2017年7月7日 更新

フランケル産駒イッツパーフェクトがデビュー、母は英GⅢ馬

14戦14勝の最強馬フランケルを父に持つイッツパーフェクトが日曜中京の新馬戦に登場。母パーフェクトトリビュートもイギリスの重賞馬で世界的な良血馬だ。昨年のソウルスターリングに続き、今年も同産駒の旋風が再び巻き起こる。

896

パワータイプの大型馬

見栄えのする馬体でトレセン内でも注目を集める

見栄えのする馬体でトレセン内でも注目を集める

via google imghp
初年後からいきなりGⅠ2勝のソウルスターリングや朝日杯フューチュリティステークスで1番人気に支持されたミスエルテなどを輩出した父フランケル。そのポテンシャルはやはり産駒にも惜しみなく伝わっている様だ。そして二世代目となる今年、先ずトップバッターを切るのは500kg前後の馬体を雄大に見せトレセン内でも話題になる程のイッツパーフェクト。母は英重賞勝ち馬で血統も超一流だ。7月初夏の早々にまたもフランケル産駒が台風の目となるか。

イッツパーフェクト

イッツパーフェクト(パーフェクトトリビュート2015)

イッツパーフェクト(パーフェクトトリビュート2015)

牡馬

父馬:フランケル
母馬:パーフェクトトリビュート
母父:Dubawi
所属:安田隆行厩舎(栗東)
生産:ケイアイファーム
馬主:中村祐子
via google imghp
直視出来る画像は無し。ただ、馬体もそうだが大きいストライドで雄大なフットワークをしているとの事。これまでのフランケル産駒はどちらかと言えば、ビュッと切れるイメージの馬が多かっただけにまた違ったタイプの1頭かもしれない。安田隆行厩舎の期待馬は初戦からきっちり走って来る印象だが、大型馬のこの馬は果たしてどうか。

血統背景

フランケル Galileo Sadler's Wells Northern Dancer
Fairy Bridge
アーバンシー Miswaki
Allegrtta
Kind デインヒル Danzig
Razyana
Rainbow Lake Rainbow Quest
Rockfest
パーフェクトトリビュート Dubawi Dubai Millennium Seeking the Gold
Colorado Dancer
Zomaradah Deploy
Jawaher
Perfect Spirit Invincible Spirit Green Desert
Rafha
Ballet Society Sadler's Wells
Gwydion


兄弟馬

特になし

近親馬

特になし

血統評価:1.0pt

母は重賞馬で父がフランケルだが超良血というわけではなく、ファミリーに日本活躍馬がいるわけでもないので強調材料はない。

前評判

『瞬発力があるというよりも、トップスピードを長く持続するタイプの馬ですね。ストライドが大きくて力強い動きなので、今の中京の荒れ気味の馬場はいいかもしれません。チップでは余り目立っていませんが、芝だとしっかり地面をつかまえて走っていますよ』とは助手のコメント。恐らく早め先頭に立つ競馬で押し切る脚質が濃厚か。

馬名の意味

完璧

母名より連想。文字通りの活躍を期待してのネーミングだろう。

まとめ

母の幾度に重ねられたヨーロッパ血統が織りなす重厚さが如何にもパワー系の馬に仕上がった様子だ。しかも、サドラーズウェルズの3×4が発生しており日本の軽い芝には到底不向きな印象でしかないが、初めて芝の実戦で走らせてどう出るか。個人的な感覚では恐らく活躍したとしても、後々ダート路線で覚醒するパターンだろう。
21 件

関連する記事

ステルヴィオがコスモス賞を完勝、好センスで無傷の2連勝

ステルヴィオがコスモス賞を完勝、好センスで無傷の2連勝

ロードカナロア産駒の素質馬ステルヴィオが、札幌のオープン特別コスモス賞を危なげない走りで完勝し連勝。2~3着馬が地方勢の中、1頭だけ中央の意地を見せつけた。圧倒的1番人気の支持に応える内容でいよいよ重賞に王手か。
 875
タニノフランケルが新馬戦で2着デビュー、次走は更に良化

タニノフランケルが新馬戦で2着デビュー、次走は更に良化

注目されたウオッカとフランケルの仔タニノフランケルがデビュー戦で2着に好走。懸念された大型の馬体も軽やかな走りで一蹴し、むしろ見栄えのある雰囲気は大物感タップリだった。叩いた次はもっと良くなって来るに違いないだろう。
 23,249
ガールズバンド(エレクトラレーン2015)のPOG情報

ガールズバンド(エレクトラレーン2015)のPOG情報

ガールズバンドをPOG指名の目線で徹底分析◎馬体診断、血統背景評価、デビュー前評判、馬名の由来、編集部の短評まで。気になる要素を完全網羅した必見の記事!?2017-2018のPOG馬指名の参考情報としてお役立て下さい!!
 246
カレンシリエージョが未勝利戦を8馬身差で圧勝、エンジン違う

カレンシリエージョが未勝利戦を8馬身差で圧勝、エンジン違う

単勝1.1倍の圧倒的支持を集めたカレンシリエージョが、函館の未勝利戦で2着に8馬身差をつける余裕の内容で勝利。負けはしたものの前走レコードで駆け抜けた走りは本物だった。アドマイヤリードに続く姉妹での重賞制覇も近い。
 1,179
新馬戦でヘンリーバローズが僅差の2着、怪物の片鱗も

新馬戦でヘンリーバローズが僅差の2着、怪物の片鱗も

日曜に行われた中京の新馬戦では、ワグネリアンと激しい叩き合いの末ハナ差に敗れたヘンリーバローズ。しかし、3着馬には5馬身もの差をつけており自身の上がりも32秒8と驚異的なタイムだ。間違いなく能力は超一流クラスだろう。
 7,493

関連するタグ

著者

競馬ニュース.tv 編集部 競馬ニュース.tv 編集部