2017年8月21日 更新

ウォータービルドが久々の競馬も後方からゴボウ抜きで2連勝

ディープインパクト産駒の素質馬ウォータービルドが、昨年のデビュー戦以来となる9ヶ月ぶりの実戦で驚異的なパフォーマンスを披露。道中最後方から直線で全馬をかわしきる競馬を見せて無傷の2連勝を飾った。今後が楽しみな1頭。

996

大外を豪快に突き抜けて快勝

2017年08月19日 英彦山特別 芝2000m 小倉競馬場

1着:ウォータービルド 牡3 (武豊)
2着:サウンドパラダイス 牝4 (和田竜二)
3着:タガノシャルドネ 牡3 (酒井学)

レースタイム:1:59.8(良)
レース上がり3ハロン:36.9
勝ち馬上がり3ハロン:35.9
久々の影響か、スタートしてすぐに外へ寄れ大幅なロスを自ら被るウォータービルド。道中は最後方からポツンと追走する形となるが、4コーナーでは抑えきれない手応えで馬群の直後まで上がって行く。直線に入って大外へ持ち出すとその勢いままにほぼ馬なりの状態で先頭へ立つ異次元の競馬。更に外からサウンドパラダイスが迫って来るとようやく追われて楽々とゴールイン。9ヶ月ぶりのレースでこの内容は相当な力差が無いと出来ない芸当だろう。能力は少なくとも1600万クラス以上か。

ウォータービルド

ウォータービルド(ウォーターエナン2014)

ウォータービルド(ウォーターエナン2014)

牡馬

父馬:ディープインパクト
母馬:ウォーターエナン
母父:ボストンハーバー
所属:岡田稲男厩舎(栗東)
生産:伏木田牧場
馬主:山岡良一

通算成績:2戦2勝(2-0-0-0)
主な戦績:英彦山特別など
via google imghp
個人馬主の自家生産的扱いの1頭で確たる画像は無し。が、母の全兄にあの世界的名馬フォーティナイナーがいるとんでもない血統馬だ。何故早めにディープインパクトなどのS級を付けなかったのか??というくらいに日本でも希少な超一流の一族である。故、ブルードメアサイアーとしても実績のあるボストンハーバーの肌にディープインパクトを配合すれば普通に考えて走る産駒が出るのは当たり前。どこまでの伸びシロがあるかに期待したい。

血統背景

ディープインパクト サンデーサイレンス Halo Hail to Reason
Cosmah
Wishing Well Understanding
Mountain Flower
ウインドインハーヘアー Alzao Lyphard
Lady Rebecca
Burghclere Busted
Highclere
ウォーターエナン ボストンハーバー Capote Seattle Slew
Too Bald
Harbor Springs Vice Regent
Tinnitus
Scrape Mr. Prospector Raise a Native
Gold Digger
File Tom Rolfe
ConTinue


兄弟馬

ウォータールルド

ウォータールルド

牡馬

父馬:ウォーターリーグ
母馬:ウォーターエナン
母父:ボストンハーバー
所属:岡田稲男厩舎(栗東)
生産:伏木田牧場
馬主:山岡良一

通算成績:36戦6勝 (6-7-5-18)
主な戦績:英彦山特別など

近親馬

フォーティナイナー 

フォーティナイナー 

牡馬

父馬:Mr.Prospector
母馬:File
母父:Tom Rolfe
所属:Woodford Cefis Stephens厩舎(米)
生産:Claiborne Farm(米)
馬主:Claiborne Farm

通算成績:19戦11勝 (11-5-0-3)
主な戦績:フューチュリティステークス、シャンペンステークス、トラヴァーズステークスなど
via google imghp

血統評価:2.2pt

近親にフォーティーナイナーがいるもののファミリーの日本実績はなく、母父ボストンハーバーも実績が少ないので血統構成や血統背景からの強調材料はない。

前評判

前評判ではないが、前走の新馬戦後に騎乗した武豊騎手が『ディープ産駒らしい馬体で、凄くキレイなフォームをしますね。お母さんは良い子供を産むし、上はダート馬だったけどウォータービルドはは芝でこその馬。距離もまだ長い方が良さそう。体も全然ゆるい感じなので今後の成長が楽しみです』と絶賛していた。本格化すれば面白い1頭だ。

馬名の意味

冠名+大きなものを作る

大きなもの=ビッグタイトルの事をイメージしての命名だろう。兄ウォータールルドが走った事から、縁起も担いでいる様だ。
19 件

関連する記事

マウレアが赤松賞で好メンバー相手にV、桜花賞候補へ名乗り

マウレアが赤松賞で好メンバー相手にV、桜花賞候補へ名乗り

新馬戦に続き昇級初戦の赤松賞をマウレアが差し切り勝ち。直線馬群の狭い所を割って突き抜ける勝負根性を見せ、見事強敵達を蹴散らしての勝利で連勝を飾った。姉アユサンと姉妹制覇を目指すべく、春の仁川を目指して駒を進めて行く。
 333
ワグネリアンが東スポ杯2歳Sを最速の脚で差し切り重賞制覇

ワグネリアンが東スポ杯2歳Sを最速の脚で差し切り重賞制覇

圧倒的人気のワグネリアンが、道中後方から4コーナーで進出。直線外に出すと抜群の反応で先頭に立ち、坂を駆け上がってからはターフビジョンを確認しながら追う余裕の競馬だった。これでクラシック最有力候補が確定、次は弥生賞だ。
 6,533
フランツが新馬戦を快勝、大外から楽に差し切り大物の片鱗

フランツが新馬戦を快勝、大外から楽に差し切り大物の片鱗

良血フランツがその血統に恥じない走りを見せ、新馬戦を衝撃的な勝利で飾った。道中は最後方追走、4コーナーで大外を膨らみながら安全なコースに進路を取ると最後は鞍上に軽く追われてサッとかわす調教の様な競馬。素質は一級品だ。
 1,196
レッドベルローズが豪脚一閃で強豪を差し切り、デビュー戦V

レッドベルローズが豪脚一閃で強豪を差し切り、デビュー戦V

ディープインパクト産駒の牝馬レッドベルローズが父譲りの末脚を武器に新馬戦を快勝。道中後方追走から直線大外を豪快に突き抜け、先に抜け出したエルディアマンテとの叩き合いを制して価値ある勝利を手にした。牝馬戦線の有力馬だ。
 870
レッドサクヤが赤松賞に登場、連勝でいざ2歳チャンピオンへ

レッドサクヤが赤松賞に登場、連勝でいざ2歳チャンピオンへ

新馬戦を完勝したレッドサクヤが東京500万下、赤松賞に出走。前走は不良馬場ながらしっかりとした脚取りで抜け出す内容、良馬場で更にパフォーマンスは上がると見てここを勝利すれば年末の阪神JFへ弾みが付く。鞍上は浜中騎手。
 188

関連するタグ

著者

競馬ニュース.tv 編集部 競馬ニュース.tv 編集部