2018年2月26日 更新

アンフィトリテがマーガレットSで3連勝、重賞タイトルに大手

連勝中のアンフィトリテが1番人気に支持されたマーガレットSでも危なげない走りで快勝、無敗の3連勝で次走の重賞挑戦に弾みを付けた。これまでの差しとは一転、番手の先行策から抜け出し競馬の仕方に進展を見せる成長を覗かせた。

381

早め抜け出しから粘り切る

2018年2月24日 マーガレットステークス  芝1200m 阪神競馬場

1着:アンフィトリテ 牝3 (C.ルメール)
2着:オジョーノキセキ 牝3 (松山弘平)
3着:ハゼル 牡3 (和田竜二)

レースタイム:1:09.1(良)
レース上がり3ハロン:34.5
勝ち馬上がり3ハロン:34.4
スタートから逃げ馬をマークする様にピッタリ番手追走のアンフィトリテ。新馬、さざんか賞は後方から一気の差し切り勝ちだったが、今回はレース運びに進境を見せ王道の走りで他馬をねじ伏せた。次に目指すは重賞タイトルとなるが、今のところ1200mしか経験が無く距離延長は未知数。このまま行けばニュージーランドトロフィーかフィリーズレビューでの1400m戦に登場か。いずれにせよそこでアンフィトリテの真価が問われる1戦となるだろう。

ゴール前で鮮やかに抜け出し連勝

2017年12月16日 さざんか賞 芝1200m 阪神競馬場

1着:アンフィトリテ 牝2 (C.ルメール)
2着:バーニングペスカ 牡2 (M.デムーロ)
3着:タイセイソニック 牡2 (幸英明)

レースタイム:1:10.0(良)
レース上がり3ハロン:35.3
勝ち馬上がり3ハロン:34.7
スタートは普通で無理に前へは行かず道中中団から追走するアンフィトリテ。少頭数で馬群が固まり直線での決め手勝負となるも、入口付近ではやや窮屈そうな場面もあり少し後手を踏んだ。坂上でスペースを確保すると残り100mで一気に脚を爆発させ一瞬にして前を捉えるインパクトの強い競馬で連勝を飾る。スプリント戦を連勝しているが、大跳びのフットワークを見る限りエンジンの掛かりが遅くマイルまでなら対応可能なイメージ。次は重賞になるだろう、そこで見極めたい。

アンフィトリテ

アンフィトリテ(アドマイヤフッキー2015)

アンフィトリテ(アドマイヤフッキー2015)

牝馬

父馬:ロードカナロア
母馬:アドマイヤフッキー
母父:フジキセキ
所属:宗像義忠厩舎(美浦)
生産:ノーザンファーム
馬主:キャロットファーム

通算成績:3戦3勝(3-0-0-0)
主な戦績:マーガレットステークスなど
via google imghp
グッと全体的に身が詰まった馬体で如何にもスピードがありそうな雰囲気。特にトモの発達が素晴らしく、後肢の蹴りが強く推進力のある走りが期待出来るだろう。血統的な観点から考えても距離はマイルまでが限界だろう。牝馬だけに上手く行けば桜花賞を目指せる素材だ。トキオリアリティー一族の系譜からもハズレの産駒という事は無い筈。

血統背景

ロードカナロア キングカメハメハ Kingmambo Mr. Prospector
Miesque
マンファス ラストタイクーン
Pilot Bird
レディブラッサム Storm Cat Storm Bird
Terlingua
サラトガデュー Cormorant
Super Luna
アドマイヤフッキー フジキセキ サンデーサイレンス Halo
Wishing Well
ミルレーサー Le Fabuleux
Marston's Mill
トキオリアリティー Meadowlake Hold Your Peace
Suspicious Native
What a Reality In Reality
What Will Be


