2017年6月27日 更新

アプルーヴァル(ファシネイション2015)のPOG情報

アプルーヴァルをPOG指名の目線で徹底分析◎馬体診断、血統背景評価、デビュー前評判、馬名の意味、編集部の短評まで。気になる要素を完全網羅した必見の記事!?2017-2018のPOG馬指名の参考情報としてお役立て下さい!!

1,399

馬体診断

アプルーヴァル 

アプルーヴァル 

牡馬

父馬:オルフェーヴル
母馬:ファシネイション
母父:シンボリクリスエス
所属:音無秀孝厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:近藤英子
via google imghp
馬体自体はまだまだ垢抜けない感じでキレよりもパワータイプのイメージ。どちらかと言えば、オルフェーヴルよりも母父シンボリクリスエスが大きく出ている印象か。サンデーサイレンスの3×3がどの様な影響を及ぼすか未知数だが、今後の成長次第で更に良化して来るだろう。POGでの評価は高い。デビュー時期、馬体重は共に未定。

血統背景

オルフェーヴル ステイゴールド サンデーサイレンス Halo
Wishing Well
ゴールデンサッシュ ディクタス
ダイナサッシュ
オリエンタルアート メジロマックイーン メジロティターン
メジロオーロラ
エレクトロアート ノーザンテースト
グランマスティーヴンス
ファシネイション シンボリクリスエス Kris S. Roberto
Sharp Queen
Tee Kay Gold Meridian
Tri Argo
グローリアスデイズ サンデーサイレンス Halo
Wishing Well
グレースアドマイヤ トニービン
バレークイーン


兄弟馬

特になし

近親馬

リンカーン

リンカーン

牡馬

父馬:サンデーサイレンス
母馬:グレースアドマイヤ
母父:トニービン
所属:音無秀孝厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:近藤英子

通算成績:23戦6勝(6-5-3-9)
主な戦績:日経賞、京都大賞典、阪神大賞典など
via google imghp
ヴィクトリー

ヴィクトリー

牡馬

父馬:ブライアンズタイム
母馬:グレースアドマイヤ
母父:トニービン
所属:音無秀孝厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:近藤英子

通算成績:16戦3勝(3-1-2-10)
主な戦績:皐月賞など
via google imghp
アンライバルド

アンライバルド

父馬:ネオユニヴァース
母馬:バレークイーン
母父:Sadler's Wells
所属:友道康夫厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:サンデーレーシング

通算成績:10勝4勝(4-0-1-5)
主な勝鞍:皐月賞、スプリングステークスなど
via google imghp

血統評価:1.0pt

繁栄ファミリーのバレークイーン一族ではあるので血統背景は近親の通り優秀ではあるが、母の産駒としては、兄が未勝利のため、まだ勝利馬がいないという点で不安材料が多い。

前評判

2017年のクラシック戦線を席巻した音無秀孝厩舎。引き続き、POG向きのトレーナーとして注目を浴びているが今シーズンも非常に有力馬が勢揃いだ。その中でも評価が高いアプルーヴァルは、兄ファイナンスと比べても『兄より断然にこちらの方が良い』という氏のコメントも心強い。日本ダービーで3着に敗れたアドミラブルと同じバレークイーン一族の出自で、その借りは同馬で返して来るかもしれない。

馬名の意味

承認、賛同

近藤英子オーナーお得意のシンプルな英単語シリーズだろう。金子真人氏と同様に、何故か近藤英子氏の命名も雰囲気のある感じに仕上がって来る。

編集部の評価

全体的に血統構成がスタミナよりなのが気になるのとSSのインブリードがやや強いのがどうでるかだろうが、兄弟に活躍馬がいないのでここは迷わず見送る。(大川)
さすがに新種牡馬オルフェーヴル産駒となると、母に繁殖実績か母自体に競走能力の高さ的な担保が欲しい。取り分け、母父シンボリクリスエスはアドミラブルが成功したとは言え、個人的にはまだまだ重く日本競馬には不向きのイメージ。それを払拭するくらいのオルフェーヴルの爆発力も楽しみではあるが、今のところはスルーだろう。(田中)
21 件

関連する記事

フランツが新馬戦を快勝、大外から楽に差し切り大物の片鱗

フランツが新馬戦を快勝、大外から楽に差し切り大物の片鱗

良血フランツがその血統に恥じない走りを見せ、新馬戦を衝撃的な勝利で飾った。道中は最後方追走、4コーナーで大外を膨らみながら安全なコースに進路を取ると最後は鞍上に軽く追われてサッとかわす調教の様な競馬。素質は一級品だ。
 1,189
スカーレット2014(馬名:アドミラブル)を指名する!?

スカーレット2014(馬名:アドミラブル)を指名する!?

「スカーレット2014」をPOG指名の目線で徹底分析◎馬体診断、血統背景評価、デビュー前評判、馬名の由来、編集部の短評まで。気になる要素を完全網羅した必見の記事!?2016-2017のPOG馬指名の参考情報としてお役立て下さい!!
 2,500
ウィキッドアイズが東京の新馬戦でデビュー、兄に重賞馬

ウィキッドアイズが東京の新馬戦でデビュー、兄に重賞馬

半兄にホープフルSを制したハートレーがいるウィキッドアイズが初戦を迎える。先に重賞を制しているロックディスタウンとラッキーライラックに続いてオルフェ3頭目となる牝馬の有力候補へ名乗りを上げたい。鞍上はシュミノー騎手。
 1,004
ラッキーライラックがアルテミスSで衝撃の走りを再び??

ラッキーライラックがアルテミスSで衝撃の走りを再び??

新馬戦を圧勝したラッキーライラックがしっかりと間隔を開けてアルテミスステークスに参戦する。オルフェーヴル産駒として父に重賞2勝目をプレゼントする可能性が高く、デビュー同様に競馬ファンの度肝を抜く様な走りを期待したい。
 1,708
マルケッサが東京マイルの新馬戦に登場、兄はあのGⅠ2勝馬

マルケッサが東京マイルの新馬戦に登場、兄はあのGⅠ2勝馬

サトノダイヤモンドを半兄に持つマルケッサが遂に初戦を迎える。父をオルフェーヴルに変え新たな伝説の幕開けとなるか。有力馬が続々とデビューする池江泰寿厩舎の中でも特に期待度の大きい1頭と言える。鞍上はルメール騎手が騎乗。
 1,667

関連するタグ

著者

競馬ニュース.tv 編集部 競馬ニュース.tv 編集部