2018年3月13日 更新

アンコールプリュがフィリーズRで出遅れるも追い込み2着

フィリーズレビューで2着に敗れたアンコールプリュ。しかし、レースではスタートから出遅れ道中も後方待機、直線コースで大外へ回すロスがありながらも最速の上りを駆使する非凡な能力を見せ付けた。本番では更に上昇が見込めそう。

91

最速の上りで猛追も半馬身届かず

2018年03月11日 フィリーズレビュー 芝1400m 阪神競馬場

1着:リバティハイツ 牝3 (北村友一)
2着:アンコールプリュ 牝3 (藤岡康太)
3着:デルニエオール 牝3 (岩田康誠)

レースタイム:1:21.5(良)
レース上がり3ハロン:36.1
勝ち馬上がり3ハロン:35.3
発馬のタイミングが合わず3馬身程立ち遅れたアンコールプリュ。道中は最後方から馬群を追走、徐々に進出すると直線コースでは上手く進路を外に持って行く。そこからグングン加速し大外を鋭伸するも、馬場の真ん中から抜け出したリバティハイツに半馬身及ばず2着に惜敗した。上りは断トツの最速を記録、致命的なロスがありながらも桜花賞への出走権を獲得出来た事は運を持ち合わせているのだろう。今回のフィリーズレビュー組の中では本番で最も注意しなくてはならない1頭だ。

アンコールプリュ

アンコールプリュ

アンコールプリュ

牝馬

父馬:ディープインパクト
母馬:オイスターチケット
母父:ウイニングチケット
所属:友道康夫厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:金子真人ホールディングス

通算成績:3戦2勝(2-1-0-0)
主な戦績:フィリーズレビュー2着など
via google imghp
上にシェルズレイやブラックシェルなどがいるアンコールプリュ。血統から見てもわかる様に生粋の金子真人ブランドの競走馬だ。父ディープインパクトに似た小柄な馬体も走りはダイナミックでむしろ大きく見せる動き。実際に可動域が広く、それが他馬を凌駕するキレに繋がっているのだろう。牝馬らしい非常に柔らかそうな筋肉と、見映えのする黒鹿毛と相まって走りそうな雰囲気のする1頭と言える。

血統背景

ディープインパクト サンデーサイレンス Halo Hail to Reason
Cosmah
Wishing Well Understanding
Mountain Flower
ウインドインハーヘア Alzao Lyphard
Lady Rebecca
Burghclere Busted
Highclere
オイスターチケット ウイニングチケット トニービン カンパラ
Severn Bridge
パワフルレディ マルゼンスキー
ロッチテスコ
ナムラピアリス トウショウボーイ テスコボーイ
ソシアルバターフライ
ヤマニサクラ タリヤートス
モンテホープ


兄弟馬

シェルズレイ

シェルズレイ

牝馬

父馬:クロフネ
母馬:オイスターチケット
母父:ウイニングチケット
所属:松田国英厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:金子真人ホールディングス

通算成績:21戦3勝 (3-3-0-15)
主な戦績:西宮ステークスなど
via google imghp
ブラックシェル

ブラックシェル

牡馬

父馬:クロフネ
母馬:オイスターチケット
母父:ウイニングチケット
所属:松田国英厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:金子真人ホールディングス

通算成績:10戦2勝 (2-5-1-2)
主な戦績:NHKマイルカップ2着、日本ダービー3着など
via google imghp

近親馬

シャイニングレイ

シャイニングレイ

牡馬

父馬:ディープインパクト
母馬:シェルズレイ
母父:クロフネ
所属:高野友和厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:キャロットファーム

通算成績:8戦4勝 (4-0-0-4)
主な戦績:CBC賞、ホープフルステークスなど
via google imghp

血統評価:1.7pt

母オイスターチケットは血統構成もけして良いとは言いづらいが産駒は安定してGⅡクラスを複数だしており優秀な繁殖牝馬と言える。また姉シェルズレイも繁殖牝馬として安定して産駒を出しているので競走馬としても繁殖牝馬としてもある一定以上のラインで結果をだしてきそうな血統だろう。

前評判

新馬戦で単勝1.5倍の支持を受けて圧勝しているアンコールプリュ。それだけ稽古での動きも良く、馬自体に走るソレが見出されていたのだろう。上はクロフネとの配合で結果を出しているが、実際他のディープインパクト産駒はこれまで余り走らなかったから驚きだ。母が高齢時に生んだ産駒からか分からないが、一族独特の硬さが見られないのは何よりである。

馬名の意味

前よりもっと(音楽用語)

今世代の産駒はワグネリアンなど同様、音楽用語が多い金子真人氏のネーミング。同馬に関しては、姉や兄以上の活躍に願いを込めての命名だろう。
20 件

関連する記事

サトノアーサーがメイSでOP連勝なるか、重賞まであと一歩

サトノアーサーがメイSでOP連勝なるか、重賞まであと一歩

昨年のクラシック最有力候補だったサトノアーサーも未だ重賞勝利無し。前走の洛陽Sで約1年2ヶ月ぶりの勝利を飾ったのをキッカケにし再び飛躍を目指したい。今回のメイSでオープンクラスを連勝する事が出来れば重賞制覇も目前だ。
 4,336
カワキタエンカがヴィクトリアMで一人旅?逃げ切りもある

カワキタエンカがヴィクトリアMで一人旅?逃げ切りもある

福島牝馬ステークスで2着と惜敗を喫したカワキタエンカ。とは言え、後ろから終始突かれつつの競馬でよく粘ったという言い方の方が正しいだろう。今回はメンバーを見渡しても逃げ馬は同馬のみ。後ろが牽制し合う様なら前残りもある。
 115
サトノアレスが京王杯スプリングカップで久々の重賞V狙う

サトノアレスが京王杯スプリングカップで久々の重賞V狙う

東京新聞杯では内から猛追し惜しい2着入線となったサトノアレス。近走の内容からして完全に復調したと見て良いだろう。安田記念を目標に十分な間隔を取って臨む前哨戦、朝日杯FS以来のタイトルを奪取し意気揚々と本番へ進みたい。
 1,545
アルアインが大阪杯で僅差の3着に敗れる、最後はキレ負け

アルアインが大阪杯で僅差の3着に敗れる、最後はキレ負け

大阪杯でアルアインは最後の直線、先に抜け出した1番人気スワーヴリチャードを捉えられず、逆に後ろから僚馬ペルシアンナイトに差されて3着と完敗した。ディープインパクト産駒ながら瞬発力の無いタイプだけに苦しい展開だった。
 4,335
キセキが日経賞で2018初戦、復調示す動きで好調アピール

キセキが日経賞で2018初戦、復調示す動きで好調アピール

昨年の菊花賞馬キセキ。暮れに臨んだ香港ヴァーズではまさかの9着とあっけなく敗戦を喫してしまった。心身共にその傷を引きずらない様じっくりと調整をし、慎重に選んだ復帰戦は中山日経賞。鞍上は新馬以来となるC.ルメール騎手。
 2,487

関連するタグ

著者

競馬ニュース.tv 編集部 競馬ニュース.tv 編集部