2017年11月10日 更新

ウィキッドアイズが東京の新馬戦でデビュー、兄に重賞馬

半兄にホープフルSを制したハートレーがいるウィキッドアイズが初戦を迎える。先に重賞を制しているロックディスタウンとラッキーライラックに続いてオルフェ3頭目となる牝馬の有力候補へ名乗りを上げたい。鞍上はシュミノー騎手。

1,076

叩き良化型タイプの雰囲気

脚長のスタイルで長距離適性が高そうなウィキッドアイズ

脚長のスタイルで長距離適性が高そうなウィキッドアイズ

via google imghp
芦毛馬は動きがゆったりとしていて比較的持続性の高い脚を使うタイプが多い。完全なイメージではあるが、それにピタリとあてはまるウィキッドアイズ。追い切りでもジワジワと脚を伸ばす走りをしていて、得てしてその手の馬は叩いて徐々にパフォーマンスを上げて行くタイプが多い。とは言え、水準以上の動きを見せており初戦から期待しても良いのだが、今後更に素軽くなって行くだろう。兄とはまた違った雰囲気の1頭だ。日曜東京5Rの新馬に要注目。

ウィキッドアイズ

ウィキッドアイズ(ウィキッドリーパーフェクト2015)

ウィキッドアイズ(ウィキッドリーパーフェクト2015)

牝馬

父馬:オルフェーヴル
母馬:ウィキッドリーパーフェクト
母父:Congrats
所属:手塚貴久厩舎(美浦)
生産:ノーザンファーム
馬主:サンデーレーシング
via google imghp
芦毛ながら非常にスッキリとした馬体で顔つきも精悍。脚の長いスラッとした体型はまさに長距離仕様といった所だ。立ち姿からも若干の硬さが感じられるが、それも今後の成長で解消して行く部分だろう。基本的に評判の良いオルフェーヴル産駒の中でも特に周囲の期待の声が大きい1頭だ。馬体重は優に500kgを超えている。

血統背景

オルフェーヴル ステイゴールド サンデーサイレンス Halo
Wishing Well
ゴールデンサッシュ ディクタス
ダイナサッシュ
オリエンタルアート メジロマックイーン メジロティターン
メジロオーロラ
エレクトロアート ノーザンテースト
グランマスティーヴンス
ウィキッドリーパーフェクト Congrats A.P.Indy Seattle Slew
Weekend Surprise
Praise Mr.Prospector
Wild Applause
Wickedly Wise Tactical Cat Storm Cat
Terre Haute
Winter Display Cold Reception
Show Off


兄弟馬

ハートレー

ハートレー

牡馬

父馬:ディープインパクト
母馬:ウィキッドリーパーフェクト
母父:Cograts
所属:手塚貴久厩舎(美浦)
生産:ノーザンファーム
馬主:サンデーレーシング

通算成績:3戦2勝(2-0-0-1)
主な戦績:ホープフルステークスなど
via google imghp

近親馬

特になし

血統評価:1.0pt

近親に日本活躍馬はいないが母はGⅠ馬で産駒も重賞馬を出しているので十分可能性を感じる条件ではあるが血統背景としては強調材料はそれ以外ない。

前評判

『何と言っても大物感がありますね。品のある顔と馬体は兄ハートレーと比較しても負けていないです。持っている素質は間違いなく一級品だと思いますよ』とは管理する手塚貴久調教師のコメント。早期デビューを目指して調整中だ。

馬名の意味

いたずらっぽい目

母名より連想。いたずら好きはかわいいが、過度なやんちゃっぷりだけは控えて欲しい。

編集部の評価

初年度のオルフェーヴルにGⅠ馬で重賞馬の産駒を出している母の組み合わせで期待できるし注目ではあるが兄弟の安定感が読めない現時点ではギャンブル性の強い選択になるので個人的には牝馬だし迷わず見送る。(大川)
母自体、GI馬で能力が高くハートレーが出た事は十分に頷ける。ただ、1頭だけで繁殖能力を確定する事は難しくせめて1つ上のバックドアルート(ステイゴールド産駒)の走りを見ておきたかった感は否めない。オルフェーヴル産駒の出来が良いとは言え、ここはギャンブル要素も高く見送っておいた方が良さげな産駒だ。走ればそれはそれで仕方ない。(田中)
22 件

関連する記事

ウィキッドリーパーフェクト2014(馬名:バックドアルート)を指名する!?

ウィキッドリーパーフェクト2014(馬名:バックドアルート)を指名する!?

「ウィキッドリーパーフェクト2014」をPOG指名の目線で徹底分析◎馬体診断、血統背景評価、デビュー前評判、馬名の由来、編集部の短評まで。気になる要素を完全網羅した必見の記事!?2016-2017のPOG馬指名の参考情報としてお役立て下さい!!
 1,025
ラッキーライラックがオークスで善戦も3着、完全に力負け

ラッキーライラックがオークスで善戦も3着、完全に力負け

オークスで逆転を期待されたラッキーライラックだったが、アーモンドアイどころかリリーノーブルにまで敗戦を喫しての3着。不利や展開によるものではなく、正攻法からの競馬による決着だけに言い訳の弁も無いだろう。完敗の1戦。
 3,377
デルニエオールがフィリーズRで3着、桜花賞への切符獲得

デルニエオールがフィリーズRで3着、桜花賞への切符獲得

正攻法の競馬で挑んだフィリーズレビューは最後で差し切られ3着に敗退。それでもアンヴァルとの権利争いをハナ差制して3着に入線、桜花賞へのチケットをかろうじて手に入れた。大舞台でこそ輝く血統だけに本番でも走りが楽しみだ。
 4,210
レーヴドリーブ、3歳未勝利を川田鞍上で3度目の正直なるか

レーヴドリーブ、3歳未勝利を川田鞍上で3度目の正直なるか

新馬戦で4着、続く未勝利戦では2着に入線と成長を続けるレーヴドリーブ。前走はなかなか見ごたえのある走りを見せ、さらに今回川田騎手に乗り替わりときた為、今回のレースは期待大。新たな相棒とのコンビネーションやいかに。
 1,990
シンハラージャが3歳未勝利戦に登場、負けられない一戦

シンハラージャが3歳未勝利戦に登場、負けられない一戦

シンハライトの弟として今年のオルフェーヴル産駒では一番注目度が高かったシンハラ―ジャ。しかし新馬戦は4着と微妙な結果に終わり、クラシック戦線に向けてここは是が非でも勝っておきたいところ。鞍上は荻野極騎手。
 4,289

関連するタグ

著者

競馬ニュース.tv 編集部 競馬ニュース.tv 編集部