2018年1月15日 更新

アポロテネシーが新馬戦を豪快に突き抜け2着に5馬身差の楽勝

1番人気に支持された外国産馬のアポロテネシーが、その期待に応える内容でデビュー戦を白星発進。先行策から直線楽々抜け出すと、最後は抑える余裕の走りで5馬身差の圧巻Vを飾った。ダート短距離路線で相当な活躍が見込めそうだ。

199

危なげない勝利で1勝目を飾る

2018年1月13日 3歳新馬 ダート1400m 京都競馬場

1着:アポロテネシー 牡3 (武豊)
2着:タッチアコード 牡3 (岩田康誠)
3着:クリノヴィグラス 牡3 (荻野琢真)

レースタイム:1:27.6(稍重)
レース上がり3ハロン:37.9
勝ち馬上がり3ハロン:37.3
五分のスタートで中団からの競馬となるも、すぐに行き脚が付き中盤では5番手に取り付けるセンスの良さ。そこから馬なりで4コーナーを回り直線入り口では先頭へ。鞍上の武豊騎手が軽く促すと一気に後続を突き放し、馬場の真ん中を悠々と駆け抜ける走りで2着タッチアコードに5馬身差の楽勝となった。馬体も500kg近くある大型馬で、この1戦で更に変わり身を見せる事は間違いない。次走の昇級戦でもいきなり好勝負は必至の1頭だろう。

アポロテネシー

アポロテネシー(Font2015)

アポロテネシー(Font2015)

牡馬

父馬:Run Away and Hide
母馬:Font
母父:Pulpit
所属:山内研二厩舎(栗東)
生産:Ron Kirk John Bates & Michael Riordan(米)
馬主:アポロサラブレッドクラブ

通算成績:1勝1勝(1-0-0-0)
主な戦績:3歳新馬
via google imghp
如何にもアポロサラブレッドクラブらしい、大型のパワー主力で走りそうなフォルム。全体的に硬さが見て取れる完全なダート馬という認識で間違いないだろう。父ランナウェイアンドハイドは聞き慣れないが、2008年にアメリカでデビューし短距離路線で3戦3勝無敗のまま引退した早熟傾向の種牡馬。確実に距離適性はマイル以下と考えて良い。

血統背景

Run Away and Hide City Zip Carson City Mr. Prospector
Blushing Promise
Baby Zip Relaunch
Thirty Zip
Jilted Runaway Groom Blushing Groom
Yonnie Girl
Likeashotabrandi Stalwart
Likeashot
Font Pulpit A.P. Indy Seattle Slew
Weekend Surprise
Preach Mr. Prospector
Narrate
Quies Quiet American Fappiano
Demure
Absolute Trust Danzig
Wedding Reception


兄弟馬

初仔

近親馬

特になし

血統評価:1.0pt

ファミリーに日本活躍馬はいない。少し遡れば別派生にサンデーブランチ、エアウイングスが出て来る位だろう。本馬は、完全にダート血統だが日本で結果がでるかは未知数。強調材料はない。

前評判

元々はルメール騎手鞍上を予定していたが、年末に受けた騎乗停止の影響で急遽武豊騎手へスイッチ。その段階で既にデビュー前から高い期待がかけられているのが手に取る様に分かる。調教でも鋭い動きを見せ人気を集める事に到るが、むしろ実戦では追って味のあるところを見せていた様だ。一介のダート短距離馬で終わるか否か、父の産駒傾向含め注目である。

馬名の意味

冠名+アメリカ合衆国の州の名

東京大賞典を勝利したアポロケンタッキーにあやかり、アメリカの州名をチョイスして来たのだろう。縁起の良さを見込んでだろうが、そもそも冠名と州名の相性が抜群。馬名だけならかなり走りそうな予感だ。
19 件

関連する記事

ロンドンシーズンが叩き2走目で前進、未勝利で初勝利を狙う

ロンドンシーズンが叩き2走目で前進、未勝利で初勝利を狙う

ロンドンシーズンが土曜京都の未勝利戦に出走、前走の1月に行われた新馬戦ではスタートからスピードを見せて逃げの競馬。しかし、後続に最後は捕まってしまい僅差の4着に敗れてしまった。上積み必至の今回は確実に粘り切るだろう。
 369
グレートウォリアーが新緑賞出走、ダービーへ望み繋げるか

グレートウォリアーが新緑賞出走、ダービーへ望み繋げるか

前走の大寒桜賞で惜しくも2着に敗れたグレートウォリアーが今回も同じく長距離の500万新緑賞で2勝目を狙う。厳しいローテにはなるが、ここを勝利出来れば日本ダービー出走への望みがギリギリ繋がる事になる。鞍上は福永騎手。
 3,451
ジャンダルムが皐月賞で見せ場無く9着、スタートで勝負決する

ジャンダルムが皐月賞で見せ場無く9着、スタートで勝負決する

弥生賞3着から巻き返しを誓ったジャンダルムだったが、想定外の出遅れで持ち前の先行抜け出しの競馬が出来なかったのが最大の敗因。距離不安も囁かれる中でダービー参戦は難しい挑戦となるが、鞍上の腕に期待して次も注目したい。
 3,826
ワグネリアンが皐月賞で1番人気を裏切る7着、次走に暗雲

ワグネリアンが皐月賞で1番人気を裏切る7着、次走に暗雲

皐月賞で期待されたワグネリアンが後方待機策から末脚不発の敗退、稍重馬場で自慢のキレ味が削がれてしまい全く見せ場なく終わってしまった。これまでのレースぶりが嘘かの様な競馬で、日本ダービーに向けて不安要素が高まる一方だ。
 10,046
グレイルが皐月賞で6着、最も強い競馬でダービーに期待

グレイルが皐月賞で6着、最も強い競馬でダービーに期待

前走の共同通信杯で初の敗戦を喫したグレイル。巻き返しを期した皐月賞でも痛恨の出遅れとなった1戦だったが、最後の直線で行き場を失いながら最後の伸びは一際目立つ走りだった。やはり能力は超一級、ダービーで飛躍出来る素材だ。
 562

関連するタグ

著者

競馬ニュース.tv 編集部 競馬ニュース.tv 編集部