2018年6月22日 更新

インヘリットデールが京橋特別で確勝級か、ここでは力が違う

降級初戦となった三木特別では同じく1600万クラスから降級のブラックスビーチに完敗したインヘリットデール。しかし、2戦目の今回は相手が全て1000万の現級馬ばかり。さすがにこれは取りこぼせないだろう。鞍上は川田騎手。

1,114

三木特別は前にしてやられた1戦

2018年06月02日 三木特別 芝1800m 阪神競馬場

1着:ブラックスビーチ 牝4 (福永祐一)
2着:インヘリットデール 牝4 (M.デムーロ)
3着:ロードスター 牡5 (藤岡佑介)

レースタイム:1:45.7(良)
レース上がり3ハロン:33.3
勝ち馬上がり3ハロン:33.3
スタートは五分に出るも、外から人気を分け合ったブラックスビーチがハナを主張。インヘリットデールは控えて中団からの追走となった。前半1000mがほぼ1分フラットと平均ペースで流れ直線コースへ。インヘリットデールも懸命に外から追い込みを見せるも、終始楽な手応えで進めたブラックスビーチが33秒3の上がりでまとめて鮮やかに逃げ切り勝ち。さすがに降級馬が前であっさりと主導権を握ったとなれば後ろからは太刀打ちするのも難しい。今回の京橋特別は積極的な競馬で勝ちをもぎ取って欲しいところだ。

2走前はミリッサと接戦

2018年02月11日 初音ステークス 芝1800m 東京競馬場

1着:ミリッサ 牝4 (横山典弘)
2着:サンティール 牝4 (三浦皇成)
3着:インヘリットデール 牝4 (石橋脩)

レースタイム:1:47.3(良)
レース上がり3ハロン:34.2
勝ち馬上がり3ハロン:33.6
2月の初音ステークスでは積極的な競馬で外から先行、直線では王道の早め抜け出しを図り直線半ばまで見せ場たっぷりの競馬を見せたインヘリットデール。最後は内からミリッサ、外からサンティールに差されて3着に終わったものの1番強い内容だった。その後の美浦ステークスでは不可解な凡走となったが、今回は調整をし直して臨む降級戦。鞍上もM.デムーロだけにさすがに下手な競馬はすまい。

外から33秒8の末脚で差し切る競馬

2017年12月23日 ジングルベル賞(牝) 芝2000m 阪神競馬場

1着:インヘリットデール 牝3 (C.デムーロ)
2着:エールデュレーヴ 牝4 (C.ルメール)
3着:メイショウガーデン 牝4 (国分恭介)

レースタイム:2:01.1(良)
レース上がり3ハロン:34.4
勝ち馬上がり3ハロン:33.8
比較的平均ペースで流れる展開の中、中団前めのポジションで追走するインヘリットデール。4コーナーで外から徐々に進出すると、直線入り口で一気にギアチェンジ。そこから瞬時に突き抜け、坂上では完全に差を付け勝利を確信した。牝馬限定戦とは言え、骨っぽい相手が揃った1戦で1頭だけ違う競馬をした内容は評価すべきだろう。次の1600万クラスでも十分に期待出来る1頭だ。

インヘリットデール

インヘリットデール(フサイチエアデール2014)

インヘリットデール(フサイチエアデール2014)

牝馬

父馬:ルーラーシップ
母馬:フサイチエアデール
母父:サンデーサイレンス
所属:高野友和厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:シルクレーシング

通算成績:11戦3勝(3-5-2-1)
主な戦績:ジングルベル賞など
via google imghp
ルーラーシップ産駒らしい非常にボリュームのある馬体。しかし、筋骨隆々といった印象ではなくキレのあるしなやかな馬体は母父の影響を受けているのだろう。如何にも後駆のバネが強く瞬発力が豊富そうな馬という印象だ。フサイチリシャール以来の久々の大物なるか。

血統背景

ルーラーシップ キングカメハメハ Kingmambo Mr.Prospector
Miesque
マンファス ラストタイクーン
Pilot Bird
エアグルーヴ トニービン カンパラ
Severn Bridge
ダイナカール ノーザンテースト
シャダイフェザー
フサイチエアデール サンデーサイレンス Halo Hail to Reason
Cosmah
Wishing Well Understanding
Mountain Flower
ラスティックベル Mr.Prospector Raise a Native
Gold Digger
Ragtime Girl Francis S.
Swinging Doll


