2017年7月24日 更新

アマルフィコーストが中京2歳ステークスを制し無傷の2連勝

中京2歳ステークスではアマルフィコーストが1番人気の支持に応え後方から一気の差し切り勝ち。アドマイヤアルバにはクビ差まで迫られたが、3着以下を大きく引き離し大物の片鱗を見せデビューから連勝でオープン入りを果たした。

144

自在性を見せ牡馬相手に完勝

アドマイヤアルバとの叩き合いをクビ差制す

アドマイヤアルバとの叩き合いをクビ差制す

via google imghp

2017年07月22日 中京2歳ステークス 芝1600m 中京競馬場

1着:アマルフィコースト 牝2 (浜中俊)
2着:アドマイヤアルバ 牡2 (福永祐一)
3着:ナムラバンザイ 牡2 (国分優作)

レースタイム:1:34.7(良)
レース上がり3ハロン:35.1
勝ち馬上がり3ハロン:34.3
新馬戦では逃げて楽勝だったアマルフィコーストだが、今回はあえて控え道中後方から追走。浜中俊騎手も将来を考え競馬の幅を持たせる意図があったのだろう。鞍上の期待に応える様に直線では外目をしっかりと伸び、ライバルと目されたアドマイヤアルバとの一騎打ちを制して2連勝を飾った。浜中騎手もレース後には、『新馬戦とは一転して追い込みましたが、センスで対応してくれましたね。早めに2勝出来たのは良かったです。まだ伸びシロもありそうで楽しみです』とコメント。

アマルフィコースト

アマルフィコースト(ジプシーハイウェイ2015)

アマルフィコースト(ジプシーハイウェイ2015)

牝馬

父馬:ダイワメジャー
母馬:ジプシーハイウェイ
母父:HighChaparral
所属:牧田和弥厩舎(栗東)
生産:社台ファーム
馬主:社台レースホース

通算成績:2戦2勝(2-0-0-0)
主な戦績:中京2歳ステークス
via google imghp
牡馬に見劣りしない馬格はやはりダイワメジャー産駒特有のものだろう。肩周辺、トモの作りは如何にもパワータイプの走りが想像でき、且つ柔らかそうな筋肉からフットワークは軽くキレも兼備していそう。胴はそこまで詰まっておらず、マイル前後がベストとは言え距離もある程度までは我慢できそうな雰囲気だ。馬体重はデビュー時で454kg。

血統背景

ダイワメジャー サンデーサイレンス Halo Hail to Reason
Cosmah
Wishing Well Understanding
Mountain Flower
スカーレットブーケ ノーザンテースト Northern Dancer
Lady Victoria
スカーレットインク Crimson Satan
Consentida
ジプシーハイウェイ High Chaparral Sadler's Wells Northern Dancer
Fairy Bridge
Kasora Darshaan
Kozana
ローズジプシー Green Desert Danzig
Foreign Courier
Krisalya Kris
Sassalya


兄弟馬

特になし

近親馬

特になし

血統評価:1.0pt

全兄は未勝利でファミリーも日本実績がなく血統背景としての強調材料は全くない。

前評判

『スタートが速くて、追ってからの反応も上々。坂路でも楽々と好時計を叩き出します。初戦から楽しみな1頭ですね』とは管理する牧田和弥調教師のコメント。血統的にも早めから動け、こちらの想像以上に奥の深そうなタイプだ。

馬名の意味

イタリアのアマルフィ海岸の道

少し意味合いは違えど、母名からの連想だろう。アマルフィコースト、響きだけならかなり良い部類。社台系列はいつもセンス抜群のネーミングで出資者としても信頼度は高い。
20 件

関連する記事

ダイワメモリーがデビュー戦を快勝、馬群を割って抜け出す

ダイワメモリーがデビュー戦を快勝、馬群を割って抜け出す

注目の新馬戦でダイワメモリーが白星スタートを切った。道中は上手く脚を溜めて、最後の直線にかけて鋭く伸びると馬群を割ってそのまま突き抜ける圧巻の内容だった。母ダイワスカーレットから初のタイトルを狙える大物候補の誕生か。
 1,235
フロンティアが新潟2歳ステークスに登場、一族にタイトルを

フロンティアが新潟2歳ステークスに登場、一族にタイトルを

ドリームパスポートの半弟で、ゴールデンサッシュを祖母に持つフロンティアがまたファミリーに勲章をもたらすのか。新潟2歳ステークスで1番人気に想定されている本馬だが、それに見合った血統と追い切りを持ってレースへと臨む。
 502
良血馬のダノンポピーが土曜の福島芝1800mでデビュー

良血馬のダノンポピーが土曜の福島芝1800mでデビュー

ミッキーロケットの下でダイワメジャー産駒のダノンポピーが初陣。芝1800m戦に登録して来る辺り、陣営としては中長距離も含めてこなせると判断しているのだろう。ここを快勝し兄の分まで早々にクラシック戦線へ乗って行きたい。
 574
ビコーズオブユーが函館芝1200mで初陣、祖母は米GⅠ馬

ビコーズオブユーが函館芝1200mで初陣、祖母は米GⅠ馬

毎年コンスタントに活躍馬を出す中竹和也厩舎から期待の新馬ビコーズオブユーがお目見え。調教ではジョッキーを背に入念に乗り込まれ、古馬相手に楽々と先着するなど初戦からエンジン全開で動けそうな仕上がり。鞍上は吉田隼人騎手。
 278
ブルヴェルソンが遠征デビュー、姉にショウナンパンドラ

ブルヴェルソンが遠征デビュー、姉にショウナンパンドラ

日曜東京5Rの新馬戦にPOGでも人気沸騰のブルヴェルソンが早くも登場。姉に2015年ジャパンカップを制したショウナンパンドラがいる血統だ。ダイワメジャーに変わりスピード色が強くなった産駒と言える。鞍上はC.ルメール。
 586

関連するタグ

著者

競馬ニュース.tv 編集部 競馬ニュース.tv 編集部