2017年8月24日 更新

アルーシャ(ザズー2015)のPOG情報

アルーシャをPOG指名の目線で徹底分析◎馬体診断、血統背景評価、デビュー前評判、馬名の意味、編集部の短評まで。気になる要素を完全網羅した必見の記事!?2017-2018のPOG馬指名の参考情報としてお役立て下さい!!

367

馬体診断

アルーシャ(ザズー2015)

アルーシャ(ザズー2015)

牝馬

父馬:ディープインパクト
母馬:ザズー
母父:Tapit
所属:藤沢和雄厩舎(美浦)
生産:ノーザンファーム
馬主:サンデーレーシング
via google imghp
芦毛特有の如何にもボテッとした馬体。牝馬という事もあり丸みがあって余計にそう見えるのかもしれないが、現状ではダート馬というイメージは拭い切れない。母は米GⅠ馬で母父はTapit。父にディープインパクトを配合しようが、さすがにDNAは嘘を付かないのだろう。全兄ゼロメリディアンも芝で対応出来そうな雰囲気があったものの、結果として未だ勝ち上がれていない。半分以上はそう思っていた方が良い。馬体重は不明。

血統背景

ディープインパクト サンデーサイレンス Halo Hail to Reason
Cosmah
Wishing Well Understanding
Mountain Flower
ウインドインハーヘアー Alzao Lyphard
Lady Rebecca
Burghclere Busted
Highclere
ザズー Tapit Pulpit A.P.Indy
Preach
Tap Your Heels Unbridled
Rupy Slippers
Rhumb Line Mr.Greeley Gone West
Lone Legend
Rose Rhapsody Pleasant Colony
Rosy Spectre


兄弟馬

特になし

近親馬

タップザット

タップザット

父馬:Tapit
母馬:アートプリンセス
母父:Officer
所属:池江泰寿厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:P.G.ファッジ

通算成績:7戦2勝(2-1-0-4)
主な戦績:全日本2歳優駿2着など
via google imghp

血統評価:1.0pt

母は米G1馬だがファミリーに日本実績がなく姉の産駒タップザットがいるものの自身の産駒も走っていないので強調材料はない。

前評判

主だった評価の声は届いていないが、比較的順調に調整は進んでいるそう。クラブ情報では9月の入厩を目標としており、その預託先は天下の藤沢和雄厩舎。馬が走らずとも、人が走らせる可能性は大いに有る。今年の2歳馬も、新馬戦を連戦連勝している勢いが本馬に乗り移ればそれはそれで面白い。

馬名の意味

タンザニアの都市名

サンデーレーシングが頻繁に使用している世界各国の都市名シリーズ。これがまた馬名にすると何故かしっくり来るのである。

編集部の評価

完全にダート血統で、父が芝馬でも母がごりごりのダート馬の場合、結果がでないケースが多い。むしろダート種牡馬を配合したほうがいいのではという印象。全く検討せずスルー。(大川)
これは検討の余地もなくスルーで良いだろう。ディープインパクトを付けようがダート馬はダート馬。それなら最初から砂適性の高い種牡馬を付けておいた方がまだ良いだろう。個人的には全くもって興味が出ない類の1頭だ。良血の無駄使い。(田中)
19 件

関連する記事

ザズー2014(馬名:ゼロメリディアン)を指名した!?

ザズー2014(馬名:ゼロメリディアン)を指名した!?

デビュー済だが「ザズー2014」を徹底分析◎馬体診断、血統背景評価、デビュー前評判、馬名の由来、編集部の短評まで。気になる要素を完全網羅した必見の記事!?指定してない方も2016-2017のPOGを楽しむ上でご参考下さい!!
 586
ワグネリアンが野路菊Sを快勝、重馬場で33秒台の鬼脚炸裂

ワグネリアンが野路菊Sを快勝、重馬場で33秒台の鬼脚炸裂

注目のワグネリアンが2戦目の野路菊ステークスでも想像を超える圧巻の走りで突き抜け2連勝。心配された重馬場も全く苦にせず、道中後方追走から直線の競馬だけであっさりと差し切って見せた。上がり3ハロンは33秒フラット。
 3,970
スターリーステージが新馬戦で3着入線、次走は確勝必至

スターリーステージが新馬戦で3着入線、次走は確勝必至

ミッキーアイルの下、スターリーステージがデビュー戦でジャンダルムの3着に敗退。レース内容はほぼ文句なく、前の牡馬2頭(ジャンダルム&ロードラナキラ)が強かっただけだろう。牝馬限定戦に戻れば間違いなく勝ち上がりは堅い。
 3,443
シルヴァンシャー、出遅れも何のその!!デビュー戦を鮮烈V

シルヴァンシャー、出遅れも何のその!!デビュー戦を鮮烈V

池江泰寿厩舎期待の新馬シルヴァンシャーが初戦を快勝。スタートで大きく出遅れたものの、道中で徐々に差を詰め直線でも脚色が衰える事なく前の集団をまとめて差し切って見せた。名牝アゼリからようやく大物候補が誕生の予感だ。
 3,218
新馬でエントシャイデンが出遅れるも大外から突き抜け快勝

新馬でエントシャイデンが出遅れるも大外から突き抜け快勝

ブランボヌールの全弟エントシャイデンが期待通りの競馬で新馬戦を見事差し切り勝ち。外枠で発馬を決めれず痛恨の出遅れ。しかし、そこから焦る事無く追走し直線で鮮やかに前をまとめて面倒を見る圧巻の内容で勝ち上がって見せた。
 1,317

関連するタグ

著者

競馬ニュース.tv 編集部 競馬ニュース.tv 編集部