドラ

ディアドラ

牝馬

父馬:ハービンジャー
母馬:ライツェント
母父:スペシャルウィーク
所属:橋田満厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:森田藤治

通算成績:14戦5勝(5-3-2-4)
主な戦績:秋華賞など
via google imghp

買いと消しのポイント

秋華賞で見事GⅠ馬となったディアドラ。今年の牝馬クラシック3冠全てで最速の上がりを叩き出したキレ者でもあり、本来なら良馬場でこそパフォーマンスが上がるというもの。加えて、近2走の馬体重が共に12kg増で結果を出している辺り成長度合いが著しく、この勢いなら古馬相手でも十分に戦えるのではないだろうか。上位争いに食い込めない場合は、単純に能力が足りなかったか、スマートレイアーと同じく追い込みで進路が上手く確保出来なかった時の2パターンを想定。

モズカッチャン(想定6番人気)

モズカッチャン

モズカッチャン

牝馬

父馬:ハービンジャー
母馬:サイトディーラー
母父:キングカメハメハ
所属:鮫島一歩厩舎(栗東)
生産:目黒牧場
馬主:キャピタルシステム

通算成績:8戦3勝 (3-1-2-2)
主な戦績:フローラステークスなど
via google imghp

買いと消しのポイント

秋華賞は4コーナーで動いて行き、直線入り口で早くも先頭に立つ積極的な競馬を見せたモズカッチャン。元々が能力の高い馬であり、負けはしたものの僅差の3着と一応の地力を示した内容だった。上手く展開がハマれば抜け出して粘り切れる可能性も高くまだまだ見限れない1頭だろう。M.デムーロ騎手が前年度覇者のクイーンズリングを捨てて同馬に継続騎乗する辺りが非常に不気味である。但し、世代の絶対的な能力差で通用しないというケースも一考。

リスグラシュー(想定7番人気)

リスグラシュー

リスグラシュー

牝馬

父馬:ハーツクライ
母馬:リリサイド
母父:American Post
所属:矢作芳人厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:キャロットファーム

通算成績:9戦3勝(2-4-2-1)
主な戦績:アルテミスステークスなど
via google imghp

買いと消しのポイント

不利のあったオークス以外、クラシック戦線含めて全走で馬券圏内に入っているリスグラシュー。馬場や展開、条件などに左右されず常に相手なりの走りをするという意味では、3歳馬の中で最も古馬と互角に渡り合える可能性が高い。血統的にも距離は延びて更に良く、後は全ての歯車がガッチリと噛み合った時に最上位に来る事が出来る。とは言え、今回は主戦の武豊騎手がスマートレイアーに乗る為、勝負弱い福永祐一騎手に乗り替わりという点が如何にもなマイナス材料。その不安を払拭する走りを見せられるのだろうか。

クイーンズリング(想定8番人気)

クイーンズリング

クイーンズリング

牝馬

父馬:マンハッタンカフェ
母馬:アクアリング
母父:Anabaa
所属:吉村圭司厩舎(栗東)
生産:社台コーポレーション白老ファーム
馬主:吉田千津

通算成績:16戦6勝 (6-2-1-8)
主な戦績:府中牝馬ステークス、エリザベス女王杯など
via google imghp

買いと消しのポイント

ディフェンディングチャンピオンのクイーンズリング。しかし、今年は3戦して一度も3着以内に入っておらず調子としては下降の一途を辿っている。そして昨年よりもメンバーが集まった1戦において、好走する余地はほぼ無いと言っても良いだろう。実際、ずっと乗り続けて来たM.デムーロ騎手が他馬に乗り換えた様に見限るには絶好のタイミング。C.デムーロが乗った所で能力の衰えには勝てないのが本音のところだ。

その他の出走メンバーは??

続く9番人気以下にクロコスミア、ジュールポレール、マキシマムドパリと続いている。これらの馬はお客さん状態なので正直上記8頭でほぼほぼ決まりの様な気がするのは気のせいだろうか。恐らく、今回の1番のポイントは3歳世代をどうするかに尽きると言って良い。一応の目安として現3歳女王ソウルスターリングが毎日王冠、天皇賞秋と古馬相手に惨敗しているが…この結果を受けて判断をして行かなくてはなるまい。
35 件

関連する記事

エリザベス女王杯 2017 結果 動画

エリザベス女王杯 2017 結果 動画

12日に行われたエリザベス女王杯は3歳馬モズカッチャンがデムーロ騎手のエスコートに導かれてGⅠ初制覇。クビ差の2着にクロコスミア、3着はミッキークイーンが入線。ヴィブロス、ルージュバックなどの人気勢はあえなく敗退。
 946
2017年ヴィクトリアマイルの出馬表&予想

2017年ヴィクトリアマイルの出馬表&予想

古馬による最速最強の牝馬決定戦、ヴィクトリアマイル(GⅠ、4歳上、芝1600m)。今年はGⅠ3勝目を狙うミッキークイーンや同世代のルージュバックにクイーンズリング、レッツゴードンキなどが出走予定。発走は15時40分。
 968
2017年ヴィクトリアマイル出走有力馬の重馬場適性【稍重~不良】

2017年ヴィクトリアマイル出走有力馬の重馬場適性【稍重~不良】

関東の週末は土曜日曜と雨マーク。つまり、ヴィクトリアマイルの重馬場開催が濃厚です。と言う訳で、出走予定の有力各馬に馬場適性があるかどうかを1頭ずつチェックして行きましょう。但し、あくまでも推測の域を脱しませんw
 6,733
エリザベス女王杯の過去結果動画と歴代勝ち馬

エリザベス女王杯の過去結果動画と歴代勝ち馬

現役の牝馬最強決定戦、エリザベス女王杯。過去18年分の同レース結果内容と合わせて、馬券購入の参考にどうぞ。タイムや上がりの時計、その他データ傾向などを掴んで万馬券を的中させよう!!
 691
2017年オークス(優駿牝馬)の出馬表&予想

2017年オークス(優駿牝馬)の出馬表&予想

牝馬のクラシック第二冠、オークス(GⅠ、3歳、芝2400m)。今年は桜花賞でまさかの敗退を喫したソウルスターリングに実績馬リスグラシューやアドマイヤミヤビ、桜花賞を制したレーヌミノルなどが出走予定。発走は15時40分。
 14,804

関連するタグ

著者

競馬ニュース.tv 編集部 競馬ニュース.tv 編集部