2017年8月4日 更新

音無厩舎の期待馬アンチェインが小倉1800mの新馬戦でデビュー

クラシック常連、栗東の名門音無厩舎よりまた胸が高まる好素材の登場だ。祖母に名牝シンコウラブリイがいる血統馬で、母父シンボリクリスエスのディープインパクト産駒まで見るとアドミラブルと全く同じ。新馬戦の走りに注目したい。

416

上2頭は新馬戦を大楽勝

何と言ってもこの一族の特徴は新馬戦のパフォーマンスが異常に高い点。レトロロック&インウィスパーズの両方が初戦を圧勝した後、クラシック候補と騒がれるものの2戦目以降で惨敗の連続。1戦走っただけで燃え尽きてしまうのか、使い減りしてしまうのかその理由はハッキリしていないが潜在能力が高いのは間違いない。アンチェインも同様のパターンになれば残念極まりないが、上を超える圧倒的な活躍を期待したい。

アンチェイン

アンチェイン

アンチェイン

牡馬

父馬:ディープインパクト
母馬:サムワントゥラブ
母父:シンボリクリスエス
所属:音無秀孝厩舎(栗東)
生産:日高大洋牧場
馬主:金子真人ホールディングス
via google imghp
金子氏所有馬で確たる資料は無し。上のレトロロック、インウィスパーズの2頭はデビュー戦を圧勝している様に基本的には仕上がり早の一族。有り余る気性が災いして大成しなかったが、その高いパフォーマンスは十分タイトルを狙える程だった。全体的に小ぶりな馬体で出て来ているが、ディープインパクト産駒で走る馬は総じて500㎏前後が多い。今回はアンチェインがどれくらいの馬格で出て来るのかに注目が集まる。

血統背景

ディープインパクト サンデーサイレンス Halo Hail to Reason
Cosmah
Wishing Well Understanding
Mountain Flower
ウインドインハーヘアー Alzao Lyphard
Lady Rebecca
Burghclere Busted
Highclere
サムワントゥラブ シンボリクリスエス Kris S. Roberto
Sharp Queen
Tee Kay Gold Meridian
Tri Argo
シンコウラブリイ Caerleon Nijinsky
Foreseer
ハッピートレイルズ ポッセ
ロイコン


兄弟馬

レトロロック

レトロロック

牡馬

父馬:ディープインパクト
母馬:サムワントゥラブ
母父:シンボリクリスエス
所属:角居勝彦厩舎(栗東)
生産:日高大洋牧場
馬主:金子真人ホールディングス

通算成績:19戦4勝 (4-7-1-7)
主な戦績:鴨川特別など
via google imghp
インウィスパーズ

インウィスパーズ

牡馬

父馬:ディープインパクト
母馬:サムワントゥラブ
母父:シンボリクリスエス
所属:音無秀孝厩舎(栗東)
生産:日高大洋牧場
馬主:金子真人ホールディングス

通算成績:5戦1勝 (1-0-1-3)
主な戦績:2歳新馬
via google imghp

近親馬

ロードクロノス

ロードクロノス

牡馬

父馬:トニービン
母馬:シンコウラブリイ
母父:Caerleon
所属:藤沢和雄厩舎(美浦)
生産:大樹ファーム
馬主:ロードホースクラブ

通算成績:30戦8勝 (8-4-4-14)
主な戦績:中京記念など
via google imghp
チェッキーノ

チェッキーノ

牝馬

父馬:キングカメハメハ
母馬:ハッピーパス
母父:サンデーサイレンス
所属:藤沢和雄厩舎(美浦)
生産:ノーザンファーム
馬主:サンデーレーシング

通算成績:5戦3勝 (3-2-0-0)
主な戦績:オークス2着など
via google imghp

血統評価:1.5pt

ハッピートレイルズ一族としては、ハッピーパスの方が繁殖としては繁栄しているがハッピートレイルズの最高傑作としてはやはりシンコウラブリイなので結果は出して欲しいファミリーではあるがいかんせんパッとしないファミリーで兄弟も結果は出せているとは言えない。そろそろ一発ほしいところだが現時点での強調材料はない。

前評判

『お兄ちゃんのインウィスパーズより馬体が大きいし良い馬。血統的に気難しい面があるだけにそこが走りにどう影響して来るかだろうね』とは管理する音無秀孝調教師のコメント。上手くハマれば化ける可能性もあるが、反面脆く崩れやすい気性の持ち主という事だろう。ギャンブル性は高い。

馬名の意味

拘束されない

金子氏独特の感性から来るネーミング。何にも縛られない、自由で雄大な走りを期待しての命名だろう。

まとめ

前述にもある様に上2頭の尻すぼみ感を見るととても指名出来る材料は揃っていない。が、馬名は同世代でもトップクラスに響きの良い名前。願わくば、“ディープインパクト×シンボリクリスエス”で成功したアドミラブルの後継者として来年のクラシック戦線を賑わせて欲しいばかりだ。
22 件

関連する記事

レイエンダが骨折で戦線離脱…全治6ヶ月でクラシック微妙

レイエンダが骨折で戦線離脱…全治6ヶ月でクラシック微妙

先に札幌の新馬戦で圧勝デビューを飾ったレイエンダが骨折している事が分かった。15日に両膝前を手術して術後の経過は順調との事。しかし、復帰までには全治6ヶ月程度かかる見込みで来年の春がほぼ絶望的な状況となってしまった。
 4,972
ダークナイトムーンが田辺騎手を背に東京芝2000mで初陣

ダークナイトムーンが田辺騎手を背に東京芝2000mで初陣

兄にサダムパテック、全姉にヴィクトリアマイル3着のジュールポレールがいる血統馬ダークナイトムーン。兄弟よりも距離適性に幅がありそうで先ずは中距離の新馬戦でデビューを迎える。ディープインパクト産駒からまた新星の登場か。
 758
藤沢厩舎のエース候補、オブセッションが東京の新馬戦に登場

藤沢厩舎のエース候補、オブセッションが東京の新馬戦に登場

今年のクラシックを席巻した藤沢厩舎から新たな有力馬がお目見え。シルクレーシングの中で特に評価が高いオブセッション。姉にパーシーズベストがいる血統で鞍上はレイデオロやソウルスターリングと同じくルメール騎手がスタンバイ。
 1,108
ルヴァンスレーヴがプラタナス賞を持ったまま楽勝、怪物誕生

ルヴァンスレーヴがプラタナス賞を持ったまま楽勝、怪物誕生

圧倒的1番人気ルヴァンスレーヴがプラタナス賞で他馬を全く寄せ付けず無傷の連勝を達成。終始鞍上のルメール騎手が手綱を動かさない競馬でレコードタイムを記録するなどレベルの違いを見せ付ける内容だ。これはダート界の大物か??
 325
フォックスクリークが新馬戦を勝利、一族の名に恥じぬレース

フォックスクリークが新馬戦を勝利、一族の名に恥じぬレース

金子真人氏期待の新馬フォックスクリークがデビュー戦を白星で飾った。道中先行から早め抜け出し、迫る後続をきっちりと抑えてまるでお手本の様なレースを披露。新馬戦から完成度の高さを見せ付け、クラシック戦線に名乗りを上げた。
 2,404

関連するタグ

著者

競馬ニュース.tv 編集部 競馬ニュース.tv 編集部