2017年8月1日 更新

エストスペリオル(メイキアシー2015)のPOG情報

エストスペリオルをPOG指名の目線で徹底分析◎馬体診断、血統背景評価、デビュー前評判、馬名の由来、編集部の短評まで。気になる要素を完全網羅した必見の記事!?2017-2018のPOG馬指名の参考情報としてお役立て下さい!!

421

馬体診断

エストスペリオル(メイキアシー2015)

エストスペリオル(メイキアシー2015)

牡馬

父馬:ディープインパクト
母馬:メイキアシー
母父:Sadler's Wells
所属:堀宣行厩舎(美浦)
生産:社台ファーム
馬主:社台レースホース
via google imghp
残念ながら馬体は平凡。良し悪しの部分も見つけられない程度の雰囲気で、見た目では走らなさそうなイメージしか湧かない。“ディープインパクト×Sadler's Wells”と言えば逆に風格のある馬が多い筈だが、母メイキアシーの繁殖力自体疑ってしかるべき。ブラヴィッシモ以降まともに走っていないので、本馬が走らなければ厳しくなってくるだろう。

血統背景

ディープインパクト サンデーサイレンス Halo Hail to Reason
Cosmah
Wishing Well Understanding
Mountain Flower
ウインドインハーヘアー Alzao Lyphard
Lady Rebecca
Burghclere Busted
Highclere
メイキアシー Sadler's Wells Northern Dancer Nearctic
Natalma
Fairy Bridge Bold Reason
Special
Gwynn Darshaan Shirley Heights
Delsy
Victoress Conquistador Cielo
Royal Statute


兄弟馬

ブラヴィッシモ

ブラヴィッシモ

牡馬

父馬:Fastnet Rock
母馬:メイキアシー
母父:Sadler's Wells
所属:須貝尚介厩舎(栗東)
生産:社台ファーム
馬主:金子真人ホールディングス

通算成績:30戦5勝 (5-5-3-17)
主な戦績:仲秋ステークスなど
via google imghp

近親馬

Pour Moi

Pour Moi

牡馬

父馬:Montjeu
母馬:Gwynn
母父:Darshaan
所属:Andre Fabre厩舎(仏)
生産:Lynch Bages Ltd.(愛)
馬主:Mrs.John Magnier, M.Tabor & D.Smith

通算成績:5戦3勝(3-0-1-1)
主な戦績:エプソムダービーなど
via google imghp

血統評価:2.0pt

母の弟に英ダービー馬がおり、産駒もブラヴィッシモがいるので可能性は感じるがファミリーとしての日本実績としてはそれ以外に強調材料がない。少し遠い一族には、ラムタラやヘクタープロテクターなどがおり血統構成も悪くないのでSS系の種牡馬を使えるし可能性は十分あるので期待できなくはない。

前評判

社台レースホース代表の吉田哲哉氏があるPOG企画の取材に対し、『ディープインパクト産駒で馬体もコンパクトに出たし、走る気に満ち溢れている前身気鋭の良い馬ですね。性格の幼さがネックですが、気が立っている分早めに使っていけると思います』との評価をもらっていた。実際のデビューは秋口になりそうだ。

馬名の意味

優れている(フランス語)

社台レースホースらしいネーミング感。ようやくソウルスターリングあたりから良い流れが来ている同クラブだが、馬名はいつも及第点。

編集部の評価

持込のブラヴィッシモが活躍しており、ダービー一族でもあるのでディープインパクト産駒で一度結果がでるかは注目だろう。ここで結果でなければという意味で注目は注目である。(大川)
この配合は意外にもタッチングスピーチ以外でまともな活躍馬がいない。サドラーズウェルズが日本競馬に対応できないのは周知の事実だが、母父としても余り良い成績を出せず終い。今回も血統の見た目だけで期待してしまって肩透かしを食らうパターンなのではないだろうか。(田中)
19 件

関連する記事

ダークナイトムーンが田辺騎手を背に東京芝2000mで初陣

ダークナイトムーンが田辺騎手を背に東京芝2000mで初陣

兄にサダムパテック、全姉にヴィクトリアマイル3着のジュールポレールがいる血統馬ダークナイトムーン。兄弟よりも距離適性に幅がありそうで先ずは中距離の新馬戦でデビューを迎える。ディープインパクト産駒からまた新星の登場か。
 759
藤沢厩舎のエース候補、オブセッションが東京の新馬戦に登場

藤沢厩舎のエース候補、オブセッションが東京の新馬戦に登場

今年のクラシックを席巻した藤沢厩舎から新たな有力馬がお目見え。シルクレーシングの中で特に評価が高いオブセッション。姉にパーシーズベストがいる血統で鞍上はレイデオロやソウルスターリングと同じくルメール騎手がスタンバイ。
 1,114
フォックスクリークが新馬戦を勝利、一族の名に恥じぬレース

フォックスクリークが新馬戦を勝利、一族の名に恥じぬレース

金子真人氏期待の新馬フォックスクリークがデビュー戦を白星で飾った。道中先行から早め抜け出し、迫る後続をきっちりと抑えてまるでお手本の様なレースを披露。新馬戦から完成度の高さを見せ付け、クラシック戦線に名乗りを上げた。
 2,404
オハナが牝馬限定の新馬戦を快勝、兄弟で全頭新馬勝ち達成

オハナが牝馬限定の新馬戦を快勝、兄弟で全頭新馬勝ち達成

ノースフライトの孫でディープインパクト産駒のオハナが新馬戦を差し切り勝ち。これで母ハウオリ産駒は初仔のキロハナから合わせて全3頭がデビュー戦を勝利するという離れ業をやってのけた。伸びシロもありそうで今後の活躍に期待。
 711
友道厩舎期待のピボットポイントが京都新馬戦で堂々デビュー

友道厩舎期待のピボットポイントが京都新馬戦で堂々デビュー

クラシックの常連である友道厩舎の中でも最も注目度の高いピボットポイント。兄弟にワールドインパクト、トリコロールブルーといずれも素質の高い産駒がいる血統で、同馬も類に漏れず上々の動きを見せ初戦からかなりの期待が出来る。
 1,581

関連するタグ

著者

競馬ニュース.tv 編集部 競馬ニュース.tv 編集部