デビュー&引退

デビュー&引退

デビュー&引退に関する記事

レリカリオが京都の新馬戦で芝マイルデビュー、姉は米の怪物

レリカリオが京都の新馬戦で芝マイルデビュー、姉は米の怪物

半姉に今年の米国クラシック戦線を総ナメにするとまで言われたユニークベラを持つレリカリオ。父がタピットからマリブムーンに変わり芝適性がより高くなった産駒となるが、その手始めとして初戦は芝1600mの新馬戦に登場する。
 682
ダークナイトムーンが田辺騎手を背に東京芝2000mで初陣

ダークナイトムーンが田辺騎手を背に東京芝2000mで初陣

兄にサダムパテック、全姉にヴィクトリアマイル3着のジュールポレールがいる血統馬ダークナイトムーン。兄弟よりも距離適性に幅がありそうで先ずは中距離の新馬戦でデビューを迎える。ディープインパクト産駒からまた新星の登場か。
 577
藤沢厩舎のエース候補、オブセッションが東京の新馬戦に登場

藤沢厩舎のエース候補、オブセッションが東京の新馬戦に登場

今年のクラシックを席巻した藤沢厩舎から新たな有力馬がお目見え。シルクレーシングの中で特に評価が高いオブセッション。姉にパーシーズベストがいる血統で鞍上はレイデオロやソウルスターリングと同じくルメール騎手がスタンバイ。
 636
ブレイニーランが土曜京都の新馬戦でデビュー、姉は2歳女王

ブレイニーランが土曜京都の新馬戦でデビュー、姉は2歳女王

2012年の阪神ジュベナイルフィリーズを勝ったローブティサージュを半姉に持つブレイニーランがいよいよ初陣だ。父をディープインパクトに変え配合的にはシンハライトと同じ掛け合わせとなる期待値の大きい1頭。鞍上は川田騎手。
 1,999
マルケッサが東京マイルの新馬戦に登場、兄はあのGⅠ2勝馬

マルケッサが東京マイルの新馬戦に登場、兄はあのGⅠ2勝馬

サトノダイヤモンドを半兄に持つマルケッサが遂に初戦を迎える。父をオルフェーヴルに変え新たな伝説の幕開けとなるか。有力馬が続々とデビューする池江泰寿厩舎の中でも特に期待度の大きい1頭と言える。鞍上はルメール騎手が騎乗。
 1,305
フォックスクリークが新馬戦を勝利、一族の名に恥じぬレース

フォックスクリークが新馬戦を勝利、一族の名に恥じぬレース

金子真人氏期待の新馬フォックスクリークがデビュー戦を白星で飾った。道中先行から早め抜け出し、迫る後続をきっちりと抑えてまるでお手本の様なレースを披露。新馬戦から完成度の高さを見せ付け、クラシック戦線に名乗りを上げた。
 2,342
オハナが牝馬限定の新馬戦を快勝、兄弟で全頭新馬勝ち達成

オハナが牝馬限定の新馬戦を快勝、兄弟で全頭新馬勝ち達成

ノースフライトの孫でディープインパクト産駒のオハナが新馬戦を差し切り勝ち。これで母ハウオリ産駒は初仔のキロハナから合わせて全3頭がデビュー戦を勝利するという離れ業をやってのけた。伸びシロもありそうで今後の活躍に期待。
 690
友道厩舎期待のピボットポイントが京都新馬戦で堂々デビュー

友道厩舎期待のピボットポイントが京都新馬戦で堂々デビュー

クラシックの常連である友道厩舎の中でも最も注目度の高いピボットポイント。兄弟にワールドインパクト、トリコロールブルーといずれも素質の高い産駒がいる血統で、同馬も類に漏れず上々の動きを見せ初戦からかなりの期待が出来る。
 1,537
レーヴドリーブが東京牝馬限定の新馬戦で初陣、一族の期待馬

レーヴドリーブが東京牝馬限定の新馬戦で初陣、一族の期待馬

名繁殖牝馬レーヴドスカーの産駒で父にオルフェーヴルを持つレーヴドリーブがデビュー。兄弟は全頭が勝ち上がるという驚異的なファミリーで重賞馬も多数輩出。いわゆるレーヴ一族の最高傑作と成り得る素材がこのレーヴドリーブだ。
 1,302
グラマラスライフが東京マイルの新馬戦に登場、POG注目馬

