2017年8月8日 更新

ウェストブルック(ターフローズ2015)のPOG情報

ウェストブルックをPOG指名の目線で徹底分析◎馬体診断、血統背景評価、デビュー前評判、馬名の意味、編集部の短評まで。気になる要素を完全網羅した必見の記事!?2017-2018のPOG馬指名の参考情報としてお役立て下さい!!

624

馬体診断

ウェストブルック(ターフローズ2015)

ウェストブルック(ターフローズ2015)

牡馬

父馬:ディープインパクト
母馬:ターフローズ
母父:Big Shuffle
所属:藤沢和雄厩舎(美浦)
生産:社台ファーム
馬主:社台レースホース
via google imghp
復権の兆しが見えつつある社台レースホースから、2015年産駒で最も期待度の高い1頭がこのターフローズ2015。半兄にスプリングステークスなどを制したロサギガンティア(父:フジキセキ)がいる血統で、本馬は父がディープインパクトに変わってよりクラシックに直結する配合となっている。馬体のバランス、立ち姿の品や顔つきなどはまさに一線級のそれだろう。藤沢和雄厩舎に2年連続でタイトルを狙える逸材が入厩予定だ。馬体重は不明。

血統背景

ディープインパクト サンデーサイレンス Halo Hail to Reason
Cosmah
Wishing Well Understanding
Mountain Flower
ウインドインハーヘアー Alzao Lyphard
Lady Rebecca
Burghclere Busted
Highclere
ターフローズ Big Shuffle Super Concorde Bold Reasoning
Prime Abord
Raise Your Skirts Elevation
Strings Attached
Turfquelle シャーディー Danzig
Unfurled
Thekla Prince Ippi
Tania


兄弟馬

ロサギガンティア

ロサギガンティア

牡馬

父馬:フジキセキ
母馬:ターフローズ
母父:Big Shuffle
所属:藤沢和雄厩舎(美浦)
生産:社台ファーム
馬主:社台レースホース

通算成績:24戦5勝(5-2-2-15)
主な戦績:スプリングステークス、阪神カップなど
via google imghp

近親馬

特になし

血統評価:3.3pt

母は海外のGⅠ馬で半兄は重賞馬でデビュー馬は全馬2勝以上で安定しているが、ファミリーとなると日本実績はなさそう。当馬は、父がディープインパクトに代わりデビュー済の兄たちより更に期待出来ると言えるか。

前評判

『馬体をはじめ、品の良さに普段の所作からどこを取ってもかなりの大物感を抱かせる1頭です。ひと言で表すと“こういう馬が上に行くんだろうな”という雰囲気がありますね。稽古でもスピード感と走り自体の迫力が素晴らしく、全てが高いレベルを兼ね備えています』と、関係者も絶賛の嵐。某POG特集本でも巻頭カラーで2Pに渡って独占取材されているだけに自ずと期待は高まるばかりだ。

馬名の意味

オランダにある、バラの国際コンクールが開かれる公園名

母名より連想。狙うは勿論、来春のクラシックという大舞台での金賞受賞だ。

編集部の評価

デビューした兄弟がある程度走っているので父がディープインパクトになってさらに期待出来るとはおもうのでおすすめだが個人的には興味ないって感じかな。馬体が物足りない印象。(大川)
初仔がフジキセキで重賞2勝馬、2番仔がダイワメジャーで2勝馬と今のところハズレは出していないターフローズ。さすがにドイツのGⅠ馬という所に、満を持して付けられたディープインパクト産駒がウェストブルックだ。距離適性もクラシック寄りになる事からもデビュー時期さえ間違わなければ必然的にクラシックの有力候補に名を連ねて来る筈。指名候補に挙げておきたい。(田中)
19 件

関連する記事

マウレアが赤松賞で好メンバー相手にV、桜花賞候補へ名乗り

マウレアが赤松賞で好メンバー相手にV、桜花賞候補へ名乗り

新馬戦に続き昇級初戦の赤松賞をマウレアが差し切り勝ち。直線馬群の狭い所を割って突き抜ける勝負根性を見せ、見事強敵達を蹴散らしての勝利で連勝を飾った。姉アユサンと姉妹制覇を目指すべく、春の仁川を目指して駒を進めて行く。
 268
ワグネリアンが東スポ杯2歳Sを最速の脚で差し切り重賞制覇

ワグネリアンが東スポ杯2歳Sを最速の脚で差し切り重賞制覇

圧倒的人気のワグネリアンが、道中後方から4コーナーで進出。直線外に出すと抜群の反応で先頭に立ち、坂を駆け上がってからはターフビジョンを確認しながら追う余裕の競馬だった。これでクラシック最有力候補が確定、次は弥生賞だ。
 6,246
フランツが新馬戦を快勝、大外から楽に差し切り大物の片鱗

フランツが新馬戦を快勝、大外から楽に差し切り大物の片鱗

良血フランツがその血統に恥じない走りを見せ、新馬戦を衝撃的な勝利で飾った。道中は最後方追走、4コーナーで大外を膨らみながら安全なコースに進路を取ると最後は鞍上に軽く追われてサッとかわす調教の様な競馬。素質は一級品だ。
 1,091
レッドベルローズが豪脚一閃で強豪を差し切り、デビュー戦V

レッドベルローズが豪脚一閃で強豪を差し切り、デビュー戦V

ディープインパクト産駒の牝馬レッドベルローズが父譲りの末脚を武器に新馬戦を快勝。道中後方追走から直線大外を豪快に突き抜け、先に抜け出したエルディアマンテとの叩き合いを制して価値ある勝利を手にした。牝馬戦線の有力馬だ。
 739
レッドサクヤが赤松賞に登場、連勝でいざ2歳チャンピオンへ

レッドサクヤが赤松賞に登場、連勝でいざ2歳チャンピオンへ

新馬戦を完勝したレッドサクヤが東京500万下、赤松賞に出走。前走は不良馬場ながらしっかりとした脚取りで抜け出す内容、良馬場で更にパフォーマンスは上がると見てここを勝利すれば年末の阪神JFへ弾みが付く。鞍上は浜中騎手。
 183

関連するタグ

著者

競馬ニュース.tv 編集部 競馬ニュース.tv 編集部