兄妹馬

特になし

近親馬

リアルインパクト

リアルインパクト

牡馬

父馬:ディープインパクト
母馬:トキオリアリティー
母父:Meadowlake
所属:堀宣行厩舎(美浦)
生産:ノーザンファーム
馬主:キャロットファーム

通算成績:30戦5勝(5-5-2-18)
主な戦績:安田記念、ジョージライダーステークスなど
via google imghp
ネオリアリズム

ネオリアリズム

牡馬

父馬:ネオユニヴァース
母馬:トキオリアリティー
母父:Meadowlake
所属:堀宣行厩舎(美浦)
生産:ノーザンファーム
馬主:キャロットファーム

通算成績:20戦8勝(8-1-3-8)
主な戦績:クイーンエリザベス2世カップなど
via google imghp

血統評価:1.0pt

母の兄弟にG1馬2頭とG1実績馬1頭がいるトキオリアリティー一族の出身だが、母の産駒は数いるわりには2勝以上の産駒がいないので短距離の父との配合相性は良いとしても母の繁殖実績からあまり期待はできないだろう。

前評判

新馬戦での内容を見ても明らかだが、鞍上が『良い瞬発力がある』と語る様にキレ味タイプの1頭。少し気が良い所もあり、暫くは短距離をメインのローテーションを組んで行くとの事。クラシック路線よりは、桜花賞~NHKマイルカップという選択が濃厚だろう。いずれにせよファミリー的に重賞級である事は間違い無さそう。

馬名の意味

ギリシャ神話に登場する海の女神

父名より連想。発想、響き共に如何にもキャロットファームらしいネーミングといったところか。
23 件

関連する記事

メジェールスーが札幌芝1500mで初陣、大物感たっぷり

メジェールスーが札幌芝1500mで初陣、大物感たっぷり

札幌新馬では日曜日のレイエンダに注目が集まっているが、土曜5Rに出走予定のメジェールスーも評判が高い。母はあのエイジアンウインズ、父にロードカナロアと牡牝の短距離スペシャリストが産んだスピードの結晶をとくとご覧あれ。
 604
レーヴドカナロア(レーヴドスカー2016)のPOG情報

レーヴドカナロア(レーヴドスカー2016)のPOG情報

レーヴドカナロアをPOG指名の目線で徹底分析◎馬体診断、血統背景評価、デビュー前評判、馬名の意味まで。気になる要素を完全網羅した必見の記事!?2018-2019のPOG馬指名の参考情報としてお役立て下さい!!
 86
ステルヴィオが日本ダービーへ万全、父に2週連続のタイトルを

ステルヴィオが日本ダービーへ万全、父に2週連続のタイトルを

皐月賞では後方待機から追い込み切れず4着に終わったステルヴィオ。完全な展開による敗戦で力負けでは無い事が明らか。勝てば先週のアーモンドアイに続き、ロードカナロア産駒の牡牝クラシック連覇という離れ業を達成する事になる。
 1,933
アーモンドアイがオークスで異次元の圧勝、牝馬2冠を楽に達成

アーモンドアイがオークスで異次元の圧勝、牝馬2冠を楽に達成

オークスで圧倒的1番人気を背負ったアーモンドアイが、距離不安も何のそので桜花賞と同じ33秒2の脚を繰り出し快勝。いつもより前目で追走し楽々と抜け出す走りは、同世代にライバル不在をアピールするケタ違いのパフォーマンス。
 6,408
カーサデルシエロがフローラSを登場、2戦目で初重賞挑戦

カーサデルシエロがフローラSを登場、2戦目で初重賞挑戦

デビュー戦を難無く勝ち上がって来た超良血カーサデルシエロ。不利がありながらも差し切る競馬で能力の一端を見せてくれたが、次のレースは格上挑戦のフローラSとなった。絶好調の藤原英昭厩舎から新たなヒロイン候補が誕生なるか。
 622

関連するタグ

著者

競馬ニュース.tv 編集部 競馬ニュース.tv 編集部