兄弟馬

フサイチリシャール

フサイチリシャール

牡馬

父馬:クロフネ
母馬:フサイチエアデール
母父:サンデーサイレンス
所属:松田国英厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:関口房朗

通算成績:24戦5勝(5-3-0-16)
主な戦績:朝日杯フューチュリティステークス、東京スポーツ杯2歳ステークス、阪神カップなど
via google imghp

近親馬

アドマイヤエイカン

アドマイヤエイカン

牡馬

父馬:ハーツクライ
母馬:ペルヴィアンリリー
母父:フレンチデピュティ
所属:須貝尚介厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:近藤利一

通算成績:12戦3勝(3-2-2-5)
主な戦績:札幌2歳ステークスなど
via google imghp

血統評価:1.7pt

1勝したら3勝以上しているが半分が未勝利という極端な血統、これまでフレンチデピュティやクロフネクラスの種牡馬を中心に配合されていたのである種初年度も安定して走っているルーラーシップ産駒となると期待値はあがる。

前評判

前評判という点ではそこまで評価は高くない。何しろ。フサイチエアデールが高齢時の産駒で近年活躍馬が出ていないからである。新種牡馬のルーラーシップをつけた事による化学変化で爆発力を引き出せれば良いがそこまでの期待が出来るかは不安材料の方が多い。しかし、血統構成を見る限りでは日本競馬の結晶の様で惚れ惚れするのは確か。

馬名の意味

受け継ぐ+母名より

母の後継者に成り得る馬という期待を込めてのネーミングだろう。即ち、春のクラシック戦線で活躍が絶対条件となるが、果たしてどこまでの活躍が出来るのか見ものである。シルクレーシングの勢いに乗って行ければ可能性は十分だ。
25 件

関連する記事

シェリール2014(馬名:ヒシマサル)を指名する!?

シェリール2014(馬名:ヒシマサル)を指名する!?

「シェリール2014」をPOG指名の目線で徹底分析◎馬体診断、血統背景評価、デビュー前評判、馬名の由来、編集部の短評まで。気になる要素を完全網羅した必見の記事!?2016-2017のPOG馬指名の参考情報としてお役立て下さい!!
 1,184
ハッピーパス2014(馬名:ラボーナ)をPOG指名する!?

ハッピーパス2014(馬名:ラボーナ)をPOG指名する!?

「ハッピーパス2014」をPOG指名の目線で徹底分析◎馬体診断、血統背景評価、デビュー前評判、馬名の由来、編集部の短評まで。気になる要素を完全網羅した必見の記事!?2016-2017のPOG馬指名の参考情報としてお役立て下さい!!
 1,768
ダイワキャグニーがエプソムCで14着大敗、重馬場に泣き失速

ダイワキャグニーがエプソムCで14着大敗、重馬場に泣き失速

エプソムカップで1番人気に支持されたダイワキャグニーだったが、馬場の悪化に対応出来ずよもやの敗退。道中から行きっぷりが悪く、脚元を気にした走りで全く力を出し切れずに終わってしまった。次走以降、良馬場で見直したい。
 1,584
ホウオウドリームが御堂筋Sを豪快に追い込み勝利、OP入り

ホウオウドリームが御堂筋Sを豪快に追い込み勝利、OP入り

メジロドーベルの仔、ホウオウドリームが4勝目を飾った。2番人気に支持された御堂筋ステークスで道中最後方追走から最後の直線で上り32秒7の鬼脚を繰り出して鮮やかに一蹴。徐々に力を蓄えて念願のオープンクラスへ仲間入りだ。
 2,802
レジェンドセラーがAJCCで強豪に挑戦、重賞初制覇なるか

レジェンドセラーがAJCCで強豪に挑戦、重賞初制覇なるか

2連勝中のレジェンドセラーがAJCCでゴールドアクターなどのトップクラス達と相まみえる。勢い的にはかなり魅力的だが、GⅠレベルの古馬勢に対してどこまで自分の競馬が通用するかは未知数、好勝負なら同馬の未来は明るい。
 1,197

関連するタグ

著者

競馬ニュース.tv 編集部 競馬ニュース.tv 編集部