グラマラスライフが東京マイルの新馬戦に登場、POG注目馬

POGで密かに人気の高いグラマラスライフが遂に初戦を迎える。デビューした兄弟は全てオープンクラスの活躍を見せる血統で、同馬も先ず間違いなくクラシック路線に乗って来る1頭だろう。鞍上はルメール騎手。来年のオークス候補。
 835
ゴルトキルシェが牝馬限定戦で2着、力強い走りで素質示す

ゴルトキルシェが牝馬限定戦で2着、力強い走りで素質示す

世界的良血のゴルトキルシェがその血統に恥じぬ走りでデビュー戦を2着。ほぼ勝利目前のところで大外からこちらも良血馬のソシアルクラブに差し切られ惜敗を喫した。しかし、稽古通りに高い能力を見せ付ける内容で次は期待出来る。
 726
サトノエターナルが新馬戦で2着、持て余す走りで次は期待

サトノエターナルが新馬戦で2着、持て余す走りで次は期待

今年のサトノ軍団で最も評価の高かったサトノエターナル。注目の新馬戦は素質の高さこそ見せたものの、逃げ粘るタングルウッドを捉え切れず惜敗となった。しかし、伸びシロは感じられる走りで次の未勝利戦は確勝級の1頭だろう。
 3,572
ソシアルクラブが直線で豪脚一閃、新馬戦を強烈な走りで快勝

ソシアルクラブが直線で豪脚一閃、新馬戦を強烈な走りで快勝

ブエナビスタの第2子にあたるソシアルクラブが牝馬限定戦の新馬戦で目の覚める様な追い込みを見せて勝利。姉コロナシオンの時の様に、初戦にとんでもないパフォーマンスを披露するのは全く同じだ。次走の走りに大きな注目が集まる。
 1,970
アドマイヤキングが新馬を完勝、血統馬の伸びシロに期待大

アドマイヤキングが新馬を完勝、血統馬の伸びシロに期待大

日本が誇る繁栄一族出身のアドマイヤキングが新馬戦で危なげない走りを披露し快勝。スムーズに先行し直線楽に抜け出す内容で1番人気に応えた。インパクトこそ少ないが、この手の血統は急成長をするだけに今後の動向に注目が集まる。
 2,286
サインが土曜の阪神芝1800mに登場、半兄に重賞4勝馬

サインが土曜の阪神芝1800mに登場、半兄に重賞4勝馬

中長距離路線で活躍したヒットザターゲットを兄に持つサインが初陣。父がオルフェーヴルに変わり馬自身のキャラクターは違うものの、大物を食うという点は似ている可能性が高い。新馬戦でいきなり本命候補を撃破して勝ち上がれるか。
 406
ダイワメモリーがデビュー戦を快勝、馬群を割って抜け出す

ダイワメモリーがデビュー戦を快勝、馬群を割って抜け出す

注目の新馬戦でダイワメモリーが白星スタートを切った。道中は上手く脚を溜めて、最後の直線にかけて鋭く伸びると馬群を割ってそのまま突き抜ける圧巻の内容だった。母ダイワスカーレットから初のタイトルを狙える大物候補の誕生か。
 1,239
POGの隠し玉トーセンブレイヴ、阪神芝2000mで初陣

POGの隠し玉トーセンブレイヴ、阪神芝2000mで初陣

キングカメハメハ×サンデーサイレンスの王道ニックスであるトーセンブレイヴ。母ギーニョの産駒実績は乏しいが、トゥザヴィクトリーとは全姉妹にあたる。つまり配合自体はトゥザ一族と全くの同血となり、ここで大物が生まれるか??
 1,288
アドマイヤミヤビが左前浅屈腱炎で引退…ローズS前に無念

アドマイヤミヤビが左前浅屈腱炎で引退…ローズS前に無念

今年のクイーンカップ勝ち馬で、オークスでも3着に入るなどクラシック戦線で活躍したアドマイヤミヤビが屈腱炎により登録を抹消。今週末のローズステークス直前で故障が発生し急遽回避、そこから引退まで一気に駆け下りてしまった。
 1,304
144 件

デビュー&引退で人気のタグ