2017年8月26日 更新

ウインスラーヴァが新潟の新馬戦に登場、兄は札幌2歳S馬

2016年札幌2歳ステークス覇者トラストを全兄に持つウインスラーヴァが土曜新潟の新馬戦にスタンバイ。ウインで募集された中でも人気の1頭で注目の的だろう。シグナライズやエントシャイデンなどの強敵が揃った1戦となる。

235

小柄ながらも迫力のある馬体

トレセン内でも落ち着いて稽古に励むウインスラーヴァ

トレセン内でも落ち着いて稽古に励むウインスラーヴァ

via google imghp
兄とは毛色も馬体の雰囲気も違って落ち着いたイメージのウインスラーヴァ。実際に、調教でも気が勝つというよりはマイペースで走っている印象を受け、関係者も『恐らくひと叩きしてから』という様なコメントをしている。それでも、稽古の動き自体は及第点でこの状態から初戦で好走する様なら非常に見通しは明るいものとなって来るだろう。強そうな相手が2頭程いるが、兄のメンツもかけていきなり好勝負を期待したい。鞍上は津村明秀騎手。

ウインスラーヴァ

ウインスラーヴァ(グローリサンディ2015)

ウインスラーヴァ(グローリサンディ2015)

牡馬

父馬:ウインスラーヴァ
母馬:グローリサンディ
母父:エイシンサンディ
所属:上原博之厩舎(美浦)
生産:中本牧場
馬主:ウイン
via google imghp
2017年のクラシック戦線を賑わせたトラストの全弟ウインスラーヴァ。その兄はあのマイネル軍団の岡田総帥に『この馬で英ダービーを獲りに行く』と言わしめた程の逸材だった。結果、夢は夢で終わってしまったが現実的に札幌2歳ステークスを快勝している。当然、全兄弟だけに同様の期待をかけても問題ないだろう。馬体重は春の取材時点で436kg。

血統背景

スクリーンヒーロー グラスワンダー Silver Hawk Roberto
Gris Vitesse
Ameriflora Danzig
Graceful Touch
ランニングヒロイン サンデーサイレンス Halo
Wishing Well
ダイナアクトレス ノーザンテースト
モデルスポート
グローリサンディ エイシンサンディ サンデーサイレンス Halo
Wishing Well
エイシンウイザード ノーザリー
モデルスポート
ダイヤターン メジロティターン メジロアサマ
シエリル
キヨウシンタマヨリ ハギノカムイオー
ハグロタマヨリ


兄弟馬

トラスト

トラスト

牡馬

父馬:スクリーンヒーロー
母馬:グローリサンディ
母父:エイシンサンディ
所属:中村均厩舎(栗東)
生産:中本牧場
馬主:岡田繁幸

通算成績:11戦3勝 (3-1-0-7)
主な戦績:札幌2歳ステークスなど
via google imghp

近親馬

特になし

血統評価:2.3pt

ファミリーに活躍馬はいないがウインオスカーとトラストと全兄弟はある程度走っているので勝ち上がりは期待してもいいだろう。

前評判

『前は全体的に小柄だったんですが、骨太な作りに身が付いて来た様でようやく馬格が出て来ましたね。伴って走りにも良い意味で重厚感がありますよ。ただ、短距離適性は無さそうで初戦からしっかり動ける様に調整して行きたいです』との事。兄よりも少しコンパクトにまとまった分、素軽さよりもパワー型に出たのだろう。

馬名の意味

冠名+栄光、名誉(ロシア語)

ウインの冠名は、良くも悪くも何を付けようがそれなりの馬名に聞こえてしまうというイメージがまとわり付く。要は本馬自体が走るか走らないで聞こえは変わって来るのだろう。

まとめ

スクリーンヒーロー産駒はコンスタントに良い産駒を出すイメージで、この母系から重賞馬を輩出するのは立派のひと言。トラストが突然変異では無く単純にスクリーンヒーロー自体の繁殖能力の高さだろう。つまり、ウインスラーヴァもそれなりに走って来ると見て良い筈。指名はしないが、一応注目の産駒である。
21 件

関連する記事

ジェネラーレウーノがダービーで逃げ?田辺騎手の一発もある

ジェネラーレウーノがダービーで逃げ?田辺騎手の一発もある

ハイペースの皐月賞を唯一先行して粘り込んだジェネラーレウーノ。ある意味で最も強い競馬だったのは同馬ではないだろうか。血統からも距離延長は大歓迎、父がジャパンカップを制した同舞台で前走と同じくあっと言わせる走りに期待。
 5,662
ルーカスがスプリングSでリベンジ、皐月賞の権利取りに意欲

ルーカスがスプリングSでリベンジ、皐月賞の権利取りに意欲

前走のホープフルSでは見せ場無く6着に敗退したルーカス。但し、中間のアクシデントで一時は回避を発表した程で調整過程はやはり上手く行かなかった様だ。今回じっくりと稽古を重ねて馬も心身共に充実、兄よりも早く開花するか。
 4,295
レーヴドカナロア(レーヴドスカー2016)のPOG情報

レーヴドカナロア(レーヴドスカー2016)のPOG情報

レーヴドカナロアをPOG指名の目線で徹底分析◎馬体診断、血統背景評価、デビュー前評判、馬名の意味まで。気になる要素を完全網羅した必見の記事!?2018-2019のPOG馬指名の参考情報としてお役立て下さい!!
 157
ブレステイキングが500万下を完勝、秋の戴冠へ先ずは2勝目

ブレステイキングが500万下を完勝、秋の戴冠へ先ずは2勝目

古馬との初対戦となった500万下を危なげのない走りで快勝したブレステイキング。デムーロも『ダービーに出れる器』と豪語していたが、同馬の成長が間に合わず大舞台は秋以降にお預けとなった。しかし、ここから快進撃が始まる。
 2,550
ハイランドピークが灘Sを快勝、改めて地力の高さを見せ付ける

ハイランドピークが灘Sを快勝、改めて地力の高さを見せ付ける

圧倒的1番人気となったハイランドピークが降級戦の灘ステークスをあっさりと勝ち上がりオープンに復帰。スタートで上手く出ると先行集団の一角として追走、直線では鮮やかに抜け出し最後まで危なげのない走りで貫禄の勝利となった。
 374

関連するタグ

著者

競馬ニュース.tv 編集部 競馬ニュース.tv 編集部