2017年8月24日 更新

アルーシャ(ザズー2015)のPOG情報

アルーシャをPOG指名の目線で徹底分析◎馬体診断、血統背景評価、デビュー前評判、馬名の意味、編集部の短評まで。気になる要素を完全網羅した必見の記事!?2017-2018のPOG馬指名の参考情報としてお役立て下さい!!

490

馬体診断

アルーシャ(ザズー2015)

アルーシャ(ザズー2015)

牝馬

父馬:ディープインパクト
母馬:ザズー
母父:Tapit
所属:藤沢和雄厩舎(美浦)
生産:ノーザンファーム
馬主:サンデーレーシング
via google imghp
芦毛特有の如何にもボテッとした馬体。牝馬という事もあり丸みがあって余計にそう見えるのかもしれないが、現状ではダート馬というイメージは拭い切れない。母は米GⅠ馬で母父はTapit。父にディープインパクトを配合しようが、さすがにDNAは嘘を付かないのだろう。全兄ゼロメリディアンも芝で対応出来そうな雰囲気があったものの、結果として未だ勝ち上がれていない。半分以上はそう思っていた方が良い。馬体重は不明。

血統背景

ディープインパクト サンデーサイレンス Halo Hail to Reason
Cosmah
Wishing Well Understanding
Mountain Flower
ウインドインハーヘアー Alzao Lyphard
Lady Rebecca
Burghclere Busted
Highclere
ザズー Tapit Pulpit A.P.Indy
Preach
Tap Your Heels Unbridled
Rupy Slippers
Rhumb Line Mr.Greeley Gone West
Lone Legend
Rose Rhapsody Pleasant Colony
Rosy Spectre


兄弟馬

特になし

近親馬

タップザット

タップザット

父馬:Tapit
母馬:アートプリンセス
母父:Officer
所属:池江泰寿厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:P.G.ファッジ

通算成績:7戦2勝(2-1-0-4)
主な戦績:全日本2歳優駿2着など
via google imghp

血統評価:1.0pt

母は米G1馬だがファミリーに日本実績がなく姉の産駒タップザットがいるものの自身の産駒も走っていないので強調材料はない。

前評判

主だった評価の声は届いていないが、比較的順調に調整は進んでいるそう。クラブ情報では9月の入厩を目標としており、その預託先は天下の藤沢和雄厩舎。馬が走らずとも、人が走らせる可能性は大いに有る。今年の2歳馬も、新馬戦を連戦連勝している勢いが本馬に乗り移ればそれはそれで面白い。

馬名の意味

タンザニアの都市名

サンデーレーシングが頻繁に使用している世界各国の都市名シリーズ。これがまた馬名にすると何故かしっくり来るのである。

編集部の評価

完全にダート血統で、父が芝馬でも母がごりごりのダート馬の場合、結果がでないケースが多い。むしろダート種牡馬を配合したほうがいいのではという印象。全く検討せずスルー。(大川)
これは検討の余地もなくスルーで良いだろう。ディープインパクトを付けようがダート馬はダート馬。それなら最初から砂適性の高い種牡馬を付けておいた方がまだ良いだろう。個人的には全くもって興味が出ない類の1頭だ。良血の無駄使い。(田中)
19 件

関連する記事

ザズー2014(馬名:ゼロメリディアン)を指名した!?

ザズー2014(馬名:ゼロメリディアン)を指名した!?

デビュー済だが「ザズー2014」を徹底分析◎馬体診断、血統背景評価、デビュー前評判、馬名の由来、編集部の短評まで。気になる要素を完全網羅した必見の記事!?指定してない方も2016-2017のPOGを楽しむ上でご参考下さい!!
 596
マウレアが赤松賞で好メンバー相手にV、桜花賞候補へ名乗り

マウレアが赤松賞で好メンバー相手にV、桜花賞候補へ名乗り

新馬戦に続き昇級初戦の赤松賞をマウレアが差し切り勝ち。直線馬群の狭い所を割って突き抜ける勝負根性を見せ、見事強敵達を蹴散らしての勝利で連勝を飾った。姉アユサンと姉妹制覇を目指すべく、春の仁川を目指して駒を進めて行く。
 320
ワグネリアンが東スポ杯2歳Sを最速の脚で差し切り重賞制覇

ワグネリアンが東スポ杯2歳Sを最速の脚で差し切り重賞制覇

圧倒的人気のワグネリアンが、道中後方から4コーナーで進出。直線外に出すと抜群の反応で先頭に立ち、坂を駆け上がってからはターフビジョンを確認しながら追う余裕の競馬だった。これでクラシック最有力候補が確定、次は弥生賞だ。
 6,454
フランツが新馬戦を快勝、大外から楽に差し切り大物の片鱗

フランツが新馬戦を快勝、大外から楽に差し切り大物の片鱗

良血フランツがその血統に恥じない走りを見せ、新馬戦を衝撃的な勝利で飾った。道中は最後方追走、4コーナーで大外を膨らみながら安全なコースに進路を取ると最後は鞍上に軽く追われてサッとかわす調教の様な競馬。素質は一級品だ。
 1,187
レッドベルローズが豪脚一閃で強豪を差し切り、デビュー戦V

レッドベルローズが豪脚一閃で強豪を差し切り、デビュー戦V

ディープインパクト産駒の牝馬レッドベルローズが父譲りの末脚を武器に新馬戦を快勝。道中後方追走から直線大外を豪快に突き抜け、先に抜け出したエルディアマンテとの叩き合いを制して価値ある勝利を手にした。牝馬戦線の有力馬だ。
 855

関連するタグ

著者

競馬ニュース.tv 編集部 競馬ニュース.tv 編集部